« 『module』@湊町【お気に入りの食事処 関西篇その3】 | トップページ | 「日韓ワールドカップの覚書」 »

2004/11/23

三試合連続KAZUゴール@ホーム最終戦

11月23日、今日がヴィッセル神戸の2004シーズンのホーム最終戦。
結局、今年の参戦は13試合だった(ちなみにTASAKIは9試合)。
半分に満たないけどゆるしてください。
って、誰に言っているのだ(^^;)

今年は、改めてサポーターってことを考えた一年でもあった。
他チームを含む多くのサポーターのサイトを参考にさせてもらったり、
いくつかのサポBlogとの交流もあった。
ということで、今日はその集大成。

ゲーフラ、タオルマフラー、レプリカユニで完全武装。
(ついでに、下に着るタートルにパンツも黒を準備)
当然、立ちっぱなし跳ねっぱなしの覚悟。

「ビアンコ・ネロ」チャントに、サポ席の黒白演出。
前半キックオフから5分ほど途切れなく続いたコールなど、
白黒最終戦ということもあいまってか、2nd Stageの後半から
盛り上がったサポシートの中でも、屈指のできだったのでは。

それに乗るように、ゲームは神戸ペースで進む。
名古屋の中途半端なパスをカットしたクニ(北本)が持ち上がり浮き球で前に出すと、
すれ違いで藪田がフリーになり、左サイドを駆け上がる。
あわててカバーに行った名古屋DFの頭を越える浮き球のセンタリングを
入れたら、そこにはカズがフリー。ヘッドであわせた球は、これまた
名古屋GK楢崎の頭をふわっと超えてゴールへ、いきなりのカズゴール!!
代表落選から、なんと3試合連続ゴールですよ。
カズダンスですよ
前半は、名古屋FWウェズレイをほぼ完璧に封じ込み、ロスタイムの
ちょっとした緩みからのCK以外、ピンチはなかった。
さらに、後半も、立ち上がり同様の勢いで攻め込み、左CKのチャンス。
ホルヴィのキックが、ゴール前の混戦を越えて、どフリーのクニのもとへ。
「ヘッドかな」と思っていたら、なんと右足を振り抜く。
楢崎の頭上をライナーで抜く、ボレーシュート!!
サポシートのまん前でのビューティフルゴールに盛り上がりは最高潮!

しかし、ここから少し様子が変に。
ああ、ここらへんが、やっぱり神戸か。
一瞬のミスをつかれて、初めてウェズレイに与えた決定機に
あっさりゴールをゆるす。
サポも最初から飛ばしすぎたのか、このころになると声が
出なくなってしまう。
私も、コールに合わせるより、ゲームの流れに応じて、必死の
声援を送る。

リードしているし、もっとボールを落ち着かして、いなしていけば
よいのに、変なミスで敵にボールを与えては、必死のリカバリーに
走るという状況。
しかし、選手も何かを感じていたのか。今日は、いつもと違い、
最後の一歩が出る。
必死の逃げ切りで、ホーム最終戦に勝利。
嬉しいんだけど、なんか虚脱感も感じたなぁ。

Jリーグ2ndステージ第14節
ヴィッセル神戸2-1名古屋グランパスエイト

6分三浦(神戸)
52分北本(神戸)
59分ウェズレイ(名古屋)

試合後、ホーム最終戦ということで、播戸が挨拶し、選手たちは
ピッチを一周して挨拶。
土屋選手もいましたが、なんか左足をひきずっていたように見えました。

さて、気持ちははや来シーズンです。
(本当だったら、天皇杯が残っているはずなのに)
この3ヶ月くらいの間で、個サポとしてのスタンスを、
またきっちり準備していきたいと思う。

|

« 『module』@湊町【お気に入りの食事処 関西篇その3】 | トップページ | 「日韓ワールドカップの覚書」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44021/2047238

この記事へのトラックバック一覧です: 三試合連続KAZUゴール@ホーム最終戦:

« 『module』@湊町【お気に入りの食事処 関西篇その3】 | トップページ | 「日韓ワールドカップの覚書」 »