« 凄いニュースを発見したぞ、チーム青森CFに! | トップページ | エノテカ1 。 »

2006/04/19

京都の桜は、やっぱりいいなぁ~、花の寺・勝持寺編

桂川の西岸、京都の西山は、北の老ノ坂峠から小塩山を
経て天王山へと続く山並みと、阪急京都線の西側にこん
もりと続く丘陵地帯にはさまれた小畑川の浅い盆地状の
谷に、穏やかな農村地帯が広がる。

その代表が、平安貴族の狩猟地としても、風光の地とし
て多くの和歌にもうたわれた大原野と呼ばれる土地。

Dsc05218_1

しかし、今や洛西ニュータウンがその東半分を占め、の
どかな田園風景も風前の灯。

その大原野の西端、小塩山の山腹に、花の寺として有名
な勝持寺があります。

花の寺・勝持寺は、白鳳時代、役行者の開基とされる、
京都でも屈指の古い寺と伝えられています。
この言い伝えが本当かどうかわかりませんが、長岡京遷
都の際、藤原氏が春日大社を勧請した大原野神社の神宮
寺として、長い歴史と格式を持っています。

Dsc05259 大原野神社の前の道を

Dsc05247 進んでいきますと

Dsc05253 古さびた仁王門の立つ参道。

Dsc05255 仁王門を抜けると

Dsc05256 ゆるやかな登り道の参道。

参道を登りきると豪壮な石垣と白壁に囲まれた
境内に到着します。

Dsc05241 なかなかなたたずまい。

100本を越える桜の木が境内を埋め尽くしており、
満開時には全山が桜色に染まってしまうほど。

Dsc05222 Dsc05226

Dsc05229 Dsc05224

Dsc05232 Dsc05236

西行法師が、勝持寺で出家をして、庵をむすび、一株の
桜を植えて、この桜を愛し、和歌にうたいました。
そのお手植えの桜は“西行桜”と呼ばれ有名ですが、今
は三代目と言われています。
西行法師の物語は、謡曲「西行桜」や「小塩」や、白洲
正子さんの手になる評伝などで描かれています。

Dsc05243

<本エントリーのTB先>
花の寺の桜を紹介しておいでの方にTB

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
クリックお願いします。

|

« 凄いニュースを発見したぞ、チーム青森CFに! | トップページ | エノテカ1 。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44021/9641174

この記事へのトラックバック一覧です: 京都の桜は、やっぱりいいなぁ~、花の寺・勝持寺編:

« 凄いニュースを発見したぞ、チーム青森CFに! | トップページ | エノテカ1 。 »