« 残念ながら建築博物館ギャラリーの方は終わっていますが、『建築家 清家清展』です | トップページ | 澤野工房が主宰するコンサート『アトリエ澤野コンサート2005』今年も開催 »

2005/09/02

うわっ、これ行きたいなぁ。映画「リンダ・リンダ・リンダ」公開記念オールナイトイベント@シネセゾン渋谷

現在公開中の映画「リンダ・リンダ・リンダ」。

===================================================
ほどよい田舎の高校の軽音部に所属する女の子バンド。
高校生活最後の文化祭のステージに向けて、オリジナル曲の
練習を重ねてきたが、文化祭まであと3日という時になって
ギターの萠が指を骨折。
そのことをきっかけに、キーボードの恵(香椎由宇)とボーカルの
凛子が喧嘩してしまう。

残されたドラムの響子(前田亜季)、ベースの望(関根史織)と
恵は、3人でできる曲を探し、部室に残されていたカセットテープを
再生すると、流れて来たのはブルーハーツの♪リンダ・リンダ。
「これなら私もギター弾ける!」と恵。
しかし、ボーカルはいない。

通りかかった韓国からの留学生・ソン(ぺ・ドゥナ)に声をかけた
ところ、なにを思ったかソンはボーカルを引き受けてしまう。

準備期間は、わずか3日しかない。

4人は、文化祭で、本当に演奏できるようになるのか?
===================================================

私は、最近の邦画の小品は、素直に良い作品が多いと思う。

「ウォーター・ボーイズ」にしろ、「スイング・ガール」にしろ、
「下妻物語」にしろ、それぞれ方向性や演出トーンは違うものの
良質な青春映画として、しかも非常にエンターテインメントな
ポピュラリティが感じられる。
もちろん、上記3作のわかりやすぎる明るさ、ギャグとは、
本作は違う。
トーンやリズムが非常に落ち着いており、淡々と進んでいく。
もちろん笑わせる部分もあるのだが、それは、ちょっとした
シチュエーショや会話のズレで、クスッという感じのもの。

青春ものと言っても、熱い友情であるとか、努力や特訓だ、
みたいな、少年ジャンプ的なノリはありません。
また、中年の男性監督が陥りがちな少女憧憬趣味もありません。

実は劇的なことなんてあんまりない、高校生の日常の日々の
リアルさが、柔らかに、ユーモラスに描き出されています。
(上記3作は、アンリアルさ、作品世界の中で完結した
 ふっきれ具合が楽しいのだが)

特に、夜の校舎の屋上の会話の場面とか、ソンが夜の体育館の
中でメンバー紹介をする場面。ライブに遅れたメンバーの場つなぎ
のために、萠や田花子が歌う場面。
よかったなぁ。


私は、大阪のテアトル梅田で見た訳だが、それなりにお客さんは
入っていた。

で、東京でもヒットしているらしく、今週末、渋谷でオールナイト
イベントが開催されるらしい。

『リンダ リンダ リンダ』公開記念オールナイトイベント
「東野翠れん plus 湯川潮音 BLOG off」

映画『リンダ リンダ リンダ』で圧倒的な歌声を披露している湯川潮音。この作品に特写として参加した東野翠れん。
映画の舞台設定でもある「文化祭」で出会ったこのふたりの『リンダ リンダ リンダ』にまつわるトークショーをふたりの選んだ「“女子たちの青春”映画」のオールナイト上映ともにお送りします。

【開催日】2005年9月3日(土)午後11時30分start
【開催場所】シネセゾン渋谷
【トークショーゲスト】湯川潮音、東野翠れん
【上映作品】『リンダ リンダ リンダ』
       『ベルヴィル・ランデブー』<東野翠れんセレクション>
       『地下鉄のザジ』<湯川潮音セレクション>
※『地下鉄のザジ』はプロジェクターでの上映となります。
【入場料金】2500円均一
(『リンダ リンダ リンダ』前売使用で差額料金1000円で入場可)
当日10:45(劇場オープン時)より整理番号付チケットを販売。

映画を見たら、こちらもどうぞ。

<本エントリーのTB先>
本イベントをサポートしているJ-Waveのサイトで、萠役の湯川さんが
Blogをやっている。
『東野翠れん plus 湯川潮音』
高校時代・文化祭の想い出のエピソードをコメント欄で募集してます。

本作をご覧になり好感をもたれた方々が感想をエントリーされてます。
日々徒然ゆ~だけサン
It's a Wonderful Lifeさん
京の昼寝~♪さん
Cinema-Absolutismさん
さぼてん道楽軒さん
Swing des Spoutniksさん
平気の平左さん
デスマッチだよ、人生は! さん
Blog・キネマ文化論さん

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

|

« 残念ながら建築博物館ギャラリーの方は終わっていますが、『建築家 清家清展』です | トップページ | 澤野工房が主宰するコンサート『アトリエ澤野コンサート2005』今年も開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44021/5746085

この記事へのトラックバック一覧です: うわっ、これ行きたいなぁ。映画「リンダ・リンダ・リンダ」公開記念オールナイトイベント@シネセゾン渋谷:

» 演出しないという演出が光る 「リンダリンダリンダ」 [平気の平左]
評価:65点 リンダリンダリンダ ローレライの香椎由宇、バトルロワイヤルの前田亜季、と私が大嫌いな邦画作品のメインキャスト2人が出てたので、もしかしたらヤバイか? とも思ったのですが、やはり彼女達に罪はありませんでした。 かなりいいですよ、この映画。 この映画は、 「なんかすげえ美少女がバンド組んでるらしいぜ!」 という情報を得たので、 そのバンドの行くところ全部に隠しカメラつけてみました。... [続きを読む]

受信: 2005/09/02 06:56

» リンダ リンダ リンダ [Cinema-Absolutism]
リンダ リンダ リンダ  2005/日本  ★★★★★ 監督 山下敦弘 出演 前田亜季 / 香椎由宇 / 関根史織 / ペ・ドゥナ / 三村恭代 / 湯川潮音  これはとんでもなく素晴らしい映画だ。  とにかくシンプルな構成に、ラストに一つカタルシスを用意しておくという、映画の基本に非常に忠実に、真摯に作られている。楽な「青春・元気ハツラツ」なんてキーワードには拠っていない明確で毅然とした姿勢すら感じる。  ラストで究極のカタルシスを享受できるのは、丁寧でいて決して感傷にど... [続きを読む]

受信: 2005/09/02 08:33

» 『リンダ リンダ リンダ』 [京の昼寝〜♪]
文化祭前日に、突如バンドを組んだ女子高生たち。コピーするのはブルーハーツ。しかもボーカルは韓国からの留学生!?本番まであと3日。4人の寄り道だらけの猛練習が始まった! ■監督・脚本 山下敦弘■脚本 向井康介、宮下和雅子■キャスト ぺ・ドゥナ、香椎由宇、前田亜季、関根史織、三村恭代、山崎優子、甲本雅裕、湯川潮音、松山ケンイチ、りりィ、藤井かほり□オフィシャルHP  http://www.l... [続きを読む]

受信: 2005/09/02 08:59

» 『リンダ リンダ リンダ』〜子猫の胎動〜 [Swing des Spoutniks]
『リンダ リンダ リンダ』   公式サイト   監督:山下敦弘出演:ペ・ドゥナ 前田亜季 香椎由宇 関根史織   【あらすじ】高校生活最後の文化祭の直前になってバンドメンバーの萠が指を骨折してしまい、代役を立てる立てない、演奏をするしないのもん... [続きを読む]

受信: 2005/09/02 10:24

» リンダリンダリンダ [It's a Wonderful Life]
個人的には大満足です。あまり大規模公開じゃ 無いようなんですが、是非観て欲しいオススメ作品! 高校の学園祭までのほんの数日間を切り取った作品で、 特に何も起こらないような話なんですけど、それが逆に リアルに感じられて、とっても良かったです! 「青...... [続きを読む]

受信: 2005/09/02 14:56

» 『リンダ リンダ リンダ』を観る [デスマッチだよ、人生は!]
バンドものにハズレなし!という定説が映画界にはある。 たとえば『ザ・コミットメンツ』『すべてをあなたに』『スクール・オブ・ロック』『ロックよ静かに流れよ』・・・。 もちろん例外もあるが、この映画はずばり「アタリ」のほうだ。 主人公たちのバンドへの取り組みの姿勢が非常にいい。 一応、学園祭での発表というお膳立てはあるものの、コンテストに出場して勝ち負けを争うでもなく、スポ根もののように涙とガッツで障害... [続きを読む]

受信: 2005/09/02 17:48

» リンダ リンダ リンダ [日々徒然ゆ〜だけ]
 おっさん監督なんかがやるような,湿っぽい回顧趣味や,少女憧憬趣味に成り下がらず,優しい目線で瑞々しく,柔らかに,ユーモラスに描き出した,掌の愛すべき青春群像。  ガールズバンドなら80年代はゴーバンズやプリンセス・プリンセスがあったろう。でもここはブルー... [続きを読む]

受信: 2005/09/03 17:50

» 本当の日韓交流と、懐かしい高校生活◆『リンダ リンダ リンダ』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
9月5日(月) TOHOシネマズ木曽川にて 文化祭前日、バンドを結成しているキーボードの恵(香椎由宇)、ドラムの響子(前田亜季)、ベースの望(関根史織)は途方に暮れていた。文化祭のライヴに向けてオリジナル曲の練習を重ねてきたのに、ギターの萌(湯川潮音)が指を骨折....... [続きを読む]

受信: 2005/09/08 09:31

» リンダリンダリンダ [東京には空がないと言う]
リンダリンダリンダ〜。 ってことで、リンダリンダリンダを見ました。 NANAを見たあとだったんですが、すごくサラリと見ることが出来ました。 ただ、僕はこの手の映画のレビューが非常に苦手です。 映画としては文化祭で女子高生がバンドをやるだけなんですもん。 本当にこれだけです。ストーリーとしての複線も何もありません。 映像としての印象しか残らない映画です。 もともとこの映画は四日で構成されてます。 (ってかよく�... [続きを読む]

受信: 2006/03/11 14:25

» リンダリンダリンダ−(映画:今年45本目)− [デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと)]
監督:山下敦弘 出演:ぺ・ドゥナ、香椎由宇、前田亜季、関根史織、三村恭代、山崎優子、甲本雅裕、湯川潮音、松山ケンイチ、りりィ、藤井かほり 評価:97点 公式サイト ああ、たまらん。 俺をもう一度高校生に戻してくれい。 ちょっとい....... [続きを読む]

受信: 2006/03/27 10:21

« 残念ながら建築博物館ギャラリーの方は終わっていますが、『建築家 清家清展』です | トップページ | 澤野工房が主宰するコンサート『アトリエ澤野コンサート2005』今年も開催 »