2017/03/11

「3.11仙台でJ1神戸試合 全力プレーで勇気を」(神戸新聞記事) 本日、パブリックビューイングもあります!

3.11仙台でJ1神戸試合 全力プレーで勇気を

 

 東日本大震災から6年となる11日、サッカーJリーグ1部(J1)のヴィッセル神戸は仙台市のユアテックスタジアム仙台でベガルタ仙台と対戦する。発生日に仙台で試合があるのは震災後初めてで、関係者によると、リーグ側が復興の後押しになるよう、被災地同士の対戦を設定。神戸にも「忘れてはいけない」と特別な思いを持つ選手とコーチがいる。

 昨季まで2シーズンを過ごした仙台から神戸に加入した渡部博文選手(29)。山形県長井市出身で、震災当時は栃木のチームにいた。その年、東北出身のJリーガーでつくる「東北人魂を持つJ選手の会」の一員として被災地を巡り、サッカー教室などを開催。子どもたちとボールを蹴り合い、笑顔に触れた。

(中略)

 一方、川西市出身の吉田孝行ヘッドコーチ(39)は神戸で引退後の15年、阪神・淡路大震災20年に合わせて三浦知良選手らを招き、チャリティーマッチを開いた。「見に来たみんなが主役で、防災意識や震災の記憶を風化させてはいけないというメッセージが伝わった。今回の対戦もそうなると思う」

(中略)

 神戸は11日、サポーターらから寄せられたメッセージと千羽鶴を仙台に届ける。同日午後4時から神戸市兵庫区のノエビアスタジアム神戸で無料観戦会「パブリックビューイング」も開く。

0000012647_1

「3.11アウェイ仙台戦 パブリックビューイング&復興応援イベント」開催のお知らせ

開催日時

2017年3月11日(土)時間未定 ※キックオフ時刻は16:00

パブリックビューイング対象試合

2017明治安田生命J1リーグ 第3節
ベガルタ仙台vs.ヴィッセル神戸
(16:00キックオフ/ユアテックスタジアム仙台)

開催場所

ノエビアスタジアム神戸
[アクセス]神戸市営地下鉄 海岸線「御崎公園駅」から徒歩約5分

参加料

無料

内容(予定)

・アウェイ仙台戦パブリックビューイング
・チャリティーサッカークリニック(要事前申込)
・防災訓練
・東北の子どもたちとの交流事業「未来の宝 夢と希望と絆の架け橋プロジェクト」支援募金 ほか

 

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/10

3月11日 仙台で、ヴィッセルとベガルタが戦うということ

Hg17_01_ohp_v2

明日、3月11日(土)

明治安田生命J1リーグ 第3節、

ユアテックスタジアム仙台で、

ホームチーム、ベガルタ仙台

アウェイチーム、ヴィッセル神戸が戦う。

2011年に東日本大震災から6年、

震災発生当日である3月11日に

初めて行われるリーグ戦、それも仙台ホームでの一戦。

 

そこに、アウェイチームとして

ヴィッセル神戸が選ばれたのは

もちろん意味があること。

1995年の阪神淡路大震災で、大きな傷を負った神戸の街、

ヴィッセル神戸と言うサッカークラブも

さまざまな変遷を経てきました。

 

その16年後に、

今度は東北で、あの大震災がおこりました。

神戸の時とは異なる

津波に原発事故という、地震そのものだけではない被害を被り

さらに、大変な状況だったでしょう。

その傷跡は、

まだ残っていることでしょう。

 

ですが、

20110314_902512_2

はためにっきサンの素敵なイラストから

人気ブログランキングへ

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/09

あれから、もう11年。。。 「3月9日」

3月9日と言うことで、 ドラマ「1リットルの涙」の挿入歌に使われた レミオロメンの「3月9日」をどうぞ。

 

 

 

 

昔の記事を掘り返してみたが、 もう10年以上前だったのか。

 

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/21

2016年の読了本(その4)

読了日        書名    著者・編者
10月7日        歴史を変えた水軍の謎    高野澄
10月11日    ヨーロッパ退屈日記    伊丹十三
10月11日    考えないヒント アイデアはこうして生まれる    小山薫堂
10月12日    国分寺の誕生 古代日本の国家プロジェクト    須田勉
10月13日    もぐらと奈加ちゃんが 日本の神様にツッコミ    もぐら、監修)戸部民夫
10月15日    本当の強さとは何か    増田俊也、中井祐樹
10月21日    エマーソン・レイク&パーマー 鍵盤の魔術師の伝説    文藝別冊KAWADE夢ムック
10月22日    爆発的進化論 1%の奇跡がヒトを作った    更科功
10月25日    日本史の謎 なぜこの国で一度だけ革命が成功したのか    大澤真幸
10月28日    世界記録はどこまで伸びるのか    ジョン・ブレンカス、矢羽野薫訳
10月30日    ぼくらの近代建築デラックス!    万城目学、門井慶喜
11月7日        元気な日本論    橋爪大三郎、大沢真幸
11月9日        上流階級 富久丸百貨店外商部Ⅱ    高殿円
11月10日     趣味どきっ!国宝に会いに行くⅡ  橋本麻里と旅する日本美術ガイド     橋本麻里
11月15日    みんなの道徳解体新書    パオロ・マッツァリーノ
11月24日    江戸の都市力 地形と経済で読みとく    鈴木浩三
11月28日    現代美術コレクター    高橋龍太郎
11月29日    お風呂と脳のいい話    茂木健一郎×山崎まゆみ
12月4日        超・箇条書き 「10倍速く、魅力的に」伝える技術    杉野幹人
12月5日        だから混浴はやめられない    山崎まゆみ
12月6日        ハルのゆく道    村上晃一
12月9日        家康、江戸を建てる    門井慶喜
12月10日    サッカーセンス養成講座 プレーの本質をつかむ81の方法    A・P・マリーニョ+下田 哲朗
12月15日    京都の坂――洛中と洛外の「境界」をめぐる    中西宏次
12月19日    ブラタモリ⑥ 松山道後温泉沖縄熊本    NHK 「ブラタモリ」制作班
12月21日    バリアフリー温泉で家族旅行    山崎まゆみ
12月28日    大阪の非人 -乞食・四天王寺・転びキリシタン    塚田孝
12月28日    サッカー 4-4-2戦術クロニクル 守備陣形の復興と進化    西部謙司
12月30日    VTJ前夜の中井祐樹    増田俊也

 

 

 

 

 

 

 

 

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/14

2016年の読了本(その3)

読了日    書名    著者・編者
7月1日    新企画 渾身の企画と発想の手の内すべて見せます    鈴木おさむ
7月5日    夢幻花    東野圭吾
7月8日    水鏡推理    松岡圭祐
7月17日    国家を考えてみよう    橋本治
7月22日    「日本スゴイ」のディストピア 戦時下の自画自賛の系譜    早川タダノリ
7月25日    日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか    矢部宏治
7月28日    京都 奥の迷い道 街から離れて「穴場」を歩く    柏井壽
8月1日    希望荘    宮部みゆき
8月3日    戦術リストランテⅣ    西部謙司
8月4日    ブラタモリ① 長崎金沢鎌倉    NHK 「ブラタモリ」制作班
8月10日    優れた戦術は攻撃を無力化させる サッカー 新しい守備の教科書    坪井健太郎、構成小澤一郎
8月12日    徳は孤ならず 日本サッカーの育将 今西和男    木村元彦
8月15日    一瞬で心をつかむ文章術    放送作家石田章洋
8月17日    走り方で脳が変わる!    茂木健一郎
8月22日    <出雲>という思想 近代日本の抹殺された神々    原武史
9月4日    あいちトリエンナーレ2016 公式ガイドブック    ぴあMOOK中部編集部
9月5日    名古屋を古地図で歩く本    ロム・インターナショナル編
9月8日    性欲の研究 東京のエロ地理編    井上章一・三橋順子編
9月13日    ニセ科学を10倍楽しむ本    山本弘
9月19日    とっぴんぱらりの風太郎 上    万城目学
9月22日    とっぴんぱらりの風太郎 下    万城目学
9月29日    無痛    久坂部羊

 

 

 

 

 

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2016年の読了本(その2)