« 最低なFC東京戦(その2) | トップページ | それでも神戸の可能性 »

2005/04/06

最低なFC東京戦(その3)

これだけひどい前半だったんだから、監督は、
後半になんらかの手をうってくるだろうと思っ
たのだが・・・。

「え、選手交代なし?」
「フォーメーションは?これもなし??」
「な、なんで???」

例えば、マイボールになった時に中盤で薮田に
必ず今野にひっついていかせて動きを抑制して
つぶしちゃうとか、石川番に誰か入れるとか、
致命的なミスを重ねていた室井を替える(言葉
でのケア付き)とか、なんでもあったでしょ。

結局、後半10分になってようやっと室井OUT
和多田IN。
遅い、打つ手が遅すぎる。
あとはカズ⇒佐伯とか、朴カンジョを丹羽に交
代とかしたけど…。

FC東京が最後の15分くらい失速したおかげ
で、終了間際にバタバタと攻勢に出てどさくさ
まぎれの播戸の今季初ゴールで、1-2。
しかも、ロスタイム。
ホルヴィのクロスのクリアが小さく、そこをク
ニがシュート。土肥が抑えきれず、ボールは播
戸の前にこぼれる、というおいしい場面!!
同点になりさえすれば、88分間のしょっぱい試
合も、まあ許せるになるところ。
が、残念、こぼれた先は左足だった。
土肥のセーブ。

ううむ、終わり良ければ(本当は良くないんだ
けど、一点差にせまって、最後惜しい場面をつ
くって、ちょっと興奮)で、なんとな~く帳尻
あわせ的にすべて良し、という意見もあるかも
しれないが、私は納得でき~んっ!!!

このままでは、先が見えん!
まるで日本代表のようや。
どこかでてこ入れ必要だよ、きっと。

次のホームは、ユニバー、しかも水曜日のナイ
ター
と言う寒いことが予想される状況。
しかも、相手の川崎は3トップ
ジュニーニョ、我那覇、マルクスなんて、FC
東京以上に分が悪そうやん。
胃が痛いです・・・。


<本日のTB先>
怒ったり、あきれたりの神戸サポのみなさん
ヴィヴィとショコラの応援記さんは、「悲しいFC戦。」
VISSEL KOBE GO GO GO!!さんは、「情けない敗戦」
「今後チームは相当深刻な事になっていくのではないか」と危惧する
ジロブログさん
「負けるにしても負け方というのもあるんじゃないのか」と嘆く
クリムゾンキングの宮殿さん
「ほとんど成す術の無い試合展開」と切り捨てておいでの
神戸JUMPさん
「勝てる気がしなかった。」と総括されている
筆不精な男の徒然Blogさん
「戦える可能性もかいま見られなかった悔しさが残った」
書きたきゃ書きゃぁええやん。さん
こちらも「(゜∀゜)アヒャとしか言いようが無い試合」と
切り捨てておいでの
Slow Life~Lifetime Prime~ さん
NORIX AIRLINESさんも、「酷い試合だった」と。
「試合内容がドンドン悪化している」と危惧されている
Crimson Wingsさん

ご都合でボロボロの前半のみ観戦の
R's nest?さん
現実逃避に入ってらっしゃる
flota invencibleさん

そんな中「まだまだ大丈夫!次勝て!」とまだ前向きな
Barrieraさん

一方、FC東京サポ
植田朝日さんのあさひまんドットCOMブログでは、
「神戸はカモだ!!」とまで言ってます。言われても仕方ないが、
くそ~。
日々是東京 首位ですよ、奥さん!さんには
「ほんっと楽しかった!!」なんて言われて。
こちら東京都蹴球部AOA課さんには、「神戸、横パス多し。
もう少し展開早くしないと」なんてアドバイスまで受けて。
東京青赤支店さんには、「1点ぐらい許してあげよう」
なんて言われて。
あげくの果てにRed Light Barさんには、
「東京も東京だが、神戸下手すぎ・・・」・・・・・・。

さらに、ダイジェスト写真入でこの試合を紹介されている
俊輔に加えて石川直ファンの
それゆけ俊ちゃん ザ・シーズン3さん
は、「神戸はゲームメイクできる選手がおらず」と…。
(↑4/8TB追加)


banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

|

« 最低なFC東京戦(その2) | トップページ | それでも神戸の可能性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44021/3592125

この記事へのトラックバック一覧です: 最低なFC東京戦(その3):

» ヴィッセル神戸対FC東京。(その2) [それゆけ俊ちゃん ザ・シーズン3]
ナオはサイドにこだわらず積極的にスペースに風のように走りこんで行く。サイドからはドリブルで切り裂き、チャンスを何度も演出。ルーカス、戸田とほとんど3トップのような状態の活躍ぶりだった。パスもクロス、スルー、ともにキレの鋭い振りぬきで弾丸のように飛ば...... [続きを読む]

受信: 2005/04/09 00:42

« 最低なFC東京戦(その2) | トップページ | それでも神戸の可能性 »