« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006/01/31

京都の旧谷崎潤一郎邸、元『潺湲亭』が公開へ!

文豪谷崎潤一郎が、京都での8年を過ごした邸宅、
『潺湲(せんかん)亭』が、公開されることになった
そうです。

谷崎潤一郎の邸宅と言えば、神戸っ子としては、
神戸市住吉の倚松庵や、阪神大震災で全壊して
しまった岡本の『鎖瀾(さらん)閣』などを思い出す
訳ですが、このたび京都左京区の下鴨神社そばに
ある「石村亭(元潺湲(せんかん)亭)」が、今年の
秋にも一般公開をされるということになったそうです。

詳しい記事はこちら⇒朝日新聞


阪神間での家とはうってかわって、七百坪を越える
贅沢な敷地に、植治一門の関わったと思しき池泉
回遊式の日本庭園が四季折々の風情を醸し出して
います。
名作「夢の浮橋」(全文がコチラにアーカイブされて
います)でも、主人公の住む家のモデルとなりました。

松子夫人の同級生の夫が、京都の重電機器メーカー
日新電機の役員だった縁から、同社が購入。谷崎の
なるべく現状で残してほしいという望みを受け入れ、
同社迎賓館として、大事に使って保存をしてきたそう
です。

<参考>
日新電機社長による「石村亭プロジェクトについて」
訪問された方の訪問記

<本エントリーのTB先>
St.KYOTO 京都人のSlow life Styleさんは、『月刊京都』
の記事について触れておいで。
ただ、谷崎邸=石村亭と、川端康成が「古都」を執筆したと
いう泉川邸を逆に捉えておいでのようですね。

☆アルビレオ☆さんは、朝日新聞の記事の中でコメントを
出しておいでの明里千章千里金蘭大教授とお知り合いの
ようで、この記事に触れておいで。


banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/30

ヴィッセル神戸、今シーズンのスケジュール

相変わらずテーマの定まらない私のブログ…。

昨年のメインテーマ(のひとつ)であったヴィッセル神戸。
J2陥落以来、あまり触れてきていなかったが、当然、見捨てた
訳ではなく、今年はJ1復帰のために、よりいっそうのサポートが
必要だと感じている。

さて、そのヴィッセル神戸のスケジュールが発表になっている。
前半は、試合会場も含めて、以下の通り。
全52節、48試合。
いやぁ、長い、厳しい戦いだわ、ほんま。

第1節:3月4日(土)14:00 ザスパ草津      神戸ウイング
第2節:3月11日(土)14:00 愛媛FC        神戸ウイング
第3節:3月18日(土)14:00 サガン鳥栖      鳥栖
第4節:3月21日(火)14:00 水戸ホーリーホック 神戸ウイング
第5節:3月25日(土)14:00 徳島ヴォルティス   鳴門
第6節:4月1日(土)15:00 ベガルタ仙台     神戸ウイング
第7節:4月5日(水)19:00 モンテディオ山形   山形総合運動公園陸上
第8節:4月8日(土)15:00 コンサドーレ札幌   神戸ウイング
第9節:4月15日(土)15:00 柏レイソル       柏
第10節:4月18日(火)19:00 横浜FC        三ツ沢
第11節:4月22日(土)15:00 東京ベルディ1969  神戸ウイング
第12節:4月29日(土) ※神戸お休み
第13節:5月3日(水)14:00 湘南ベルマーレ   平塚
第14節:5月6日(土)15:00 サガン鳥栖      神戸ウイング
第15節:5月14日(日)14:00 コンサドーレ札幌   札幌厚別
第16節:5月17日(水)19:00 ザスパ草津      群馬陸上
第17節:5月20日(土)15:00 徳島ヴォルティス   神戸ウイング
第18節:5月27日(土) ※神戸お休み
第19節:6月3日(土)15:00 湘南ベルマーレ    神戸ウイング
第20節:6月7日(水)19:00 柏レイソル       神戸ウイング
第21節:6月11日(日)14:00 水戸ホーリーホック  笠松
第22節:6月17日(土)15:00 モンテディオ山形   神戸ウイング
第23節:6月21日(水)19:00 東京ベルディ1969  味の素スタジアム
第24節:6月24日(土)15:00 横浜FC        神戸ウイング
第25節:7月1日(土)19:00 愛媛FC        愛媛陸上
第26節:7月8日(土)19:00 ベガルタ仙台     仙台スタジアム
第27節:7月12日(水)19:00 ザスパ草津      神戸ウイング
第28節:7月16日(日)19:00 柏レイソル       柏
第29節:7月22日(土)19:00 徳島ヴォルティス   鳴門
第30節:7月26日(水)19:00 水戸ホーリーホック  神戸ウイング
第31節:7月29日(土)19:00 モンテディオ山形   山形総合運動公園陸上

何試合、サポートにいけるかなぁ。

さらに、これにLリーグTASAKIペルーレのサポートが
加わるので大変なのであります。

<本エントリーのTB先>
神戸サポ仲間のSlow Life~Lifetime Prime~ さん、
ウメニッキさん
改めて見るスケジュールのハードさに、緊張をされておいで
のようです。
私も、少し心配。選手だけでなく、自分自身も・・・。

ヴィヴィとショコラの応援記 さんは、後半会場未定の日程ま
でエントリーされておいでです。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/28

今年も、順調に「クロ・ド・ミャン」通いを続ける日々

昨年、都合50回通った北新地のワインバー、
「クロ・ド・ミャン」。

今年も順調に週一ペースで通っております。
牡蠣です。
200601111900

白ワインです。
200601111921

定番の炒飯です。
200601111922

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/27

熱が出てダウン

38度の熱は、
しんどいなぁ…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/26

難病ALSの治療法模索のために、14ccの血液を!

先日のALS患者の藤本栄さんに関するエントリーで
TBさせていただいたstyle-TKさんのblog、
ALS、そして、僕の生きる道に、以下のような内容の
エントリーがあったので、紹介させていただきます。

文部科学省のオーダーメイド医療実現化プロジェクト

その目的は、不治の病とされている難病の患者さんm
約30万人のDNA及び血清資料をバイオバンクへ集めて、
遺伝子レベルで、薬剤の効果、副作用などの関係を
明らかにしたり、病気との関係を解析し、治療方法等を
確立していこうとする国家プロジェクトです。
平成15年から平成19年までの5年間をかけて、約200億
円の予算を予定しているそうです。
国のプロジェクトにも、良いものはありますね。

その対象となっている難病は、コチラのリスト

で、ALS(筋委縮性側索硬化症)も、このプロジェクトの
対象となっているのですが、本プロジェクトを進めるために
必要な最低限の協力者数に到達していないそうです。

ALSの患者の参加数は、平成17年度11月現在で、
699名。
研究の精度を確保するには、1000名規模で行う必要が
あり、残り 301名 以上の患者の参加が必要だそうです。
ordermade

本Blogをご覧になっている方の中に、ALSの患者の
方がどれだけいらっしゃるかどうか分かりませんが、
知人まで広げると少しはいらっしゃるかもしれません。

具体的には、メディカルコーディネーターとコンタクト
を取った上で、患者の方にプロジェクトの内容を説明し、
十分に理解していただいた上で、文書にもとづく同意
を取得した後に、参加していただくそうです。
参加に同意いただいた患者の方から、14ccの血液を
採血します。患者の方の事情によって、14cc採血でき
ない場合は、無理のかからない範囲での採血量だそ
うです。
また、薬剤の効果、副作用などの関係を調べるために
も、診療情報も提供いただいて、利用するそうです。
年齢や性別に制限はありません。

もし、知人にALSの患者の方がいらっしゃる方は、
ぜひ、声をかけていただいて、本プロジェクトへの多く
の方の参加を願います。

<本エントリーのTB先>
ブログで情報収集!Blog-Headlineの
筋萎縮性側索硬化症(ALS)のエントリーにTB

お父様がALSで闘病中のたまコロの聞いて聞いて!!さん
も、お父様への本プロジェクトへの参加を説得しようと
されておいでです。
ALSに罹患してしまったお母様の介護をされておいでの
娘さんのブログさん。お母様はすでに本プロジェクトに
参加をされておいでのようです。

ご本人がALSを闘病されておいでの
難病ALSとの付き合い方教えますサン、
@Voiceさん、
オルフェの日記 さん

難病相談・支援員FROM佐賀さんの
「ALS患者・家族の会」のエントリーと、
最新エントリーにTB

沖縄で活動されておいでの
◆アンビシャス◆ 活動日誌 難病支援センターさんの
最新エントリーにTB

病気・闘病を貴重な経験として人生にプラスに生かして
いけるように患者さんを応援する団体という、楽患ねっとの
スタッフの方々の楽患日記さんの最新エントリーにTB

独立系のネットジャーナリストとして、活躍されて
おいでで、「障害者自立支援法」などにも関心を
もっておいでだった、泉あいサンの
Grip Blog ~私がみた事実 最新エントリーにも
TBさせていただきます。


※少しでも多くの方に届くように、少しでも関係のあり
そうな方のエントリーにTBさせていただいています。
ご了承いただければと思います。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (6) | トラックバック (6)

鈴木隆行のズベズタ行きに思う

ひさしぶりにサッカー関連のエントリー。

日本中のサッカーファンの8割くらい(いやもっと?)が、
師匠こと鈴木隆行選手のFWとしての能力に疑問を
持っていると思う。

しかし、
日韓ワールドカップの際のトルシエも、
サッカー観が対称的なはずのジーコも、
重用した。

そして、今回、ストイコビッチが会長を務めるセルビア
モンテネグロの名門(とは言うものの、今は見る影も
無いと言うのが事実だが)レッドスター・ベオグラード
が鈴木隆行を完全移籍で獲得
した。

掲示板とかblogとかでいろんなこと書いている人も
いるけど、トルシエはまだしも、ジーコ(監督としての
能力は別)とストイコビッチ以上にサッカーを知って
いる日本人がいるとは思えないのですよ。

少なくとも、代表レベルでプレーしている人以外で
そんなことを平気で言い放てる日本人がいるなら、
顔を見てみたい。

ということは、今の日本人のレベルではわからない
何かを持っているのか、隆行?

何なんだ、私たちが見逃している部分は。
私たちにはわからない部分とは。
もしかして、それがサッカーにとってめっちゃ大事な
ことだったりするのか?

<本エントリーのTB先>
Jリーグの観客動員数を語るblogさん、
気まぐれ日記さん、
つれづれなるままにぃ~(仮) さん、
DogFight!さん
みんな疑問のご様子。

スポーツ見るもの語る者~フモフモコラムさんは、
さらにトニーニョ・セレーゾも入れて、「これらのメンツより
も「俺はサッカーを理解している」という人は日本人の中
にいるでしょうか?いや、いません。」と…。


banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/01/25

こんなところにも「1リットルの涙」が!ラグビー大学日本一の早大ラグビー部も涙!

ラグビーマガジン最新号
巻頭特集は、社会人(東芝府中)、大学(早大)、
高校(伏見工)それぞれのチャンピオンたち。
トップ記事が「『最強』を紡ぐ。」ということで、早大の
主将の佐々木隆道と、大学2年生にして日本代表の
五郎丸歩の対談。
(まぁ、私は、関西人なもんで、早大はけっして好きで
 はないのですが。)

で、その中にこんな会話が。

関東学院大学との決勝戦の前、ロッカーから出て行く
時に、早大のほとんどの選手が泣いていたという話の
流れから

インタビュアー)五郎丸選手も大泣きでしたね。
佐々木選手)コイツ泣き虫なんですよ。
五郎丸選手)すぐ泣きます。映画とかドラマ見ていても。
「1リットルの涙」見て、泣いていました。
佐々木選手)(放送日の)火曜日の夜はみんな(気持ち
が)落ちてた(笑)。

そうか、早大の選手たちも「1リットルの涙」見ていたか。
泣いていたのか。

東芝府中のウイング森選手のblog森大輔プレゼンツ【業務
報告@】楽天版
でも、PR大室・SH安藤・SH伊藤夫妻・
SO島崎氏・FB松田氏といっしょに見て、泣いているとい
うエントリーがありました。


banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関西で「スポーツビジネス」集中セミナーが開催される!

立命館大学、NFL、産経新聞社の共催で、「スポーツビジネス」を
テーマとした集中セミナーが、大阪で開催されるそうです。

「スポーツビジネス集中講座
 -変革期にある日本のスポーツビジネスを志すあなたへ-」

開催日時】2月21日(火)~3月28日(火)
       全6回 各回とも18:30~20:45
会場】産経新聞大阪本社 8階大会議室
    (大阪市浪速区湊町2-1-57)
受講料】全6回・30,000円(税込み)
     ※代理参加も可能です。
     各1回・5,500円(税込み) 希望日指定
定員】50名
申込方法】はがき、メールで申し込む。
      申込み先(ハガキ)
      〒556-8660
      大阪市浪速区湊町2の1の57
      産経新聞大阪本社総合企画室
      申込み先(メール)
      o-sogo@sankei-net.co.jp

      あるいは、ホームページのフォームから

スケジュール内容・講師】
各回とも18:30~20:45
(90分レクチャー、30分質疑応答、15分講師とのコミュニケーションタイム)

■2月21日(火)
「スポーツをビジネスするということ
 ─なぜ今、日本のスポーツにビジネスが必要なのか─」
講師:町田光(NFLジャパン代表・マネージングディレクター)

■2月28日(火)
「スポーツビジネスの理想モデルとしてのNFL
  ─日本のスポーツビジネスに足りないもの─」
講師:種子田穣(立命館大学経営学部 教授)

■3月7日(火)
「スポーツメディアのビジネス戦略
 ─阪神タイガースをめぐる新規ビジネスの開発─」
講師:武田吉夫(サンケイスポーツ 副代表・大阪編集局長)

■3月14日(火)
「新聞社とスポーツ
 ─ジャーナリストの使命とビジネスの展開─」
講師:佐野慎輔(産経新聞東京本社 編集局運動部長)

■3月22日(水)
「スポーツビジネスにおける代理店の役割」
講師:デイビット・ハケット
   (株式会社博報堂DYメディアパートナーズ スポーツ事業局部長)

■3月28日(火)
「スポーツを日常生活で楽しむ
 ─スポーツアパレル・スポーツゲームソフトのマーケティング─」
講師:吉川 祥一
   (エレクトロニック・アーツ株式会社 マーケティングバイスプレジデント)

全回通しだけではなく、興味のある1回のみを選んで
聴講できるので、良いですね。

種子田先生は、こんな本を執筆されておいで。
sportsbussiness
「史上最も成功したスポーツビジネス」
これは、スポーツビジネスに興味のある方は必読の本。
しかし、アメリカの特殊事情もあり、すべてが他エリアで
参考にできるかと言うと疑問ではありますが。

<本エントリーのTB先>
Jリーグの観客動員数を語るblogさん。
サッカービジネスに関連する最新エントリーの
「札幌サッカーアミューズメントパーク」にTBをしておきます。

プロ野球の視聴率を語るblogさん、最近はビジネスモデルに
対する記述が少ないので、ちょっと悩みますが、
最新エントリーにTBしておきます。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/24

初モブログ

もぶろぐトライアルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「1リットルの涙」のDVDが届いたぞ!

diaryoftearsmovie

アマゾンで予約していた映画「1リットルの涙」のDVDが
届いた。
さっそく見るのだ。

<本エントリーのTB先>
一足早くDVDを入手して、ご覧になった
Jumble Boxさん
kae-ruのBlogさん


banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/01/23

ALSを発病しながら、訪問介護・看護サービス会社を立ち上げた凄い人

昨日、日本テレビ/讀賣テレビ系列に残った数少ない
報道ドキュメンタリー番組「NNN ドキュメンタリー'06」を見た。

1月22日(日) 25:55~26:25
「前を向いて そして… ある難病患者と家族の日々」

今回は、難病ALS(筋委縮性側索硬化症)を発病した
藤本栄さん(45)とその家族のお話。

ALSとは、筋肉を動かす命令を伝達する“運動神経神経が
冒されることで、筋肉が萎縮していく進行性の神経難病
です。

ドラマ「1リットルの涙」で有名になった脊髄小脳変性症
とは、冒される神経部位が違うようですが、症状としては
同じように、手や足をはじめ体の自由がきかなくなり、歩く
こと立つこともできなくなる。さらに次第に話すことも食べる
こともできなくなり、呼吸することさえも困難になってきます。
ですが、他の神経部位は冒されていないので、思考能力、
知性、感覚/触覚、味覚、嗅覚、聴覚、視覚、目の動き、
自律筋の心臓、便通、膀胱、性的機能といったものは影響
を受けないそうです。
病気の進行は当然個人差がありますが、発病して3~5年
で寝たきりになり、人工呼吸器を装着しなければ呼吸が
できなくなります。

アメリカではメジャーリーグのスーパースター、
ルー・ゲーリックがこの病気になったことから“ゲーリック病”
とも呼ばれているそうです。
また、イギリスの有名な宇宙物理学者ホーキング博士
30年来の患者です。

脊髄小脳変性症と同様、残念ながら、原因も治療法も
わかっていません。
一般に40~60歳で発病し、患者は全国で5000人ほど
いると言われています。


トヨタ系列のディーラーで、なかなか優秀な自動車営業
マンだった藤本さんは、37歳で独立してソニー生命の
保険代理店を営み始めました。
しかし、その直後に、当時小学校3年生だったご長男を
相手にサッカーをやっていた時に、突然思う方向にボール
が蹴れなくなった。やがて、足を引きずるようになった藤本
さんが病院で検査を受け、ALSの一種である“運動ニュー
ロン病”という診断が下されました。
そして、しだいに、足だけではなく全身に力が入らなくなり、
入浴や排せつの介護が必要となっていきました。

自力呼吸が困難になった時には、藤本さんは、これ以上、
家族に介護の苦労をかけないためにも、人工呼吸器の装
着に関して、少し躊躇したそうです。
しかし、家族からの生きて欲しいという願いと自らの生き
たいという気持ちで、人工呼吸器をつけ、より前向きに
生きるようになりました。

そして、発声もできず、動かせるのは顔の筋肉だけである
ために、透明の板に平仮名が書かれた”文字盤”を、視線
の動きだけでたどっていくことが、唯一のコミュニケーション
の手段として、前向きに家族や社会と関わっていきます。
もともと明るい性格で、しょうもないギャグを連発していた
らしい藤本さんは、こんな状況の中でも、ユーモアたっぷり
に、文字盤を使って家族とのコミュニケーションをとります。
さらに、日本ALS協会愛知支部長に就任し、患者の
家族らと情報交換をし、ALS患者の支援活動に取り組ん
だり
、「1リットルの涙」の木藤亜也さんの主治医であった
山本纊子先生も勤めている藤田保健衛生大学看護学校での
講義を始めたりしています。

番組の中で引用された藤本さんの言葉として
「昔、忙しくて見えなかった世界を、今動けなくなったことで
 わたしに見せてくれる。ALSはまんざらでもないです」。
これだけの難病の方が、こういったことを言えるってのは、
ほんとに凄い。
「(脊髄小脳変性症という)病気になったのは、不幸じゃ
 ないです。不便なだけ」と言った明日美ちゃんと同様。

そして、なにより凄いのが、寝たきりで介護を受ける側の
自分の経験を生かし、訪問介護・看護のサービスを
提供する会社「アイライフコーポレーション」を立ち上げ

自ら社長となったこと。
ヘルパーさんや、従業員に対しても、朝礼で文字盤を使って
指示を出したり、自らがモニターとなって新人ヘルパーさん
の研修を進めたりと、藤本さんの細やかさとバイタリティーが
サービスに生かされているそうです。


同じ病気の方に勇気を与える言葉をつづり続け、最後は
献体までを申し出て、人の役に立とうとした木藤亜也さんに
池内亜也。
自分の闘病の苦しみを隠しつつ、いっしょに入院し病気と
闘っている子どもたちを明るく励まして回った猿渡瞳ちゃん
それに、今回の藤本さん。
みなさん、すごいですよ、ほんとに。

藤本さんは、昨年の総選挙にも出馬したそうです。

<本エントリーのTB先>
ブログで情報収集!Blog-Headlineの
筋萎縮性側索硬化症(ALS)のエントリにTB

あと、ご自身もALSと闘病しておいでの
ALS、そして、僕の生きる道さんと、
人生いろいろサンの最新エントリーに
TBを差し上げたいと思います。


banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「白夜行」とは違う顔が見れる綾瀬はるかのショートムービー

現在、TBSドラマ「白夜行」に主役として出演中の
綾瀬はるか主演のショートムービー。
『たべるきがしない』

お仕事でいっしょしたことのある東北新社所属の
CMディレクター伊藤由美子さんの監督作品!

大塚製薬サンの『ポカリスエット』シリーズを
担当されておいでなので、綾瀬はるかとは
息もあっているようですね。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/22

近代建築遺産のリノベーション事例、たばこ王村井商会の工場が宿泊施設に!

現在はレディースホテル・喫茶・レストランとして使用されている
円山公園で、ひときわ目を引く豪華な洋館「長楽館」。
chorakukan01
それは、日本で始めての両切巻たばこ「サンライス」を生み出し
「東洋のたばこ王」とも称された、明治時代の大実業家、村井
吉兵衛氏の京都別邸として建設されたものです。

その村井氏のたばこ会社「村井兄弟商会」が、海外向けの
ブランド「ヒーロー」を 製造するために、明治31年に京都東山
山麓に建設した日本初の機械化 たばこ製造工場「器械館」。
muraisyoukai01muraisyoukai02

その「器械館」が、このたび、京都の特定非営利活動法人
フリーダムさんの 手によってリニューアル、ウイークリー
マンション「東山IVY」
として 再スタートすることになりました。

アメリカのたばこ工場を真似て設計され、海外から輸入された
赤煉瓦を 使ってつくられた、100年以上の歴史と由緒のある
日本の産業遺産に宿泊してみませんか\(^o^)/。

<本エントリーのTB先>
お知らせのために、関西の消えていく近代建築に対して
いろいろと活動をされておいでの大阪近代建築BLOGさんの
最新エントリーにTBをしておきます。


banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

なおも池内亜也を想いをはせるため、今度は池内豆腐店に行ってきた

『どんぐりの家』を読んで、少し気分が落ち込んだところで、
改めて池内亜也に想いをはせるために、思い立って池内
豆腐店に行ってきた。

南武線尻手駅を降りる。
DSC04808

ちょっと行くと尻手銀座商店街。
DSC04807DSC04806

DSC04797DSC04805b
けっこう人気のある商店街を奥に向かうと…

見覚えのある豆腐店が…
DSC04803b

ここです。
DSC04798DSC04799

このシーンが思い出されて…。・゚・(つД`)・゚・。
051220214158

「なにか“障害者”の方の力になれれば」程度では
考えが甘いのは百も承知だ

それでも、池内豆腐店を訪ねて、池内亜也の言葉や
想いを改めて再確認した。
甘くても、何も考えない、何もしないよりもましだ。
一歩でも、二歩でも、動こう>オレ。

<本エントリーのTB先>
こちらも「1リットルの涙」のロケ地めぐりをされている
~obaと亜弥と梨沙子の交換日記~さん
あ、白夜行のロケ地も訪問されているんですね。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/21

グルメ備忘録(2)

大阪
【豆腐料理 空ノ庭】
大阪市中央区南久宝寺4-5-6(難波神社裏)
ヴィルテックス本町B1F
電話:06-6120-0644
営業時間:平日17:00~23:45
      日祝17:00~23:30
定休日:無休

【il Porcospino】
大阪市北区西天満4-5-23豊国ビル103
電話:06-6364-8668
営業時間:11:30~14:30,17:30~21:30
定休日:日祝日

【CHOU TAKANABE】
大阪市北区堂島1-3-19 前川ビル3F
電話:06-6344-0218
営業時間:12:00~14:00、18:00~26:00
定休日:日祝日

【リストランテ&ピッツェリア SANTA-LUCIA】
大阪市西区京町堀1-9-17
電話:06-6444-8881
営業時間:11:00~14:30、18:00~21:30
定休日:無休

【創作中国料理 嘉義】
大阪市福島区福島3-6-10
電話: 06-6453-5516
営業時間:11:30~22:30
定休日:第3火曜日

【dining&bar 脇田】
大阪市北区南扇町7-27 TTH東梅田1F
電話:06-6360-2229
営業時間:平日17:00~24:00
     金土17:00~26:00
定休日:日祝日

京都
【ステーキハウス 新吾】
京都市左京区花見小路新橋西入ル一筋目上ル
電話:075-561-7106
営業時間:17:00~22:00
定休日:日曜

【da NINO ダ・ニーニョ】
京都市中京区河原町三条上ル恵比須町534-39
電話:075-211-3373
営業時間:11:30~14:30、18:00~22:30
定休日:第3木曜

神戸・阪神間
【BISTRO 近藤亭】
神戸市中央区栄町通3-6-9 浙江ビル2F
電話:078-334-2890
営業時間:11:30~15:00、18:00~23:00
定休日:月曜

【BISTRO 近藤亭 北野坂】
神戸市中央区山本通2-1-1 コーナーハウス2F
電話:078-262-0620
営業時間:11:30~15:00、18:00~23:00
定休日:月曜

東京
【西麻布 WALNUTS】
東京都港区西麻布3-13-14
電話:03-3470-0555
営業時間:17:30~27:00
定休日:無休

西麻布 Kushi-Cuisine LesVINUM
東京都港区西麻布4-5-8 1F
電話:03-5466-8607
営業時間:平日18:00~26:00
     日祝17:30~24::00
定休日:月曜日

Aux Amis des Vins アザミ・デ・ヴァン本店
東京都中央区銀座2-5-6 P・Vビル
電話:03-3567-4120
営業時間:平日17:30~26:00
      土祝12:00~24:00
定休日:日曜

<本エントリーのTB先>
西麻布「レ・ビノム」へご訪問の感想をエントリーの
カッちゃんの川崎人妻blog「飲んでるときは独身よ」さん

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

グルメ備忘録

大阪
【MUSICA TEA】
大阪市北区堂島浜1-4-4
アクア堂島ビルフォンタナ4階
電話:06-6344-6496
営業時間:10:00~21:00頃
定休日:日曜、祝日

【Da Ugo ダ・ウーゴ】
大阪市都島区北通1-2-4 1F
電話:06-6927-7009
営業時間:11:30~14:00、17;30~22:00
定休日:水曜日

京都
【Maison de VIn 鶉亭】
京都市下京区木屋町四条南団栗上ル
電話:075-351-4005
営業時間:平日17:30~24:00
      金土祝前日17:30~26:00
定休日:日曜、第2月曜

【スコルピオーネ 吉右(KICHIU)】
京都市下京区西石垣通四条下ル
電話:075-354-9517
営業時間:11:30~14:30、17:00~21:30
定休日:無休

【祇をん八咫 本店】
京都市東山区大和大路新橋東入ル
電話:075-525-5511
営業時間:和食17:30~23:00(LO22:00)
      バー19:00~26:00
定休日:無休

【肉匠 イツカ】
京都市中京区蛸薬師通烏丸東入ル ルバームビル1F
電話:075-212-1629
営業時間:18:00~25:00
定休日:無休

【イル・カルボーネ il carbone】
京都市中京区衣棚通三条下ル
電話:075-212-7909
営業時間:11:30~15:00、18:00~22:00
定休日:水曜日

神戸・阪神間
【TEA HOUSE MUSICA 神戸店】
神戸市中央区三宮町3-9-2神戸BAL2F
電話:078-333-4445
営業時間:11:00~22:00
定休日:無休

【Pastaio La・TeRaSu】
神戸市中央区栄町通5-1-9
電話:078-341-5635
営業時間:11:00~15:00、17:00~22:00
定休日:不定休

【トラットリア ピッツェリア CIRO】
明石市中崎2-4-1 アーバンライフ213号
電話:078-912-9400
営業時間:11:30~14:00、18:00~21:00
定休日:月曜

【igrek BELLPORT】
芦屋市海洋町3番 ベルポート芦屋内
電話:0797-25-1909
営業時間:11:30~21:30(14:30~17:00カフェタイム)
定休日:火曜

東京
【チーズ&ワインサロン村瀬】
東京都中央区銀座6-12-15 西山ビル1F
電話:03-3575-9100
営業時間:16:00~24:00
定休日:日祝日

【祇園下河原レストランよねむら 銀座店】
東京都中央区銀座6-8-7交詢ビル4F
電話:03-5537-6699
営業時間:平日12:00~15:00、17:30~21:00
     日・祝12:00~15:00、17:00~21:00
定休日:不定休

【串かつ 六覚燈 銀座店】
東京都中央区銀座6-8-7交詢ビル4F
電話:03-5537-6008
営業時間:14:00~23:00
定休日:火曜日

【祇をん 八咫 銀座店】
東京都中央区銀座6-8-7交詢ビル4F
電話:03-5537-3866
営業時間:平日11:30~15:00、17:00~23:00
      土日祝11:30~15:00、17:00~22:00
定休日:不定休

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/20

めちゃめちゃ心が痛い。マンガ『どんぐりの家』で、そんな甘いものではない“障害者”の事実を知る。

ドラマ「1リットルの涙」をはじめ、猿渡瞳ちゃん
宮越由貴奈ちゃんらの言葉を受け止めて、
変化の兆しのある私の気持ち、こころ。

何かできることを探るために、昨年夏に逝去された
クロネコヤマトの宅急便の創始者である元ヤマト運輸
社長小倉昌男さんの本を読んだ。

小倉さんは、ヤマト運輸の会長を退任後、個人保有の
ヤマト運輸の株式を拠出して財団法人ヤマト福祉財団
を設立しました(一度、心ならずも会長に復帰したが)。

小倉さんは、障害者の就労施設兼デイケア施設である
共同作業所で働く人々の月給は1万円にも満たず、自
立など夢のまた夢である現状を知る。
その現実を解消するためには、国や地方公共団体の
福祉に頼るのではなく、作業所の経営改革を行う必要
があると指摘。

障害者の月給10万円を目指して、作業所の運営者を
対象に経営セミナーを開催。「経済とは何か」「経営とは
何か」と題し、市場経済の仕組みの中で「もうかる経営」
を実践し、障害者が「自分で稼いで生きていける」仕組
みをつくるための具体的な経営ノウハウや、モデル事業
を提供していきました。

その小倉さんが、涙なくしては読めず、「今まででいち
ばん感銘を受けた書物」だったという、小規模作業所が
社会福祉法人の認可を勝ち取るまでを描いたマンガ、
山本おさむの『どんぐりの家』を読み始めた。

痛い。
これは、痛い。
聴覚障害と知的障害等を併せ持つ“ろう重複障害児”
本人と家族、さらに教師の“社会との戦い”を描いてい
るのだが、これを読むと、大変申し訳ない言い方だが
亜也さん家族や猿渡瞳ちゃん、「電池が切れるまで」の
闘病の子どもたちですら、まだマシだったのではないか
と思わされるほどだ。
それほど、厳しい現実。
重複障害という障害のあり方など知らなかった。
聴覚障害だけでも厳しいのに、その上に、なんで知的
障害までが重なるんだろう。
あまりにもきつい。
家族にとっても、関わる人々にとっても。
心の中に重たい石を置かれたような感じだ。
痛い。
心が痛い。
「なにか“障害者”の方の力になれれば」などという程
度の考えの甘さをつくづくと感じさせられてしまうよ。

<本エントリーのTB先>
『福祉を変える経営~障害者の月給1万円からの脱出』
の読後エントリーをされている joy さんと
スローライフしながらRichさん、
Shop人にやさしくサン
joyさんは、小倉さんの経営指導によって立ち上がった
スワンベーカリーのことを書いた書籍『はばたけスワン
ベーカリー』もご紹介しておいで。
武蔵野市議 川名ゆうじの武蔵野blogさんは、スワン
ベーカリーも含めて、社会福祉法人が運営しビジネス
的に成功してパン屋さんを紹介されています。

ホームヘルパー井戸端会議さんは、
小倉さんの逝去時に冥福の気持ちをエントリー。
R30::マーケティング社会時評さんは、大塚由紀子さん
の小倉さんに対する哀悼の辞を紹介されておいで。

天竺堂通信さん、なれのはてサン、
はな家の毎日サンは、『どんぐりの家』を紹介。

綾部市議会議員の塩見まりこの心の扉 diaryさん
は、特定非営利活動法人 「どんぐりの家」の総会
のようすを紹介されています。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/01/19

久米田先生が、サイン色紙ぃ?!

同じジュンク堂大阪本店のコミックス売り場の
レジのうしろに、マンガ家の先生のサイン色紙が
ずらっと並んでいる。

その中に!
200601181939
ちょっとぼけてわかりにくいが、写真真ん中に
間違いなく、久米田先生のものが!

稀代のネガティブギャグマンガ家。

今の連載はこちら↓
zetsubosensei
サンデーからマガジンに舞台をうつして活躍中。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モ~さまこと萩尾望都先生セレクトの本を集めた書店イベントが!

昨日エントリーした吉田まゆみのコミックを発見した
関西屈指の規模の書店、ジュンク堂大阪本店。

ADKさんが入っている堂島アバンザにあるんで、
けっこう立ち寄る。

で、そこでは、12月からこんなイベントをやってる。
200601181920

少女マンガ界の大御所中の大御所、モ~さま
こと萩尾望都先生がセレクトした本を集めた
書店内仮想書店、“萩尾望都ラララ書店”。
200601181918

200601181919

萩尾先生のマンガ作品が揃っているのはもちろん、
大島弓子、山岸涼子の“花の24年組”仲間、
岩館真理子、くらもちふさこらの少女マンガに
手塚治虫、大友克洋、永井豪、藤子・F・不二雄に
諸星大二郎、古谷実まで!
あとは、村上春樹やら桐野夏生、小野不由美、
カフカにトーマス・マンといった小説、
さらに、河合隼雄先生、多田富雄先生、中井久夫
先生、若桑みどり先生、ルドルフ・シュタイナーと
言った心理・精神・芸術テーマの書籍まで。

たしかに、マンガ作品から感じ取れるモ~さま
らしいセレクションと思えますね。

池袋店では、原画展とかトークセッションもあわ
せて開催されているそうで、羨ましいです。

■大阪本店
 (堂島アバンザ2階)
 開催期間:~2月10日(金)

■漫画館三宮駅前店 
 (三宮駅前サンシティビル8階)
 開催期間:~5月31日(水)

<本エントリーのTB先>
漫棚通信ブログ版さんは、コミックスのセレクションを
ずらっとご紹介していただいています。

少女漫画ラボラトリー「図書の家」の司書日誌さんは、
池袋店でのラララ書店にご来店された際のようすを
エントリーしておいで。

きんとのお気に入り!サン、
木の葉燃朗の「本とデジタルと俺の日常と」サン、
ポケットの中の月サンも、
ラララ書店に関心をもっておいで。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/01/18

ドナルド・マクドナルド・ハウスおおさか・すいた訪問記(1)

以前に紹介した
「ドナルド・マクドナルド・ハウス」。

それは、自宅から遠方の病院に、長期入院する
子どもの家族を支えるために、病院の近くに廉価で
宿泊できる施設です。

その国内4施設目として昨秋にオープンした
「おおさか・すいたハウス」。

大阪吹田の国立循環器病センターへの長期入院の
子どものご家族を対象とした施設です。


そこに訪問してきた。

最寄の阪急千里線・北千里駅。
DSC04684

大学の通学時に使っていた当駅ですが、駅前が
えらい変わっていました。
DSC04685DSC04686

駅前の交差点から北へ向かう。
DSC04705

遠くに循環器病センターが見える。
DSC04704

この通りは、「千里けやき通り」という名前らしい。
DSC04703

さらに北に進むと・・・
DSC04702

思いのほか大きな建物が。
DSC04694

これが、ドナルド・マクドナルド・ハウスおおさか・すいた。
DSC04693DSC04698

最寄のバス停は「北公園前」。
DSC04696

ほんとに、国立循環器病センターが間近。
DSC04692DSC04690

<本エントリーのTB先>
千里すまいを助けたい!さんと、
千里の新しい風さんが、
ハウスをご訪問されたようすをエントリー。


banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/17

うわっ!吉田まゆみの『アイドルを探せ』がコミック文庫になっていた

ジュンク堂書店に立ち寄り、コミックコーナーを見ていた
ところ、おおっ!
こんなもんが、平積み!
200601111848

懐かしいなぁ。

もろ、私の大学生時代と重なっているんですが、
80年代の中ごろを舞台にした、女子大生(短大)の
ちょっと不器用で、繊細な恋愛もようを描いた
当時、かなりヒットした少女マンガ。

思わず買ってしまおうかなぁと思ったよ。

<本エントリーのTB先>
Teke-TekeのHeke-Hekeさんは、一つ前の漫画文庫を
紹介して、ストーリーの紹介をされておいで。


banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は、11年目でした

1995年1月17日から、
今日で丸十一年。

いろいろありました。

⇒神戸新聞
 「震災11年 1・17特集」
⇒読売新聞記事
 「防災へ決意、未来に希望…阪神大震災から11年」
⇒毎日新聞記事
 「阪神大震災 発生から11年、鎮魂の朝…風化懸念の声も」

1.17ひょうごメモリアルウォーク2006
「1.17希望の灯り」

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/15

『ニューヨーク・バーク・コレクション展』が、MIHO MUSEUMで開催だ!

「日本の美 三千年の輝き
 ニューヨーク・バーク・コレクション展
 -縄文から琳派・若冲・蕭白まで-」

世界でも有数の日本美術収集家と言われる
メアリー・バーク夫人のコレクションが、日本に里帰りして
公開されています。

収集作品は、縄文時代の土器から、江戸時代の障壁画や
浮世絵に至るまで、絵画、書、彫刻、陶磁器、漆工品など、
非常に多彩。
「洛中洛外図屏風」、「源氏物語図屏風」、「柳橋水車図屏風」
といった桃山期の屏風や、酒井抱一の「桜花図屏風」、伊藤
若冲の「月下白梅図」、曾我蕭白の「石橋図」など、
見所はたくさん。

でも、
すごいですよねぇ。
なんで、個人がこんなもんを買うことができるのか?
根津美術館にしろ、五島美術館にしろ、出光美術館にしろ、
いつも思うのですが。
絶対に購入はできないが、売買をされている場面だけは
見てみたい気もしたりして…(^^;)。

で、昨年の夏から、岐阜県美術館広島県立美術館
巡回して、今月末1月24日(火)から、3月5日(日)まで
東京展(東京都美術館)が開催され、最後に、関西・
滋賀県のMIHO MUSEUMで、開催されます。

これは、関西人としては、やはりMIHO MUSEUMで、
美術館そのものと、展示品とをあわせて楽しむのが
よろしいかと。

MIHO MUSEUM2006年春季特別展
「日本の美 三千年の輝き-ニューヨーク ・バークコレクション展」

会場】MIHO MUSEUM
(滋賀県甲賀市信楽町桃谷300)
アクセス】
会期】3月15日~6月10日(土)
開館時間】10:00~17:00(入館は16:00まで)
休館日】毎週月曜日
料金】大人 1000円(800円)
    高大生 800円(600円)
    小中生 300円(100円)
   ※( )内は20名以上の団体料金

<本エントリーのTB先>
東京都美術館での展覧会を紹介されている
弐代目・青い日記帳さん
展覧会の小箱さん
いづつやの文化記号さんは、蕭白の「石橋図」に、若冲の
「月下白梅図」にご注目!

読書と夕食さんは、岐阜での展覧会の感想を
エントリーされておいでです。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (3)

なかなか面白そうなイベント、「まっくらカフェ」が開催されます

主催のメンバーの方から、
下のようなコメントをいただきましたので、
1月20日付で内容を削除いたしました。


banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/14

変わり握り『美和すし』@北新地【お気に入りの食事処 関西篇その12】

ワインとの組み合わせが多いために、今まで紹介してきた
飲食店は、イタリアンやフレンチがほとんどでした。

今回は、少し趣をかえて、お寿司屋さんです。

大阪といえば、本来は大阪寿司。
「箱寿司」とか「押し寿司」「棒寿司」「ばら寿司」というのが
それにあたりますよね。

でも、現在は、大阪でも、やはり握りが主流。

で、美和すしサン。

堂島上通りと堂島船大工通りをつなぐ
北新地によくある、ビルの中を通る路地。
200601132015

そこに、美和すしはあります。
200601132016
表の佇まいは非常にオーソドックスですね。

店に入っても、白木のカウンターにネタケースなど、
オーソドックス。

しかし、いったん椅子に座って、握りを頼み始めると、
それからは、まさしく美和すしワールド!

江戸前的な「いい仕事してある」=握る前の味の仕込み
ということではなく、目の前で、握るプロセスで、さまざまな
一工夫二工夫をしてくれる。
しかも、「え、そんなことを?」という常識とは少し違うワザ
が連発。

miwasushi1miwasushi2

miwasushi3miwasushi4

miwasushi6miwasushi9

miwasushi7miwasushi8

一ネタ頼むと、ひとつずつ別のワザを見せてくれることも。
例えば、サーモンやトロは、ひとつはそのまま、ひとつは
炙りとか。
で、ふつうの塩や梅塩、ゆず塩などをかけたり。
はけで塗る醤油にも、にんにく醤油やらわさび醤油やら
ひと味加えてあるし。
ウニの軍艦には、りんごが!

しかも、何回か通っても、同じネタながらも、かならず新しい
ワザに挑戦してくれてみせてくれます。
それが、また新鮮な驚き!

もしかしたら、江戸前本道から見たら、邪道とも言われるの
かもしれませんが、でも、これが結構いけるんですよ。
他ではない工夫は、一回味わってみる価値ありです。

値段もきちんと表示してあり、
会計も明朗!
安心!

【美和すし】
大阪市北区堂島1丁目3-9
日宝堂島センタービル  1階
電話:06-6342-6611
営業時間:18:00~26:00頃(客足が途切れるまで)
定休日:土・日曜、祝日

<本エントリーのTB先>
関西グルメ調査隊 [アメブロ関西]さんも、
その変わり寿司っぷりに驚き!

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Kの1stアルバムのCFに刺激され、残る池内亜也の言葉「生きるんだ」

Kの1stアルバムのCFに刺激されて、
HDRに録っておいた
ドラマ「1リットルの涙」
またまた見直した。

最終回

賛否も分かれたエンディングでしたが…、

でも、11話、約11時間で描かれた
池内亜也の10年間の最後として、

「…お母さん、笑顔のあなたに、もう一度だけ会いたい…」
shioka01

ikeuchiaya03

ikeuchiaya01

asoharutomono

ikeuchiaya02
「生きるんだ」

この最後の一言こそが、

池内亜也が

10年間の闘病体験の中から

僕たちに伝えたかった、

残したかった言葉。

与えられた命を、

自覚を持って

生きようよ。

与えられた

一日一日を

きちんと意識して

生きるべきなんだ。
 
 
 
ああ、

やっぱり、残るなぁ。

絶対に忘れられないなぁ。

忘れないなぁ。

池内亜也は。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/13

うわ~っ、これまた反則ものだなぁ。Kの1stアルバムのCFに沢尻エリカ出演!

テレビから、「♪Only Human」の冒頭、

「♪悲しみの向こう岸に 微笑みがあると言うよ♪」
が流れてきた。

おっ?
と思って、
見た!
そしたら、
な、なんと、沢尻エリカが映っている!
涙を流してる。
と思ったら、
その涙が「K」のカタチに!

そう、ドラマ「1リットルの涙」の主題歌で話題を呼んだ
韓国人シンガー、Kの1stアルバム「♪Beyond the Sea」
のCFでした。

うわぁ、これ、ずるいよぉ。

また、
思い出しちゃったじゃないですかぁ。

もう、
うるうるですよぉ。
(ToT)


<本エントリーのTB先>
いちはやく、このCFのニュースに反応されておいでの
Fukusaki 日記さん
また、○。So Wonderful。○ さんは、画面をキャプチャ!
「Beyond the Sea」
「その歌声に、きっとあなたも涙する」


banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/01/12

そうか、世界陸上2007大阪まで600日を切っているんだ

先日、新年の仕事上の挨拶で電通さんの関西支社
ビルにうかがったところ、一階のロビーにこんなものが。
200601061259

カウントダウンボードやったら、てっきりトリノ冬季五輪や、
FIFAワールドカップ2006ドイツ大会のかいな、と思って
いたら、2年後の世界陸上2007大阪大会

ま、でも、そうか。
トリノやワールドカップは、もう協賛等のビジネスは終わっ
ているやろうし、特に関西やと、地元で開催される世界
陸上を、今から盛り上げようとしているってことやな。

さて、うかがった時点で既に600日を切っていましたが、
今日はたしか590日になっているはず。
随分先ではありますが、せっかくの国内での国際大会、
盛り上がってほしいものです。

<本エントリーのTB先>
大阪の暑さを心配されている、RUBYBLACKさん

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

宝塚の女性演出家、植田景子さんのトークショーは、興味深いぞ

クレオ大阪北(大阪市立男女共同参画センター北部館)で
開催されている講座・イベントで、興味深いものが!

クレオ大阪北・エグゼリーナトーク~これが私の生きる道~
「演出家・植田景子が語る『タカラヅカ』の魅力」

90年以上に及び宝塚歌劇団の歴史の中で、初の女性演出家
となった植田景子さんが、自身もファンであった宝塚歌劇の魅
力を演出家の視点から、また一ファンの視点からも語る!

植田景子
 元々は、10歳の時に『ベルサイユのばら』を観て以来の、
無類の宝塚ファンとのこと。神戸女学院大学文学部を卒業
後、5回目の受験で、遂に1994年に劇団初の女性演出助
手として入団。
 1998年、バウホール公演『ICARUS(イカロス)』で、宝塚
歌劇団初の女性演出家としてデビュー。
 99年花組公演『~夢と孤独の果てに~ルードヴィヒII世』
では、大劇場作品のデビューを飾る。
 2003年秋から1年間、文化庁芸術家海外留学制度で、
ロンドンとハンブルクに演劇留学。
 帰国後、2004年春には、V6の坂本昌行と元宝塚娘役
トップスターの紺野まひるの共演となる「ネバ・ゴナ・ダンス」
で、初めての外部仕事も経験

私は、てっきり元宝塚歌劇団理事長で脚本家の植田紳爾氏
の娘さんと思っていたのですが、単なる偶然の同姓であり、
親戚ですらないらしいです。

開催日時】2月18日(土)14時00分~16時00分
会場】クレオ大阪北
受講料】無料
定員】50名
申し込み方法】往復はがき、FAX、直接の来館、または
       ホームページから申し込む
       詳細⇒こちらの一覧から選んで参照ください
申込締切】2月8日(水)消印有効
     ※定員を超えた場合は抽選
問合せ先】クレオ大阪北・セミナー係
     Tel;06-6320-6300
     Fax;06-6320-7575

う~む、興味はあるが、参加者が女性ばっかりだろうな。

<本エントリーのTB先>
植田景子さんの最新作『落陽のパレルモ』をご覧になって、
感想をエントリーされておいでの、
まいけるの見たもの日記サン
趣味の生活サン

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/01/11

伝説(?)のバンド、すかんち、なんと2夜限りの再結成!

仕事でつきあいのあるプロモーターさんとお話をしていた
時に、ふと出た話題。

「もうそろそろチケット発売なんですけど、すかんちの
 ライブがあるんですよぉ」

えっ!Σ(゚д゚;)
す、すかんちぃ?

詳しくおうかがいすると、ローリー寺西 (現ROLLY)率いる、
伝説のバンドすかんちが、再結成ライブを、東阪2ヶ所、
2夜限りで行うそうな!


クイーンだったり、ZEPだったり、はたまたプログレだっ
たり、産業ロックだったり、グラムロックだったりを、換骨
奪胎して、そこにギミックたっぷりふりかけて、めっちゃ
ポップにした楽曲&パフォーマンスを繰り広げてくれていた
すかんち。

ライブにも行ったことのある私。

ローリーのキャラとか、メンバー全員のルックスなどから、
キワモノ扱いされることも多かったが、ライブから感じ取れ
る、彼らの音楽にたいする愛はホンモノでした。

■大阪公演 
日時】3月10日 (金)19時30分開演
会場】大阪BIG CAT
料金】前売5250円(税込・整理NO.付・ドリンク代500円別途)
   当日5775円(税込・整理NO.付・ドリンク代500円別途)
チケット一般発売】1月29日(日)
問合せ】キョードーチケットセンター(06-6233-8888)

行くぞ~っ!

<本エントリーのTB先>
12月発表の段階で、すかんちの再結成ライブに、ビビッドに
反応しておいでのみなさんにTB。
bounce.comさん
30男のロック道!さん
毎日がジミヘンコードさん
we+want+musicさん
大豆ブログさん
backdropさん

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

高津宮の日本一の屋台に行かれた方々、ご紹介

昨日触れた大阪・高津宮、とんど祭りの
「たぶん(自称)日本一の屋台達」。

行かれた方のレポートが、blogで上がっていますので、
いくつかご紹介。

rei's blogさんの「高津宮のとんど祭り グルメ編」。
行列になるのを避けるために、なんと朝の10時から、
それも朝食抜きで参加されたとのこと!!
でも、その価値はありますよね、ここ。
というか、ここで食べ歩くと、夜飯もいらないかもしれません。
うづら屋さんの、つくねに岩手白金豚のソーセージ、フランス産
うずらの半身がほんま旨そう(^~^o)ですっ。

■うずら屋さんについては、
 NYの衣☆食☆住(旧梅田OLごはん事情) さんが
 レポートされておいで。

毎日快晴時折曇天 スイカ小太郎。のblogさんも、
10時には到着と、準備万端!
「日本一の屋台達2006(前編)@高津宮」
乾隆亭のおかゆと、サクラの牛モツ煮込みが、特に旨そう!!

NEW!くろにゃんのだめだめダイエットさんは、
11時過ぎに到着されたそうですが、既に人はいっぱい。
「★高津宮とんど★ぶいはち@大阪 三ツ寺(みってら)」
うわぁ、ぶいはちサンの伊賀牛、美味しそう(^^)。
「★高津宮とんど★ワインと肉料理 遊山★大阪 北新地」
スープカレーなんかやっていたのですかぁ。
お店では、出さないだろうなぁ。
「★高津宮とんど★リストランテ イタロ@大阪 京町堀」
ローマ風ライスコロッケ、イカスミ味は、ほんまに
旨そうで、写真見てもヨダレが…。
「★高津宮とんど★ホテルメトロThe21 乾隆亭@大阪 宗右衛門町」
ここの本店は、行ったことがないので、興味深いな。
お店の方に行ってみましょうか。

Rolling365日記さんも、11時ごろに参戦。
トォルトゥーガのオーストラリア産仔羊とクスクスが
うま~そうっす(^~^o)。
羨ましいです。

だらっとブログさんは、写真がなし!
ご自分でも反省されておいで、ドンマイp(^_^)q

自堕落的 食べ・飲み歩記さんは、
「大阪のグルメ系ブロガーにとっては外せないイベント(ネタ)」
とおっしゃっておいでですが、まさしくそうですね。
行き損ねた私は、グルメ系のブロガーとしては、
失格っつうことでしょうかぁ~orz

その他の方々もご紹介。
小悪魔のグルメなつぶやきサン
「高津宮で日本一の屋台~その1」
「高津宮で日本一の屋台~その2」
yummy blog*さん
「たぶん日本一の屋台達 (1) 」
「たぶん日本一の屋台達 (2) 」
うっきぁん日記 うっきぁんのblogさん
「2006・高津宮のとんど (その1)」
「2006・高津宮のとんど (その2)」
「2006・高津宮のとんど (その3)」

来年は、忘れないぞ~っ!!

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/01/10

鬼に笑われるかもしれないが、来年2月に「ミュージカル マリー・アントワネット」@梅田芸術劇場

年が明けて、梅田芸術劇場の「レ・ミゼラブル」を観劇した際に、
200601042031
↓こんなものを発見!
200601042030

ミュージカル「マリー・アントワネット」!!

主役のマリー・アントワネットに、涼風真世。
ストーリー上のキーウーマンである、マルグリットには
新妻聖子、笹本玲奈のダブルキャスト。
アントワネットの愛人フェルセンに、ミュージカル界の
プリンスこと井上芳雄。
さらに、石川禅、髙嶋政宏に、山口祐一郎といった
東宝ミュージカルにお馴染みの面々。
⇒記者会見のもようはコチラ

しかし、なにより注目は、土居裕子サン!!
音楽座の主演女優として、日本のミュージカル界に
着実な地歩を固めていたが、ここ最近のブームとも
言える連発される大作には縁がなかった。

それが、ここに来て、日本オリジナル(というか日本発)
で、ミヒャエル・クンチェ、脚本・歌詞、シルヴェスター・
リーヴァイ音楽と言う大作ミュージカルの、かなり
キーとなりそうな役に抜擢(←この言葉は、土居さんの
実力から言うと正しくないのかな)。


■帝国劇場2006年11月~12月公演
 「マリー・アントワネット」

<キャスト>
マリー・アントワネット:涼風真世
マルグリット・アルノー:新妻聖子、笹本玲奈(Wキャスト)
アクセル・フェルセン:井上芳雄
アニエス・デュシャン:土居裕子
ルイ16世:石川禅
オルレアン候:高嶋政宏
カリオストロ:山口祐一郎

ボーマルシェ:山路和弘
ロベスピエール:福井貴一
ラパン夫人:北村岳子
ローズ・ベルタン:春風ひとみ
ロアン大司教:林アキラ
ギヨタン博士:佐山陽規
ラ・フェルテ:tekkan
エベール:広田勇二

<原作>
遠藤周作「王妃マリー・アントワネット」

<脚本>
ミヒャエル・クンツェ
<作曲>
シルベスタ・リーヴァイ
<演出>
栗山民也

来年2月に梅田芸術劇場に来演!

<本エントリーのTB先>
12月頭の記者発表の際に、ビビッドに反応した
エントリーをされているみなさんにTBします。

akkiのひとりごとサン
*芒果布甸日記*Ⅱさん
演劇ニュース | シアターレビューさん
感激観劇ダイアリーさん
奇婦人☆のばらの事件簿さん
しおんのひだまりダイアリーさん
善福寺手帳さん
そんな事してる場合?さん
つぶやき。サン
Precious Memoriesさん
Musical Show!さん
ミュージカルと音楽を福岡で楽しむサン
もけけや本舗BLOG ~the MOKEKEYA Side-B~ さん
レミゼラブル貧乏さん

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (10) | トラックバック (4)

今クールの注目ドラマは、やはり「白夜行」なのでしょうか

エンタテインメント小説作家として、私が絶大な
信頼を寄せているのが、宮部みゆきと東野圭吾。

とにかく、そのエンタテインメントとしての作品の
クオリティの高さが安定していて、ほんとにはずれ
が無い。

その東野圭吾、最大の問題作であり、アンチ心理
サスペンスの傑作「白夜行」がTBSでドラマ化。
公式サイトはコチラ

ただ、この作品を映像化するって、本当に難しい
ですよ。
特に、主人公二人の内面描写を極力排除した
ことこそが、本作の本質。
ドラマで、下手に彼彼女の心理を強調するような
演出がなされると、原作の持つ、異様に温度の
低い、乾いた魅力が台無しになります。

さてさて、どうなることやら。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/09

しまったぁ、日本一の屋台「高津宮とんど祭り」に行き損ねた!

昨年もご紹介した、大阪・高津宮のとんど祭の
「たぶん(自称)日本一の屋台達」。

例年登場している「リストランテ・イタロ」や
「ラ・トォルトゥーガ」 、「日本橋・藤久」、に
「三津寺・ぶいはち」、「焼肉・遊山」等に加えて
「千日前・釜たけうどん」に、「なにわ翁」、
さらにはワインショップ「Wassy's」と「WASSY'S DINING Souple」
が出店!

しかし、チェックミスで、行くのを忘れてたぁ~orz

これはショックですよぉ。
どなたか、行かれた方、コメントくださ~いっ!

<本エントリーのTB先>
出店されているショップ「Wassy's」さんのblog
Wassyとゆかいな仲間たちの毎日さん
<WASSY'S DINING Souple>ワイン&炭火焼&カジュアルダイニングさん

さらに、釜たけうどんの毎日サン

rei's blogさんは、年末に「なにわ翁」に行かれた
際のことをエントリー。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/01/08

神戸住吉山手屈指の豪邸『旧乾邸』の内覧会予定です

昨年にもご紹介差し上げた、日本屈指の高級住宅街である
神戸住吉山手の豪邸群の中でも、屈指の規模・クオリティを
誇る『旧乾邸』の内覧会が、今年もありますよ。

DSC00433DSC00491
■旧乾邸
所在地・神戸市東灘区住吉山手5-1-30
設計者・渡辺節
建築年・1936年(昭和11年)
施工・竹中工務店
構造・鉄筋コンクリート造2階建 一部木造
建物面積・本邸:約720㎡
敷地面積・3,868㎡

DSC00447DSC00457

■設計者・渡辺節(1884~1967)
大正、昭和にかけて活躍した関西を代表する建築家。
東京帝国大学工科建築学科で辰野金吾に薫陶をうけ、
1908年(明治41年)卒業。
韓国政府の建築技師、鉄道院勤務後、1916年
(大正5年)に独立して大阪と東京に渡辺節建築事
務所を開設する。
二度の渡米によって様式的完結を基本にした設計ス
タイルを確立し、装飾性豊かな建築を手掛けた。
代表作は、旧京都駅、大阪商船神戸支店、大阪ビル
ヂングなどのオフィス建築。
現在残されている個人住宅は、旧乾邸ほか二例。

開催日:1月28日(土)及び29日(日)
     2月25日(土)及び26日(日)
     3月25日(土)及び26日(日)
開館時間:午前11時~午後4時
入館=協賛金:300円
       (資料、絵葉書、飲み物含む)
主催:NPO法人「アメニティ2000協会」
問合せ:0798-65-4303

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/07

『いのちの作文 難病の少女からのメッセージ』、猿渡瞳ちゃんの言葉を聴け

昨年の日本テレビ系列の「24時間テレビ」でも
紹介された、大腿骨骨肉腫で、13歳の短い
命を閉じた福岡県大牟田市の中学生、
猿渡瞳ちゃん。

小学6年生の時、猿渡瞳ちゃんは、右大腿骨と
肺にガンがみつかります。
前向きに懸命な抗がん治療を受ける瞳ちゃん。
念願かなって、肺のガンは消える。
抗がん剤の関係で、白血球が減少し、小学校の
卒業式に出れないと言われた瞳ちゃんは、主治
医の先生に「白血球の数をいくつにしたら、卒業
式にいけるんですか」と強いまなざしで問いかる。
そして、白血球が奇跡的に増加した瞳ちゃんは
念願かなって卒業式に出席することができた。

しかし、右足は、転移の危険性もあり、やはり
切断しなければならないと言われます。
しかし、「右足は私の生きる希望」「右足といっ
しょに生きていきたい」と0.1%の希望に賭けて、
自分の意思で拒否をします。

ですが、やはり、それは無理でした。
苦しい闘病を経て、中学2年生で、瞳ちゃんは
残念ながら帰らぬ人となりました。
しかし、その闘病の過程でも、自分の苦しみを
隠しつつ、いっしょに入院し病気と闘っている
子どもたちを、明るく励まして回ったそうです。

そして、彼女は、亡くなる2ヶ月前に、弁論大会
用として、闘病の体験を書いた「命を見つめて」
という、ほんとうに力強く、まっすぐな作文という
言葉を残しました。

その全文は、こちらの西日本新聞の記事
紹介されているので、ご覧ください。


木藤亜也さん、池内亜也、さらには
宮越由貴奈ちゃんだけではなく、瞳ちゃんに
対して、恥ずかしい人生だけは送るまい。
客観的な条件としては恵まれている部類に
あてはまるであろう私は、背筋が改めて
伸びる思いがします。

↓最近発行された小学生向けの本。

でも、大人が読んでも、その内容は十分に
心にしみます。

写真で見る彼女のまっすぐな瞳、屈託のない
笑顔が、これまた読む者の心に響く。

↓こちらの方は、「命を見つめて」の作文と、
 彼女の残した言葉をまとめたもの。

<本エントリーのTB先>
瞳ちゃんの作文を紹介されておいでの
ヒューマン ストリート by FM福岡さん
福岡発アジア映画行きサン

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「行きたいな“東高”」で、行ってきた。で、まだまだ池内亜也を想う日々。

DSC04599
じゃんっ!
みなさん、この場所は、記憶にありますか?

そう、東高、
正式には明和台東高校ですね。

遂に、訪ねてしまいましたよ、私。
まぁ、
自分でも、どないやねんとも思いますが、
やはり訪ねない訳にはいかんかった。
池内亜也の“生きた”証を感じるためにも。

年が明けても、
私の心の中の余韻はまったく消えない。

もちろん、日常生活、特に仕事している最中なんかは
意識の表面からは退いているのだが、
例えば、朝、
「今日一日、きちんと生きよう」と、
意識せずに思っている。

街で、ちょっと体が不自由な方を見たときに、
以前よりも素直に声をかけて、手伝いが
できるようになっている。

でも、もっと何かできるんちゃうか。
それは、
プレイベートな時間をもっと割いて、
だけではなく、
仕事の中、仕事を通じてでも。

例えば、
NPOのマーケティングへのサポートやら、
コーズ・リレーテッド・マーケティングの
より良き提案だったり、
なのかなぁ。


■校舎
DSC04603DSC04604b

■体育館
DSC04597DSC04609


banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「1リットルの涙」の上映が続々決まっています

ドラマ「1リットルの涙」の余韻がまだまだ引かない私。

「1リットルの涙」の感想を書いておいでのblogとか、
mixiのコミュニティなどを拝見していると、
映画「1リットルの涙」の存在をご存じなかった方も
大勢いらっしゃたようで。
当然、ご覧になっていない訳で。

ということで、関西のみなさん(すみません、他の地域の
人にまではさすがに手が回りません)にご覧になって
頂く機会をつくるために、製作元のオールアウトさんと
連絡をとって、自主上映会なんぞを開催しようと思って
いたところ、近々、関西で上映があるようですぞ。

1月16日(月) 大阪府高槻市高槻市立生涯学習センター多目的ホール
2月5日(日)京都府城陽市文化パルク城陽

関西以外の方も、上映会あるそうですよ。
1月28日(土)静岡県浜松市三ヶ日文化ホール
2月5日(日)岐阜県岐阜市民会館
2月11日(金)~17日(金)三重県四日市中映シネマックス
2月23日(木)神奈川県茅ヶ崎市民文化会館
2月25日(土)福島県福島市公会堂
3月12日(日)福岡県遠賀郡遠賀町中央公民館

ぜひ、足をお運びください。
⇒映画予告編はコチラ

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/06

コンテンツ三昧、備忘録です

今後、できれば行きたいなと思っているコンテンツについて、
備忘録を兼ねてちょっと....〆(・ω・` )メモメモ

『The Love of Football 清水和良写真展』
~1月29日(日)@KPOキリンプラザ大阪

『柳宗悦の民藝と巨匠たち展-柳宗悦の心と眼-』
~1月29日(日)京都文化博物館

『グランド・ツアー 美的観光のすすめ』
~3月19日(日)@伊丹市立美術館

『ドイツ写真の現在 かわりゆく「現実」と向いあうために』
1月6日(金)~2月12日(日)@京都国立近代美術館

シネマEXPO2006
1月7日(土)~9日(月祝)@梅田・HEP HALL

『DRAGON GATE PRO-WRESTLING』
1月14日(土)19時00分開演@ASUTA LIVE FACTORY「SITE-KOBE」

映画
『孕み白い恐怖』前田亜季
『肌の隙間』(不二子)
1月14日(土)~@十三・第七藝術劇場

映画
『THE 有頂天ホテル』(役所広司、松たか子、佐藤浩市)
1月14日(土)~
@梅田・ナビオTOHOプレックスor三宮・OSシネフェニックス

映画
『バッシュメント』(土屋アンナ、要潤、中山エミリ)
1月14日(土)~@九条・シネヌーヴォ

笠井叡・舞踏『蜃気楼 Das Schinkiro』
1月19日(木)~20日(金)@伊丹AI・HALL

音楽座ミュージカル/Rカンパニー『とってもゴースト』
1月21日(土)~22日(日)
@兵庫県芸術文化センター中ホール

『DRAGON GATE PRO-WRESTLING』
2月11日(土)18時30分開演@大阪府立体育館第2競技場

FEEL SO BADライブ
2月18日(土)18時00分開演@hillsパン工場

安達久美meets則竹裕之 club PANGAEA
3月11日(土)@京都・LIVE SPOT RAG

映画「リンダ リンダ リンダ」にも出演していた
湯川潮音ライブ
3月12日(日)19時00分開演@CLUB QUATTRO心斎橋
⇒1月17日ぴあ先行

uemura_kana_a
植村花菜初のソロライブ
3月13日(月)19時00分開演@大阪ブルーノート

松居慶子コンサート
3月14日(火)18時30分/21時30分開演@大阪ブルーノート

StudioLife『ヴァンパイア・レジェンド』『DRACULA』
4月7日(金)~9日(日)@梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

大塚愛ライブ
5月9日(火)18時30分開演@大阪城ホール

絢香ライブ
5月24日(水)@CLUB QUATTRO心斎橋

<本エントリーのTB先>
清水和良写真展の感想をエントリーされておいでの
〝Sports,Live,Life〟in Kansai >φ(..)oさん

「ドイツ写真の現在― かわりゆく「現実」と向かいあうために」を
東京国立近代美術館でご覧になった
弐代目・青い日記帳さん
紫崎式子日記βさん
はろるど・わーどサン

植村花菜のファーストライブに反応されておいでの
MacとPalmと模型な日々。さん

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/01/05

ミッドセンチュリーモダン好きなら、買い!ミニチュアデザインチェアです

本日、余裕があったので、会社の帰り、夕食後に、
DOUBLEDAYというインテリア・雑貨ショップに立ち寄った。

ラグとか、マフラーとか、ふらっと見ていたのですが
ひときわ私の目を惹きつけるものが!!
DSC04676DSC04677

なんと、ミッドセンチュリーモダンのデザインチェア、
有名作品9種類の1/12のミニチュア、
「デザインチェアコレクション」!
8021299120005
ところが、これ、箱はみな同じで中にどの椅子が
入っているかは外からは分かりません。
単品で買うと、どの椅子が入っているかは、もう
ガチャガチャみたいなもん。

でも、一個、わずか525円(税込み)、
9個セットで、4,725円(税込み)。

有名なヴィトラミュージアムプロデュースのミニチュア
チェア
と比べると、めっちゃ安い!

だから、思わず大人買いもできるっ!

とは言うものの、さすがに9個買うことはできず
とりあえず2個買ってみた。

中身は、
リートフェルトの「赤と青の椅子」
DSC04679

イームズの「DCW」。
DSC04681

ううむ、オトナのおもちゃだな。

次は、
ミース・ファン・デル・ローエのバルセロナチェアか
サーリネンのチューリップチェアが
ほしいな。

ところで、私は、ヴィトラミュージアムの、100の
椅子のポスターなんぞも、入手してたりします。
roomE


<本エントリーのTB先>
いちはやく、本商品にビビッドに反応されておいでの
弐代目・青い日記帳さん(お久しぶり!(^_^)/~)
LOWER EAST81さん
カフェや雑貨やインテリアなどなどを巡る冒険さん

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2006/01/04

大好きなお店、「クロ・ド・ミャン」に、結局、昨年は50回行きましたよ

何度か紹介しております、お気に入りのお店、
北新地にあるワインバー「クロ・ド・ミャン」。

私は、昼食、夕飯を、どこで食べたかと言うのを
メモっているのですが、12月の頭に振り返ると、
ここになんと40回以上行っていた。
それを、お店の方に話すと、「目指せ、50回!」と
はっぱをかけられてしまった。

で、それに乗せられて(^^;)>、12月後半も順調に
来店を重ね、ついに本年度最終営業日で、かつ
オーナーの宮永さんの誕生日である12月30日に
50回目の来店を達成してしまいました。

うーむ、
これは、けっこうすごい回数。
私は、ここで、だいたい3~4杯グラスワインを頂き、
フードも2品+α(牡蠣orモッツァレラ)くらい頂くので、
平均8,000円オーバーくらいは軽くいっている。
ってことは、40万以上、こちらのお店で使ってる?!
うわぁ、吉野家の牛丼だと、1000食、朝昼晩3食で
一年分くらいだよ(--;)。
すごいな、オレ。

12月30日は、銀座店はお休みで、全スタッフが、
北新地店に集結!
DSC04572DSC04573DSC04578

モッツァレラに、甲州ワイン白(きいろ香)あわせ~の。
DSC04574DSC04579

牛ホホ肉ワインソース煮込みは美味美味(^~^o)
DSC04582

宮永さんへの誕生日プレゼントとして差し入れ。
DSC04588DSC04590DSC04591

デザートには、お店の方からこんなメッセージをいただいて
しまいましたよ(^^)。
DSC04595

今年も、きっとめっちゃお世話になることでしょう。

【クロ・ド・ミャン】
〒6456-0250
大阪市北区曽根崎新地一丁目6-28 中尾ビル1階
電話:06-6456-0250
営業時間:18:00~2:00
定休日:日曜

<本エントリーのTB先>
来店時のことをエントリーされている方々にTBです!
まるをの言いたい放題さん
今日も反省 ~りさおのダイエット日記さん

平松亜由子プチプチセレブ日記さん、
東京グルメの戯言さんは、銀座店へご来店!

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/01/03

1月始めの国立霞ヶ丘競技場は、寒かったなぁ

みなさま、あけましておめでとうございます。
今年も、当blog、よろしくお願いいたします。

さて、年末年始は東京ですごした。

メインは、なんと言っても、全日本女子サッカー選手権の
決勝戦、TASAKIペルーレ対日テレベレーザ戦。

後座試合(←嘘です(^^;))の天皇杯決勝に、浦和レッズが
進出したために、浦和サポがホームサイドのゴール裏を
埋め尽くしたため、TASAKIサポ、ベレーザサポの両方が
アウェイサイドのゴール裏の左右に分かれて応援すると
言うおもしろい構図が。
DSC04620DSC04619

TASAKIペルーレ 1-4 日テレベレーザ
          (0-1)
          (1-3)
44分 大野忍(日)
63分 鈴木智子(T)
70分 荒川恵理子(日)
75分 永里優季(日)
86分 永里優季(日)

前半立ち上りから、基本的にはベレーザのボールポゼッ
ションで試合は推移。しかし、伊藤選手が足を痛め、途中
交替になったことで、ベレーザも流れをつかみ損ねたのか、
抜け出た永里選手がTASAKIGK秋山選手との一対一の
場面を生み出した以外は、決定機はさほどつくりだすことは
なく、膠着状態のまま、ロスタイムへ。
このまま0-0で折り返したいと、TASAKIサポが思ったのが
いかんかったのか…。
TASAKIDFラインがでこぼこになった瞬間に、ベレーザの
酒井選手がスルーパス。そこに、大野選手が抜け出し、
一歩遅れて飛び出してきたGK秋山選手の頭を越した冷静
なループシュート。
今シーズン、2失点をしたことのない(いや、昨シーズン
もだったっけ)ベレーザ相手だけに、とにかく先制点を取り
たかったのだが、時間的に、非常に痛い失点。

しかし、これで攻めるしかなくなったTASAKI。
後半立ち上がりから、いつも以上の圧倒的なプレッシャー
をかけ、ベレーザのボールポゼッションを寸断し、テリトリー
も押し込む。この流れの中、なんとか早めに追いつきたい
と思う中、左サイドからの山本選手のFKがゴール前を
横切って流れたところ、鈴木智選手がゴールに押し込み
同点!しかし、押し込んだあとに、ベレーザ選手と交錯し
て、ポストに衝突。右目の上を青黒く腫らした鈴木選手
が痛々しい。
(また、この攻勢の時間帯の中、ベレーザDFの四方選
 手がペナルティエリア内で思いっ切りハンドという場面
 があったが、そのまま流される。
 ううむ、これは痛かった。)
ベレーザの運動量も減り、このままの流れで、一気に
逆転と言う雰囲気も出てきた。
しかし、ベレーザが、一発のカウンター。
永里選手のヘッドの落としが流れたところに、ベレーザ
FWの荒川選手がTASAKIDFの下小鶴選手に競り勝ち
抜け出て、GK秋山選手と一対一となり、冷静にゴール。
これで流れは決まってしまった。
TASAKIが無理に攻めに出て、カウンターでスピードの
あるベレーザFWに裏を取られ、失点を重ねてしまった。

結局、ベレーザは、今年公式戦不敗で、スーパーカップ
を含めると4冠となりました。
素直に、年間通じて強かったです。
特に、荒川が復活して、永里、大野と組んだ3TOPは、
強力でした。
走る量では大谷選手、鈴木智選手、さらに大石選手と
いったTASAKIのFWも負けていないのですが、この
3TOPは、長距離のスピードがあり、DFが走り負ける
ことがあり、ここへの対策がTASAKI来年の課題です。

続く天皇杯決勝は浦和が勝って、三菱重工時代以来の
天皇杯戴冠。

翌日のラグビー大学選手権準決勝は、
関東学院大と早稲田大が、それぞれ同志社大と法政大
を破り、5年連続の決勝対決となりました。
マンネリとも言えるこの顔合わせを、同志社大になんとか
崩してほしかった。
今年の同志社大のFWは、例年以上に地味にひたむきな
プレーがあったと思うが、関東学院大のFWとは、結局、
厳しさ、激しさ、そして精度に差があったのか。

しかし、両日とも、スタンドは寒かった、寒かった。

<本エントリーのTB先>
悔しい思いをスタンドで共有したTASAKIサポーターの
Forza!TASAKIペルーレFCさん
ROSER×LOOSERさん
磯崎選手のファンというImpregnable Defenderさん

ベレーザサポのみなさん、おめでとうごさいます。
劇団天野屋 Part3さん
Leftyサポの戯言・・・。さん
たかまるのちょっと一言サン
ガンバレ少年・少女サッカー!富士見丘少年蹴球団・富士見丘アンジェリーナさん
ファンタジスタが好きサン
pride of green 緑の誇りサン

ベレーザの選手がblogをされておいでなので
おめでとうを兼ねてTBしておきます。
小林弥生選手の弥生の気まぐれ日記さん
永里選手のtomorrow is another day ~明日は明日の風が吹く~さん

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (7)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »