« 映画『ホテル・ルワンダ』を見て、考え込む(1) | トップページ | せっかくの開幕ホーム2連戦、しかも楽と思われた相手なのに。 »

2006/03/07

映画『ホテル・ルワンダ』を見て、考え込む(2)

しかし、この映画で描かれているルセサバギナ氏の姿は、
超人的な力で弱者を救うハリウッド的スーパーヒーローで
はない。本人も弱者でしかなく、ある意味では、他者の救
いの手を待つしかない存在だ。

だが、そのような中でも、その救いの手が届く可能性を少
しでも高めるために、自らの行い得ることの極限まで行う。

ここにこそ、このストーリーの感動の源泉と教訓がある。
まさに、『自助論』に言う「天は自ら助けるものを助く」姿だ。
それが、結果として、多くの人を救ったのだ。

だから、この映画が、私に問いかけてきたものは、まずは、
「同じようなとてつもなく困難な状況になった時に、他人を救
えるか?」ではなく、「同じようなとてつもなく困難な状況に
なった時に、あなたはルセサバギナ氏のように、諦めずに
アクティブに行動を取り続けることができるか?」
ということ
のような気がしている。

そして「とてつもなく困難な状況」というのは、民族虐殺のよ
うな場面だけではなく、例えば、映画「生きてこそ」のアンデ
ス山中への飛行機の不時着であったり、それこそ「1リットル
の涙」
のとてつもない難病であったり、まで含めて考えるべき
なんだと思う。

あなたは、極限的な状況に追い込まれたときに、どこまで
アクティブに行動することができるか?
諦めずに、一歩ずつでも行動することができるのか?

私にとって響いたのは、まずはこの点だ。


そして、もう一点。
ここで描かれたのは、民族対立の感情が、極限まで行き着
いてしまっているという状況。
しかし、不慮の事故とか難病とか避けられないものとは違い、
民族虐殺が起こると言うこんな極限的な状況は、そこに至ら
ない、そこに追い込まれないための前段階の努力の方が、
本来はもっと必要な訳だ。

“融和”という言葉、“共生”という言葉は、最近の世界情勢
を見るに、どうにも甘ったるいようにも感じられるのだが、
それでもどこかで“憎しみ”の状況への歯止めは必要だ。

だから、
直接命を救ったルセサバギナ氏、シンドラー氏、杉原千畝氏
らの行動を称えると同時に、
では
なんで、民族という属性だけで括られた他者を、ここまで憎む
ことができるのか?
そんな“憎しみ”の状況を生み出してしまうものは何なのか?
こういったことを問わなければならないのだと思う。

そして、それを避けるための方法は何か、ということを問わな
ければならないのだと思う。


さて、そんなことを考えているタイミングで、以下のような
フォーラムが、千里の国立民俗学博物館で開催されることを
知った。


ジェノサイド後の社会の再編成

こちらのフォーラムは、グアテマラの大量虐殺をとりあげ、
そこで実践されている開発プログラムを通して、民族虐殺後
の社会の再編成を考えるというのが主題。

会場】国立民族学博物館第4セミナー室
開催日時】3月11日(土)13時30分~18時00分
参加費】無料
申込み】申込み不要、当日先着80名
問合せ先】国立民族学博物館 関研究室
     TEL:06-6878-8252 
     e-mail:sekiken@idc.minpaku.ac.jp

<本エントリーのTB先>
まずは、この映画の日本公開にこぎつけた「『ホテル・ルワ
ンダ』日本公開を応援する会」代表に敬意を表してTB。
『ホテル・ルワンダ』公開まで続ける活動日誌さん

そのほか、先行して感想をUPされている方々にTB。
アロハ坊主の日がな一日さん
お玉おばさんでもわかる政治のお話サン
[K]こあら日記さん
ココロにおいしいシネマさん
シネマコミュニケーターmori2の“シネマ雑記帳”さん
そのうちやりますって・・・ さん
茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~さん
とりあえずジャンプ・カット!さん
梟通信~ホンの戯言さん

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

|

« 映画『ホテル・ルワンダ』を見て、考え込む(1) | トップページ | せっかくの開幕ホーム2連戦、しかも楽と思われた相手なのに。 »

コメント

はじめまして。TBさせていただきました。
何ができるんだろう・・・皆考えることですね。でも、その前に、知らなすぎると言うことも大問題・・・
一人でも多くの人に、見てほしい、知ってほしい、そんな思いです。

投稿: カオリ | 2006/04/09 00:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44021/8991707

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ホテル・ルワンダ』を見て、考え込む(2):

» 映画「ホテル・ルワンダ」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Hotel Rwanda 1994年、アフリカはルワンダで民族の対立による大量虐殺の嵐が吹き荒れるなか、逃げまどう人々をホテルミル・コリンにかくまう支配人の物語。 時代は、フツ族とツチ族の内戦がようやく終結をみるが、当時のフツ族大統領が暗殺された... [続きを読む]

受信: 2006/03/08 01:54

» ホテル・ルワンダ [Rohi-ta_site.com]
映画館で、出演:ドン・チードル/ソフィー・オコネドー/ニック・ノルティ/ホアキン・フェニックス/ジャン・レノ/ハキーム・ケイ=カジーム/デズモンド・デュベ/デイヴィット・オハラ/カーラ・シーモア/ファナ・モコエナ/トニー・キゴロギ/脚本:テリー・ジョージ/ケア・ピアソン/監督:テリー・ジョージ/作品『ホテル・ルワンダ』を観ました。 ●感想  ・ルワンダという小さな国内で、僅か3ヶ月間に100万人のツチ族が中国から安価で大量に仕入された鉈によって惨殺されたという事実に衝撃を覚えました。 ..... [続きを読む]

受信: 2006/03/10 16:21

» ホテル・ルワンダ(2004/イギリス=伊=南ア/監督:テリー・ジョージ) [のら猫の日記]
【シアターN渋谷】お恥ずかしながら、私はこの映画の日本公開のいきさつ(公開を求めるネット活動)など初耳だったし、ルワンダ大虐殺の歴史的背景もほとんど知らない。こんな人、他にいるのか知らないが、映画の内容もよく知らないまま観に行ったのである。ふだんから映画の情報を積極的に仕入れるこ... [続きを読む]

受信: 2006/03/11 11:16

» 真実はこんなにも重い。「ホテル・ルワンダ」 [ココロにおいしいシネマ]
1994年のルワンダ。 長年続いた民族紛争(ツチ族とフツ族)が激化し、 100日 [続きを読む]

受信: 2006/03/11 12:19

» ◎ホテル・ルワンダ----有楽町シネカノンにて [◎新けろり〜な王国◎]
ホテル・ルワンダや〜〜〜っと観てきました!ずっと前から、観にいきたかったんですが、大会が終わったのでようやく観ることが出来ました!!わたくしがこの映画を知るきっかけになったのがこちらの↓サイト『ホテル・ルワンダ』日本公開を求める会『ホテル・ルワンダ』日...... [続きを読む]

受信: 2006/03/16 14:13

» ホテル・ルワンダ [空想俳人日記]
我が妻と 我が子の命 救いたまえ   ホテル・ルワンダ、実際のホテル名ではない。しかし、このタイトルがルワンダという国とともに、もっとも秀でたホテル・マネージャーを思い出させるだろう。おそらくそれは、世界中のマネージメントクラスの人々の最高の鏡と言えるので... [続きを読む]

受信: 2006/03/16 22:30

« 映画『ホテル・ルワンダ』を見て、考え込む(1) | トップページ | せっかくの開幕ホーム2連戦、しかも楽と思われた相手なのに。 »