« ああ、この日のライブが収録されたのかぁ。大塚愛ライブDVD | トップページ | アニメ映画『時をかける少女』と『ゲド戦記』をめぐる言説(その2) »

2006/08/16

アニメ映画『時をかける少女』と『ゲド戦記』をめぐる言説(その1)

40年前に発表以来、各時代に、ドラマ、映画の
映像化作品で、新たにファンを開拓し続けている
日本SFジュブナイル小説の名作中の名作『時を
かける少女』(筒井康隆)

それが、新作アニメ映画になったとのこと。
初夏の角川ヘラルドさんのラインアップ説明会でも
紹介されていたが、その際の主題歌(奥華子の楽
曲)がなかなかよかったので「ま、どんなもんかなぁ」
という感じで、先週梅田ロフト地下のテアトル梅田に
見に行った。

最近のミニシアターのアニメなんて、そんなに混む
こともないやろうと思っていたら、なにやら入場待ち
の人の列。映画館の方からも、チケット購入の際に、
整理番号が大きいので、「前の方の席になると思い
ますがよろしいですか?」みたいに恐縮された。

え?
なんで、こんなに混んでるのん?

と思い、映画館の方に「この映画、こんなに混んで
いるのですか?」と訊ねると、「そうなんですよ」との
こと。
その日の最終上映回は、ほぼ満席でした。

NHKの「タイムトラベラー」、大林監督+原田知世の
映画といった作品のやや重たい感じの湿度のある
質感とはうって変わって、カラッと乾いた、そして非常
に明るい現代的な青春モノに生まれ変わっていた。
特に、主人公の躍動感が特筆モノ。

それを生み出したのが、タイムトリップ(本作品では、
タイプリープと呼ぶ)の方法。
原作及び今までの映像化作品では、時空を飛ぶきっ
かけが受動的だったのですが、本作ではリープ(跳
躍)という表現どおり、主人公がジャンプしてゴロゴロ
と着地することによって過去の時空間に到達する、
つまり能動的に自らの意思で時間を飛べる。
これこそが本作の鍵。

ちょっとした気まずいこと、ちょっとした失敗のやり直
しに、せっかくの能力を、能動的に無駄遣いする。
う~ん、このお手軽なリセット感覚こそが今の青春。

でも、青春時代には、今から振り返るとほんとしょ~
もないことが、世界の一大事みたいに感じて、やり直
したかったもんだよなぁ。
その表現がうまい。

しかし、そのお手軽な繰り返しにより、主人公にとっ
てとんでもない重い事態を出来させてしまう。

それに対する、未来からの訪問者と主人公のおこな
うリカバリーがクライマックス。
このリカバリーの流れの中で、能天気だった主人公
の心理面に深みが増す成長がおとずれる。

ストーリー、アニメーション上の演出ともに高質。
特に、タイムリープの繰り返しを、同ポジの使用に
よって展開させるあたりが、「ああ、これこそが日本
のアニメの良質な作品なんだよな」と思わされる。

未来からの来訪者が現代にやってきた理由が少し
弱いとも思えるが、それはほんの小さな瑕疵だ。

Dsc08146
細田守監督の繊細で緻密な演出を味わいたかった
絵コンテを購入してしまった。

(ちょっと長いので、次のエントリーに続く)

<本作品のTB先>
『時かけ』の作品の質を評価しておいでのみなさん
にトラックバックを。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

|

« ああ、この日のライブが収録されたのかぁ。大塚愛ライブDVD | トップページ | アニメ映画『時をかける少女』と『ゲド戦記』をめぐる言説(その2) »

コメント

 はじめまして.
 管理人さんの感想を読ませていただくと, 「時をかける少女」はとても面白そうな作品のようですね. 「ゲド戦記」は観にいったことがあるのですが, 同時公開されていたこの作品は見逃しておりました. 予約が取れない映画館で上映なのでキツイですが, ゼヒ今度観にいこうと思います. とても参考になりました.

投稿: たけざお | 2006/08/17 00:48

たけざおサン、コメントありがとございました。

「時かけ」は、暖かく、明るく、素直に楽しめる
ほんとに良作でしたよ。
ぜひ、ご覧になってください。

「ゲド戦記」については、
ココ最近のジブリの作品から見て、
私はあまり食指を動かされないため
見ていないので、
内容についての評価はできません。

別に世間の評判が悪いからと言って
ご自分が良い、面白いと思うのがおかしい訳では
ないので、好きは好き、自分はここが面白かった
っていうことで、よろしいのではないでしょうか。

投稿: 六甲びと | 2006/08/19 13:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44021/11470155

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ映画『時をかける少女』と『ゲド戦記』をめぐる言説(その1):

» 時をかける少女 [新・CINEMA正直れびゅ<ネタバレあり>]
当初はまったく観るつもりなかったのだが、某サイトの評判をチラ見すると、突出して高くて驚いた。食わず嫌いはいかんね。「サイレントヒル」に続き、遅いレイトで観てきた。 [続きを読む]

受信: 2006/08/16 23:49

» ”時かけ”から”トキカケ”へ「時をかける少女」 [bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ]
今年の夏のアニメで 一番評価の高い 「時をかける少女」を 観てきました。 大阪での公開も3週目になるのに 場内が満席状態でびっくりしました。 原作はご存知「筒井康隆」 もう40年前の原作になるんですね。 高校2年生の「紺野真琴」が 自転車で遭遇した踏切事故の瞬間 時間を跳躍する体験をする。 それが「タイムリーブ」 それから自由に時空を超える 力を身につけるのだが・・・ 重なる謎と不思議な恋心〜 高2のひと夏のジュブナイル。 作品の出来から言え... [続きを読む]

受信: 2006/08/17 00:07

» 「トキカケ」見ました [ないとうの気ままな(?)日常]
というわけで、「時をかける少女」の劇場アニメを見てきました。 とりあえず、関連している本を並べてみます。 本来なら、映画のパンフレットも一緒にしたかったんですが、完売していたため手に入れられませんでした。 さて、視聴した第一印象は… 真琴ちゃん可愛い~の一言に表されるかもしれません(ぉ まぁ、いろいろ述べるとネタバレになるかもしれませんので、とりあえず、一言… 真琴ちゃん、タイムリープの乱用はほどほどにね…(ぇ そして、もう一つ… 真琴役の仲 里依紗ちゃん? 声色からして、個人的に岡村明美さ... [続きを読む]

受信: 2006/08/17 00:41

» 本当のジブリ映画は【時をかける少女】/物語の世界29 [坂崎いるか、作家への道&パートナーさがし日記]
名作、ゲド戦記とは?/時をかける少女/物語の世界28 で、 意外と評判が高いのが【時をかける少女 】 http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail/tymv/id324826/ であるが、岡山の上映はシネマクレール石関 で9/9かららしい。 7/22から神戸や大阪では上映され... [続きを読む]

受信: 2006/08/17 07:43

» 時をかける少女 [5125年映画の旅]
跳ぶ!17歳の女子高生が跳ぶ!アニメ版『時をかける少女』の主人公紺野真琴は、時間を飛び越える時、自らも跳ぶ!その時の開放感、美しさ、力強さ、そしてその後の頭突き(笑)。この一連のシーンに作品の『色』が詰まっています。この映画は「真っ直ぐに突き抜ける」そ...... [続きを読む]

受信: 2006/08/17 08:01

» 時をかける少女 [シネマ・カレイドスコープ]
細田守が『時をかける少女』を撮るとこうなるわけだ……いやもう素晴らしいというしか。 日本の誇るアニメーションの中でまた傑作が一つ生まれたと言っていいんじゃないだろうか。 キャラクターデザインは貞本義行。最初... [続きを読む]

受信: 2006/08/17 10:05

» 細田守版「時をかける少女」試写会 [ブエナビスタ]
いやー面白かった!爽やかな感動を味わえる映画でした。歌がながれる場面では思わず涙 [続きを読む]

受信: 2006/08/17 10:50

» ★時をかける少女(アニメーション)@テアトル新宿:8/4(金) [映画とアートで☆ひとやすみひと休み]
よかった!甘酸っぱくて、可愛くて、フレッシュで切なくて。真夏に飲む爽やかな炭酸飲 [続きを読む]

受信: 2006/08/17 14:19

» 「時をかける少女」 [ひねもすのたりの日々]
画面の隅々まで、その台詞と音楽の一つ一つの音まで、切なく瑞々しいジュブナイル。 [続きを読む]

受信: 2006/08/17 16:47

» 2006年の夏映画のベスト!『時をかける少女』 [海から始まる!?]
 いや~、スゴい! 私が観た回に関して言えば、上映時間を10分も遅らせるほどの客入りで、映画館は入場客でごった返し、この作品の評判&人気の高さを伺わせました。  舞台挨拶か何かがあるのかと思ったら全然そんなことはなくて普通の上映回で、係員には立ち見になるかもしれませんと言われてもいたんですが、列の前の方に並んでいたのに立ち見と聞いて帰ったお客さんがいたこともあってか、私はちゃんと席に座ることができました。... [続きを読む]

受信: 2006/08/18 22:48

» 時をかける少女 アニメ2006年 [勝弘ブログ]
http://www.kadokawa.co.jp/tokikake/予告動画シネプレックス幸手で鑑賞結論から書けばすばらしいの一言!主人公が時間を戻ることで出来事が変わっていく様子がおもしろく最後にはちゃんとストーリーがまとまってきれいに終... [続きを読む]

受信: 2006/08/18 23:01

» 時をかける少女 [azure bicycle]
 昨日、今日と二日連続で観に行ってしまいました、「時をかける少女」。  観終わった後、これほど胸をいっぱいにしてくれる映画ってとても久しぶりです。筒井康隆もパンフレットに書いていたとおり、現代的な共感を得るために主人公をハツラツとして能動的な少女にしているの... [続きを読む]

受信: 2006/08/22 00:42

» アニメ映画「時をかける少女」あなたも青春時代にタイムリープしてしまう。 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ ]
行って来ましたよ、この夏評価ナンバーワンの話題作、時をかける少女この映画のように都会の青空の下ですよ、テアトル梅田という小さな映画館(まだまだ満席)での限定上映に、朝眠気まなこで観てきました(笑) [続きを読む]

受信: 2006/08/22 16:28

» ◆「時をかける少女」 [日々平穏]
「時をかける少女」を見てきました。 公開してから1ヶ月近く経つのに映画館では整理券を配らなければならないくらいの凄い人気。 ネットでの評判も凄く良いです。 で、見た感想としては、これは物凄く当たり。 実は見たい映画ではありましたが、ここまで出来がいい...... [続きを読む]

受信: 2006/08/23 07:14

» 時かけ見てきたよ!感想です。 [転んじゃだめです。]
「時をかける少女」を見てきました! いっやー これは名作といわれるわけです。 普... [続きを読む]

受信: 2006/08/29 03:28

» 【劇場鑑賞93】時をかける少女 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
17才、戻ることのできない夏。 待ってられない未来がある。 [続きを読む]

受信: 2006/09/07 21:22

« ああ、この日のライブが収録されたのかぁ。大塚愛ライブDVD | トップページ | アニメ映画『時をかける少女』と『ゲド戦記』をめぐる言説(その2) »