« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007/02/25

世界女子カーリング選手権のグッズも届いた

Dsc01033

ミズノで販売されている、カーリング世界選手権の公式グッズも届きました(^^)

Dsc01034
↑Tシャツ。

Dsc01035
↑ポロシャツ。

Dsc01036
↑胸元には、大会のロゴマークが。 

これを来て、青森に遠征かな。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/24

神戸ウイングスタジアムに、TASAKIペルーレ大谷さん、磯崎さんの足型が

神戸ウイングスタジアムには、地元・神戸のスポーツチームで活躍した選手たちの足型パネルを設置している。

Dsc04949_1
↑ラグビー、神戸製鋼の平尾さん。

Dsc04950
↑同じく、ラグビーの元木選手。

Dsc04948
↑日本ラグビーのエース、大畑選手。

Dsc04951
↑我らがキャプテン、三浦アツ(ヴィッセル神戸)。

今年も9名の足型パネルが追加されるになりました。
その中に、初の女子スポーツ選手として、女子サッカー・TASAKIペルーレの磯崎選手と大谷選手のものが設置されることになりました。
女サカメモ(仮)さんもチェックしておられますが、明日、その序幕式が行われます。

TASAKIペルーレ公式サイト

他にも、ヴィッセル神戸の“右の翼”朴カンジョ選手。ラグビー日本代表候補にも選出された神戸製鋼スティーラーズのSH後藤選手。残念ながらトップリーグから降格してしまいましたが、ワールドの大ベテラン羽根田選手。
そして、神戸出身の女性シンガー、平松愛理さんも。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メキシコとのプレーオフに向かう女子サッカー日本代表、いよいよ発表されました!

女子ワールドカップ2007予選のプレーオフに向かう、日本女子代表チーム(なでしこジャパン)のメンバーが、昨日、JFAから発表になりました。

【GK】
山郷のぞみ(浦和レッズレディース)/福元美穂(岡山湯郷Belle)/海堀あゆみ(スペランツァFC高槻)

【DF】
磯崎浩美、下小鶴綾(TASAKIペルーレFC)/近賀ゆかり、豊田奈夕葉、岩清水梓、宇津木瑠美(日テレベレーザ)/安藤梢(浦和レッズレディース)/矢野喬子(神奈川大学)

【MF】
中岡麻衣子、阪口夢穂(TASAKIペルーレFC)/酒井與惠、澤穂希、大野忍(日テレ・ベレーザ)/柳田美幸(浦和レッズレディース)/宮間あや(岡山湯郷Belle)/宮本ともみ(伊賀FCくノ一)

【FW】大谷未央(TASAKIペルーレFC)/荒川恵理子、永里優季(日テレベレーザ)/丸山桂里奈(東京電力TEPCOマリーゼ)

強化のためのキプロス遠征合宿では、ノルウェーに1-0で勝利、スウェーデンとは2-2でドロー、スコットランドに2-0と2勝1分けという結果をおさめ、それなりの成果をあげられたと伝えられている。

スポナビ・キプロス遠征リポート 記事

昨年のアジア大会壮行試合から復帰で、相変わらずのスケールの大きさを見せた宮本選手。合宿で澤選手の不在を補って余りあるプレーを見せたと言われる宮間選手。MFの次元を超える得点力を持つ阪口選手。遂に本調子を取り戻してきた、ボンバー荒川選手。
そして、なにより、チームの精神的支柱である、我らがキャプテン磯崎選手、などなど。

あと2週間、ぜひ良い準備をして、メキシコを撃破して、ワールドカップ出場権を確実に獲得してほしい。

さらに、注目は、なでしこリーグでも劣勢の中でビッグセーブを連発する海堀選手。フル代表には初選出で、山郷、福元両選手をおさえて出場機会を得ることは難しいと思いますが、良い体験にして欲しいものです。

<本エントリーのTB先>
TASAKIサポ仲間のForza!TASAKIペルーレFCさんも、すでに3月10日のチケットを確保済みとのこと。
ベレーザサポの、たかまるのちょっと一言さんやLeftyサポの戯言…。さんも、3月10日に向けて、気合が入っているようです。
サッカーのある生活さんも、女子代表にも注目をしてくださっています。

最後に、女子サッカー関連記事なら女サカメモ(仮)さん。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2007/02/23

女子カーリングの日本選手権が始まっています!

第24回日本カーリング選手権大会(女子の部)が、昨日から、北海道の妹背牛カーリングホールで始まっています。

来年の世界選手権への日本代表としての出場権を争う、チーム青森チーム長野、両者(いや、他のチームも)にとって大事な試合。

本日、2日目になりまして、予選リーグ(ラウンドロビン)も中盤まで進んでいます。

で、驚きなのが、昨年も小野寺さん、林さんがまだ在籍していたチーム青森を破り大旋風を巻き起こしたチーム常呂中
冬季アジア大会で銀メダルを獲得したチーム長野に、10-3で快勝。
ほかの試合でも、ビッグエンド連発で3連勝。
4連勝のチーム青森と並んで無敗です。

一方、チーム長野は、緒戦のチーム青森にも完敗し、1勝2敗という立ち上がりは、もしかしたらアジア大会決勝の逆転負けのショックがまだ尾をひきずっているのでしょうか。

(たぶん)公式ブログ
東奥日報記事
日刊スポーツ記事

いや、ほんま、チーム常呂中は、末恐ろしいですよ。

ps;チーム強力って、狙ったネーミングだなと思ったら、スキップが強力さんでした…。

<本エントリーのTB先>

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/22

今日は堀江の隠れ家バー3

今日は堀江の隠れ家バー3
店の名前は、『夜半の月』
最近は、表にも看板が出ているので、わかりやすくなっています。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は堀江の隠れ家バー2

今日は堀江の隠れ家バー2
店の中も、なんとなく淫靡な感じ。
ワインと生チョコなんぞ。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は堀江の隠れ家バー

今日は堀江の隠れ家バー
普通の雑居オフィスビルの中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大徳寺・聚光院、今年の特別公開は見逃すな

恒例となっている、冬の閑散期に行われる、京都の非公開文化財特別公開

その中でも、大徳寺の非公開塔頭寺院は、特別公開の定番となっています。

大徳寺は、その境内のたたずまいから、私が最も好きな寺院の三本の指に入るお寺。

Dsc00782 Dsc00784 Dsc00802 Dsc00809 Dsc00812 Dsc00810

中学生の行き始めの頃は、塔頭の常時公開は8寺院くらいあったように記憶しているが、いつの頃からか4寺院(大仙院、龍源院、瑞峯院、高桐院)しか公開しないようになり、そのほかの塔頭は、特別公開の時期に2寺院ずつくらい、順繰りに公開されるようになりました。

さて、で、今回の特別公開寺院は、真珠庵と聚光院。

続きを読む "大徳寺・聚光院、今年の特別公開は見逃すな"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/21

野球の人気は、本当に洗脳だったのか?

さて、ちょっと書いてみると言いながら、なかなか筆の進まなかった「“野球”対“サッカー”」議論についての考察ですが、ようやくいくつかエントリーをしてみます。

まず、今回は、野球に対しての批判のひとつの典型例としてよくある、「日本に野球の人気はメディア(とアメリカ)の洗脳」という言い方について考えてみます。

これに関しては、
過去数十年、野球がたしかに否定しきれない人気を持っていた点についてメディアが与えた影響の議論と、
現在、明らかに人気が低迷し始めている中での、それでも過剰に野球に固執しているように見える(それを、「防衛軍」と称することもある)メディアの行動に関する議論は
十分に分けた方が良いと、私は思っています。

今のマスメディア、特にテレビを中心とする、野球に関するかなり偏った言説は、(特に古館の『報道ステーション』を代表に)たしかに限度を超えている部分はあり、かなり胡散臭い状況にあります。
これを見て、アンチの方が、メディアによる野球洗脳という表現をすることも、ある程度は仕方がないかなとも思います。

しかし、では、過去数十年の野球の人気までが、メディアによる“洗脳”の結果による、外部からつくられた砂上の楼閣、幻想であったのでしょうか。
今の野球人気の長期低落傾向は、“洗脳”が解けたということなのでしょうか。

続きを読む "野球の人気は、本当に洗脳だったのか?"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/02/20

そう言えば昨日2

そう言えば昨日2
日テレベレーザのサイン入りユニ。
ボンバー荒川のサインは、相変わらず。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

そう言えば昨日

そう言えば昨日
久しぶりに仕事で日テレ。
いつものように日テレ屋に寄ると・・・。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/19

今日は3

今日は3
法善寺横丁の鉄板焼き、三平さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は2

今日は2
出張から戻り、ミナミの鉄板焼き&お好み焼き屋さん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日は

今日は
東京出張帰りに、富士山が美しく見える。
なんとなく、日本人としてうれしいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/18

リノベーションの参考となるオープンハウス

あまりにすごいプロジェクト過ぎて、参考にならない求道学舎再生プロジェクトとは異なり、こちらは、リノベーションのオープンハウス。

Dsc00687

わたしがずっと相談をしている、大阪のリノベーションの先駆者的存在の中谷ノボル氏Arts&Craftsさん。
リノベーションが終了した物件の引渡し前や、あるいは自己事業としてリノベーション物件の販売などする際に、オープンハウスをしてくれることがある。
ということで、先日、本町の一戸建て物件のオープンハウスを見てきた。

Dsc00685 Dsc00698

古い都市である大阪も都心部には町屋があった訳で、京都ほどではないがやはり間口の狭い鰻の寝床的な敷地。
そこに建っていた家を、外装から思いっきりリノベーション。

Dsc00688
駐車場の奥に、玄関が。

Dsc00696
二階は、キッチン&ダイニング。
キッチンは、ステンレス製のオリジナル。

Dsc00693
三階は、居間寝室。

Dsc00692
逆側を見ると、水周り。
ガラス窓のあるバスルームに、洗面スペース。

Dsc00689
屋上は、こんな感じ。

Dsc00690
3階建てだけに、階段も大事。

わたしがやりたいのは中古マンションのリノベーションなので、一戸建ての物件そのものは100%真似できる訳ではないが、例えば、バスルームなどの水周りとか、オリジナルなキッチンなど、部分部分は参考になるかな。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/17

求道学舎再生プロジェクトは、すごいプリノベーションすぎて、参考にもならない(^^;)(その2)

さて、そんな武田五一の求道学舎の再生プロジェクト。

文京区本郷の東京大学正門の近く、元々は浄土真宗大谷派の僧侶・近角常観が廃墟を利用して始めた学生寮 求道学舎があった土地に、教会としての求道会館と、学生寮としての求道学舎が建てられました。

求道会館の方は、東京都の有形文化財に指定され、既に修復工事を完了していたのですが、それに引き続き、求道学舎の方が、定期借地権分譲+コーポラティヴ・ハウジングというスキームで事業化し、しかもスケルトン・インフィルという手法で歴史的建造物の再生をしたとのことです。

続きを読む "求道学舎再生プロジェクトは、すごいプリノベーションすぎて、参考にもならない(^^;)(その2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/16

求道学舎再生プロジェクトは、すごいプリノベーションすぎて、参考にもならない(^^;)(その1)

先日、ビンテージマンションのリノベーションをしたいなぁというエントリーをいたしました。

そんなこんなで、いろいろと候補物件を探したり、リノベーションの事例なんかを見学に行ったり、あるいはネットで情報検索などしているんですが、超ド級とでも言うべきリノベーションの事例を発見しました。

それが、東京の求道学舎の再生プロジェクト

プロジェクト公式サイト

求道学舎と言えば、関西建築界の大重鎮であった武田五一氏の設計の東京最古のRC造集合住宅として、日本建築史上でも貴重な作品。
武田五一の作品はほかもたくさんありますが、たとえば京都の美術館、藤井有鄰館。
Dsc01557 Dsc01560
Dsc01559 Dsc01562

続きを読む "求道学舎再生プロジェクトは、すごいプリノベーションすぎて、参考にもならない(^^;)(その1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/15

スーパー子役、志田未来ちゃんのCF2本

以前から注目だと言っていましたが、ドラマ『14才の母』で、もはや私レベルがそんなこと言わなくてもいいくらい、完全に子役スターになってしまった志田未来ちゃん。

その志田ちゃんが、CF2本に登場しています。
au by KDDIの方には、少し前から登場ですが、2月に入ってからでしょうか、ハウス食品のフルーチェにも。

au by KDDI アドギャラリー
ハウス食品 TVCM;フルーチェCの果実

志田未来のぽっと。サンは、you tube画像を貼り付け。こちらの方が見やすいですね。

auの方は、なんとなく14才の延長線上の感もなくはないですが、フルーチェの方は、今までの志田ちゃんのイメージとはかなり異なる、思いっきりアイドル的な演出になっているな。

もう一人、同じスーパー子役の福田麻由子嬢は、『女王の教室』に続く、天海祐希の“女王”シリーズのドラマ『演歌の女王』に出演中ですが、こちらはこちらで微妙な役。

はっきり言って、この二人が、この「子ども」世代の役が出来る期間はあとわずか。
今しかできない、子役としての旬をきちんと全うさせてあげるために、もう少し慎重に役設定をしてあげて欲しい気がするのですが・・・。

成海璃子(福田麻由子12歳、志田未来13歳に対して、14歳。…って、14歳に見えないよなぁ)は、役柄をよくコントロールされている感じがするので。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007/02/14

おおっ、これはスーパーゴール集!!と思いきや…

you tubeをめぐって、サッカー関連の画像をあさっていたら、おもしろい映像集を発見した。

スーパーロングシュートあり、相手にものの見事に競り勝って叩き込んだヘディングシュートあり、ゴールキーパーの位置を見極めた冷静なシュートあり、とみごとなゴールを集めた動画集。

んん、でも、その割りにはBGMが、ちょっとコミカル…

Owngoal
you tube画像

うわぁ、オウンゴールだったのかぁ・・・。

でも、ふつうにシュート打っても入らないようなゴールが多いなぁ。

3分20秒あたりの、ポーツマス対クリスタルパレス戦のスーパーヒールショットなんか…。

も、ひとつおまけに、おもしろいオウンゴールの画像を。

Funnyowngoal
you tube画像

こ、これは、恥ずかしい・・・(o-_-o)ポ

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/02/13

わずか高速道路2kmで救える難病患者たち(2)

幸い、特定疾患治療研究事業の対象疾患からのパーキンソン病及び潰瘍性大腸炎の「適用除外」は見送りとなった。
しかし、昨今の政府の他の施策、例えば障害者自立支援法なども見ていると、下手すれば、またぞろすぐ、適用除外の疾患を拡大し、難病への医療費補助を縮小するという動きがおこりそうに思えてしまう。

財政再建のために、それだけ問題になっている、特定疾患治療研究事業の年間の公費負担総予算額は、約240億円とのこと。
また、障害者自立支援法の下での自己負担・応益負担の導入で、節約できる税金は、こちらも年間250億円程度だとのことだ(ある政治家の国政報告会での発言からのメモです)。

この240億円、250億円という金額は、絶対額として見れば、たしかに大きなものであり、きわめて厳しい財政状況の中で、もちろん無視してよいものではありません。

でも、一方では、多くの政府地方位自治体の浪費を見ていると、もっと他にこの金額を捻出する方法はあるのではないだろうか、という疑問も起こってきます。

続きを読む "わずか高速道路2kmで救える難病患者たち(2) "

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/02/12

わずか高速道路2kmで救える難病患者たち(1)

政治的な話題に関してのエントリーはあまり得意ではないのですが、限られた同じ費用で何を優先すべきなのかという点で、自分の中では、昨日エントリーした募金の件に関連している問題なので、ちょっと書いてみます。

日本の医療施策として、「特定疾患治療研究事業」という難病患者の医療費の助成制度があります。
現在の健康保険診療では、治療費の自己負担分は一般に3割相当となっていますが、「原因不明、治療方法未確立であり、かつ後遺症を残すおそれが少なくない疾病」を対象に、その自己負担分の全額または一部を公費負担として助成しています。
現在は、45疾患、約54万人がこの制度の支援対象となっているとのことです。

しかし、患者数の増加で公費負担が膨らんだため、昨年夏から厚生労働省は対象の見直しを進め、昨年12月の段階に潰瘍性大腸炎とパーキンソン病について公費負担の適用範囲縮小を発表しました。

朝日新聞記事
讀賣新聞記事

続きを読む "わずか高速道路2kmで救える難病患者たち(1)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/02/11

法善寺横丁Wasabi 4

法善寺横丁Wasabi 4
デザートもあって、こんなチョコもついてくる。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

法善寺横丁Wasabi 3

法善寺横丁Wasabi 3
〆には、お茶漬けです。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

法善寺横丁Wasabi 2

法善寺横丁Wasabi 2
串揚げには、やはり白ワインも。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

法善寺横丁Wasabi

法善寺横丁Wasabi
ハートランドの瓶ビールがあるんですよ。
で、前菜のスープなどをサーブいただく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新感線(染)のあとは2

新感線(染)のあとは2
串揚げとワインのお店。
Wasabi。
こんなカウンターのお店。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新感線(染)のあとは

新感線(染)のあとは
法善寺横丁に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新感線(染)です2

新感線(染)です2
いのうえ歌舞伎『おぼろの森に棲む鬼』。
市川染五郎の悪役っぷりもいいけど、秋山菜葎子のかっこよいこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新感線(染)です

新感線(染)です
松竹座です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

難病児の手術費用募金について考える

一応、騒ぎもおさまったようなので、もうエントリーしてもいいだろう。

昨年の終盤、ネット界の一部で批判的言辞にさらされた事件として、海外、特に米国での臓器移植手術に頼らざるを得ない難病児への手術費用支援の募金「〇〇ちゃんを救う会」に関する問題(批判派からは「死ぬ死ぬ詐欺」という表現も)があった。
昨年後半からいくつかの募金運動が並立しているが、その中でも大きな批判を生むきっかけとなった個別事例が、今年の正月の毎日新聞で、ネット批判と言うスタンスでその顛末が再掲載されたので、今まで知らなかった人も気がついたかもしれない。

この記事のせいで、再度火がついた感もあったが、とりあえずは手術も成功したらしく、ひと段落したというところか。
(批判していた人も、一部を除けば海外での移植手術の是非と募金の方法論に関しての疑義を投げかけていただけだったので、難病児の手術が成功に終わったことには喜んではいるようだ。)

続きを読む "難病児の手術費用募金について考える"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/02/10

塩屋のシンボル、竹内油業寮(旧グッゲンハイム邸)は、個人の方が保存のために購入!

先日、須磨離宮道のランドマーク、旧室谷邸の解体という悲しいニュースについてエントリーをいたしましたが、今回は嬉しい、すばらしいニュースが!!

神戸西部の塩屋の町は、昭和初期から、神戸の外国人の別荘地として開かれた土地。
特に、塩屋駅から北西へ急坂をのぼったジェームス山と呼ばれる一角は、英国人貿易商アーネスト・ウイリアムス・ジェームス氏が、広大な山を買い取り、自宅を含めて、英国人専用の貸住宅街を建てた場所で、多くの外国人が闊歩していました。
町のシンボルとなっているライオン像や、赤い洋瓦と円型展望塔がある旧ジェームス邸(現在三洋電機の迎賓館<望淡閣>として使用)など、北野とはまた違う雰囲気の異人館・洋館住宅が建ち並び、独自の雰囲気をもっています。

そして、同じ塩屋駅の東北にも、JRの線路際に、電車の中からも見ることができる洋館の建ち並ぶ一角があります。Shioyatakeuchi2

異人館・竹内油業㈱塩屋寮( 旧グッゲンハイム邸 )は、その美しいたたずまいと、塩屋の駅や電車車中、海沿いの国道2号線からその姿をのぞむことができることから、塩屋のシンボルになっていました。

グッゲンハイム邸はじめ塩屋異人館の画像アルバム

旧グッゲンハイム邸は、神戸・北野の「シュウエケ邸」などを手掛けた英国人建築家アレクサンダー・ネルソン・ハンセルの設計で、1916年に、ドイツ人貿易商であるグッゲンハイム氏が自宅として建築。

昭和40年代に、竹内油業という石油販売会社の社員寮となりましたが、阪神・淡路大震災や台風などで被災し、数年前から無人となっていました。公開もされておらず、その保存について、心配されていたのですが、このたび、この塩屋のシンボルを守ろうと、一人の方が立ちあがったというニュースが。

神戸新聞記事

いやぁ、すばらしいなあ。
こうやって、歴史というのは、次の世代に引き継がれていくものなのです。
寄付にはわたしも協力したいと思います。

<本エントリーのTB先>
塩屋地区の散策のようすをエントリーされているひろの東本西走さん
美し都 神戸からさんも、舞子から塩屋近辺を散策されているようすをエントリー。

この嬉しいニュースを、MINUTES / 旧室谷邸の解体を考えるサンに、『第二の室谷邸を出さないために』というエントリーにも伝えておきます。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/02/09

たたずまいのある駅

たたずまいのある駅
もうすぐ建て替えになってしまう最寄りのJRの駅。
ふだん、余り気にしないけど、改めて見ると良いたたずまいだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京出張3

東京出張3
東京駅の構内でも、バレンタインデイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京出張2

東京出張2
いつもの焼き鯖寿司ではなく、今日はかに寿司で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京出張

東京出張
昼に移動だと駅弁になるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんと、カーリング世界選手権は、NHK-BSで大量中継!

今年3月17日から25日までの9日間、チーム青森の地元、青森市で開催される世界女子カーリング選手権

青森まで行くのはなかなか大変だけど、昨年のトリノのように観戦できればなぁ、とお思いのみなさんに朗報!

なにやら、NHK-BSで、ラウンドロビンの日本代表(チーム青森)戦が、全試合録画で放送があるようです。

中継予定(その1)
中継予定(その2)

なぜかドイツ戦が多くなっているんですが、たぶんなんかのミスでしょう。解説は、トリノでもその解説のわかりやすさとカーリングへの愛、相手国へのリスペクトが好評だった小林宏さんに、小野寺さん!

武田薫は、また言うんだろうな。カーリング中継見るために、NHKの受信料払っているんじゃないって。

<本エントリーのTB先>
mkおやじのおばかな独り言さんは、いち早く、この中継のニュースに反応されておいででした。

小林さんの解説については言うまでもないかと思いますが、思い出すために、以下のブログのみなさんのエントリーをご参考ください。

武田薫云々の意味がわからない方は、以下のブログのみなさんのエントリーをご参考ください。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
クリックお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007/02/08

今週末、賀川浩さんの講演が神戸で

サッカーライターの“御大”後藤健生さんすら頭があがらないという、現役最年長サッカーライター賀川浩さん

サッカーマガジンの「2006年ワールドカップドイツの旅」が丁度今週号で連載最終回になったのですが、今週末、神戸で前回の西ドイツ大会から今回のドイツ大会までのワールドカップについての講演をされるとのこと。

サロン2002関西例会
「ワールドカップの旅74-06」

演者…賀川 浩(フリーライター・関西クラブユースサッカー連盟顧問) 

日時】2月10日(土)16:00~18:00
    終了次第、懇親会を予定。
会場】ユーハイムホール
会費】1000円
申込】希望者は、氏名、連絡先、クラブ名をinfo@fcjapan.co.jpまで。     

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

チーム青森、よりいっそうの成長のために…

一昨日(2月5日)の神戸新聞の夕刊のスポーツ欄に、軽井沢国際に出場して3位となったチーム青森に関する記事が掲載されていた。

Dsc00684

検索してみたら、日刊スポーツの記事の転載のようだった。

サードの本橋は「いい意味で経験を積めた」と外国勢と真剣勝負を重ねたことを前向きにとらえていた。

そうなんですよね。
カーリングは、ゲーム中の戦略修正がきわめて重要と思われるスポーツ。
その点は、練習だけではどうしようもなく、自チームと同レベルあるいは実力上位のチームとの真剣勝負の繰り返しによって、試合の中で学んでいくことが大切なのではないか、と思う。(もちろん、すべてのスポーツに当てはまることだが、カーリングにとっての試合の重要性は、よりいっそう高いように感じる)

だから、強くなるためには、国内で勝って、国際大会で、カナダや北欧などの強豪国の代表チームとの真剣勝負の機会を逃さないことが大切だろう。

チーム長野とチーム青森、その機会をより多く捉えるのはどちらだろう。

<本エントリーのTB先>
カーリング娘とちょいワルおやじpart5さんは、軽井沢国際の写真をUPしておられます。
mkおやじのおばかな独り言さんも、軽井沢国際の銅メダルを報告。。
~逆境男の日々~さんは、マリリンのみフィーチャーするメディアに苦言!

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/07

被害者参加裁判制度は、本当に大丈夫なのか?

当ブログでは、あんまり、政治時事ネタについてはエントリーをしてきていなかった。

例えば、柳沢厚生労働大臣の「“女は子どもを産む機械”発言」とやらも、多くのブログでネタになっているようだが、あまりエントリーのネタとしては、食指が動かない。
もちろん少子化に対する厚生行政について、考える部分もあるのだが、今のメディアの報道を発端とするネット界でのやりとりは当該文脈の中での柳沢大臣の言葉遣いの問題や、厚生行政の不備に対するきちんとした批判という以上に、メディアのフレームアップ機能の暴走による議題設定に本質的に大きなずれがあり、辟易しているという方が事実だ。

しかし、そんな中でも、最近のニュースで非常に気になり、しかもメディアの議題設定がきちんとなされていないものが一件あったので、それについて、少し触れておこうと思う。

続きを読む "被害者参加裁判制度は、本当に大丈夫なのか?"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/02/06

今夜は、こちら2

今夜は、こちら2
本日、福山雅治の誕生日で、えらいことになってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜は、こちら

今夜は、こちら
福山雅治@大阪城ホール。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴィンテージ・マンションという考え

街のストックとなりうる、建築後、一定の期間がたった、古くて良質なマンションを「ヴィンテージマンション」と呼ぶことがある。

初めてメディアに登場したのは、2、3年前あたりらしいが、その正確な定義は特にあるわけではない。

一部では、東京の「築後10年以上たち中古坪(1坪は約3.3平方メートル)単価300万円以上のマンション」(日経ネット記事)という定義もあるようであるが、坪単価の高さは結果であり、本来は住空間としての質の高さの方が、重要であろう。

だいたい、逆に、安い方が、求める側としては、ありがたい訳で。

ということで、関東・東京で、ヴィンテージマンションを専門に紹介するサイトなどもできている。

ヴィンテージマンション・カタログ

関西では、広尾ガーデンヒルズに匹敵する、規模と住空間のクオリティと資産価値とを持つマンションは、そうないと思う。あるとすれば、ここかなぁ・・・。
Dsc00400_1

でも、逆に言えば、クオリティはあるけど、そこまで値段が高くなくて、継続して住み続けるにはリーゾナブル。
また、もし今後、中古マンションの価格に見直しが入った場合には、資産価値としてもプラスに転化するような物件が、阪神間を中心に、あるんじゃないかなぁ。
たとえば、ということで、ここらへんはいかがでしょ?

18722 Dsc00545 Dsc00555 Dsc00620 167420707_26 Dsc00519

さて、わたしは、こういったマンションを購入し、思いっきりリノベーションするってなことを妄想していますので、もし、その動きが本格化した場合には、またこちらのブログで継続的に報告していきたいと思います。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/02/05

少しずつ、一歩ずつ Jと女子サッカーの連携、準加盟チームでも

以前、トリニータの女子サッカーチームのセレクションについてエントリーをしたことがあるのだが、このように、Jリーグのチームが女子サッカーのチームと連携をしてくれることは嬉しい。
恵まれないことの多い女子サッカーの環境が、Jリーグとの連携で高められ整備されてると、よりいっそう女子サッカーのレベルもあがってくれるのではないだろうか。

さて、そんな中で、Jだけではなく、準加盟(しかも予備軍)のチームの中からも、女子サッカーとの連携をはかろうという動きが。

今月の準加盟に向けての準備を進めている 栃木SCが、地元の女子サッカークラブ、ブランカFCを、4月から傘下として、栃木SCブランカとするとのこと。
しかも、ブランカFCの代表を務める手塚貴子さん(地元栃木出身の元日本代表、初期のLリーグでベレーザを牽引した名選手)が、栃木SCの普及育成部長に就任したという関係かららしい。

⇒栃木の下野新聞記事

ぜひぜひがんばって、女子サッカーの底上げに貢献してください。

TASAKIペルーレとヴィッセル神戸も、連携の方法をさぐってほしいものです。

<本エントリーのTB先>。
サポーターの栃木SC@撮り隊さんも、このニュースに注目しておられます。
Jリーグの観客動員数を語るblogさんは、栃木SCの昨シーズンの入場者数をまとめておられます。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
クリックお願いします。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007/02/04

元チーム青森、小野寺さんと林さんが、北見市の観光大使になっていた件

相変わらずチェックが遅く、エントリーの時期に出遅れが目立つわたし。

今月頭の2月1日に、トリノ五輪女子カーリング代表の小野寺さんと林さん
Teamaomori2
が、出身地である常呂町が合併したした北見市の北見観光協会などから「きたみ観光大使」に委嘱されたとのこと。

北海道新聞記事

二人は全国各地を講演などで訪れた際、北見のPRをしているが、小野寺さんから「観光大使になれば、もっと宣伝がしやすい」との話が出た。これを受けた市は北見観光協会、コンベンションシティ北見推進協議会と協議、委嘱を決めた。

とのことだが、たしかに、二人の各所でのトークショー(?)や講演のニュースも、よく見かけます。
たとえば、動画で見られるものはこちら。
北海道新聞道新ぶんぶんクラブ講演会
Tokohama
you tube(常呂物産編)画像

おお、たしかに、小野寺さん、がっつんがっつん北見の特産品をアピールしているぞ(^o^)。

おまけ⇒you tube(カーリング編)画像
こちらは、カーリングについて、トリノについて、しゃべっていますね。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
クリックお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007/02/02

高原、森本のゴールは、現地でどういう反応か。

先週末のヨーロッパサッカーで、高原と森本が得点を挙げた。

特に森本は弱冠18歳、日本人最年少での欧州リーグでの得点、それも初出場の試合、交替出場からわずか4分で初シュートをゴールに突き刺すという衝撃的デビュー

Morimoto
you tube画像

さて、そんな日本人選手たちが、実際現地ではどのような反応なのか、ということを気にしてさがしていたら、シチリアにシチリア菓子の勉強に行かれているイタリア料理スローフード生活さんが、地元ということで新聞や当日夜の現地テレビでの森本のようすを紹介されています。

バンザイ・モリモト!-森本選手、カターニアを救う

その一部のやりとり

「イタリアに来る前、イタリアについて、何を知ってたの?」
「パスタだけ」

「パスタ以外では何か知らなかったの?」
ワールドカップのチャンピオンってこと」

「オオーーーーー」
(会場、喜びで盛り上がる、モリモト選手、うまいぞ)

ふむふむ、なかなか溶け込んでいるんですかね。

今週のナンバーでのインタビューでは、プリマベーラでは別格の存在感を示しながらも、セリエAのトップチームへのデビューへの焦りはあまりない、と言っていますが、今後はずっとトップチームに帯同するのでしょうか。

さて、一方の高原。

中田ヒデ超えなんてのは、まあ置いておいても、たしかにフランクフルトでの今シーズンはなかなか良い動き。もちろんチャンスキラーと言われた絶好機をふかすこともまだあるけれど、ハンブルグの時と違って、チャンスが複数回あるから、安心してアタックできているのかもな。

さて、そんな高原関係の映像で良いもの見つけた。

Takahara
you tube画像

ゴール裏のフランクフルトサポーターの高原チャント。

「ナオヒロ・タカハラ!ラララ~ララ♪」

おおっ!良い感じで、サポーターに受け入れられているんじゃないか。今週のサッカーマガジンのインタビューでも、フランクフルトのことを“第二の故郷”と思えるって言っていたが、なんかよい関係性が築けている感じがする。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

アジア冬季大会、カーリングは男女とも銀メダル

うわぁ、残念。
アジア冬季大会でのカーリング、男子女子とも、決勝戦で韓国に敗れて、銀メダル

男子決勝result
女子決勝result

特に、女子のチーム長野
第8エンドまで4点差で勝っていながら、まさかのラスト2エンドで逆転負け。
これは痛い、痛すぎる。
チーム長野としては、ユニバーシアードで銅メダルを取ったチーム青森に対して、国内2強の意地からも、タイトルをきちんと取って、日本選手権に向かいたかっただろうに・・・。
前のエントリーでも書いたけど、チーム長野は、どうも、いったん崩れると立て直しに時間がかかるような印象があるが、それがこの土壇場で出るとは。

一方、チーム青森は、ユニバーシアードのトリノから帰国後すぐ、軽井沢国際に出場。時差ぼけもとれていないんじゃないだろうか。

軽井沢国際カーリング大会公式
東奥日報 2日目の結果

チーム青森、チーム長野、次は北海道・妹背牛で2月末に開催される日本選手権で直接対決です。

また、2ちゃんの奇跡の中継があるのかな(^^)

<本エントリーのTB先>
48℃の風呂さんも、チーム長野の逆転負けに(´・ω・`)ショボーン
日頃、思うことさんも、アジア大会にも注目されていたのですが。

また、mkおやじのおばかな独り言さんは、いちはやく軽井沢国際の方に意識がいっておいで。
カーリング娘とちょいワルおやじpart5さんは、なんと軽井沢国際まで足を運ばれています。すごい!

いつもどおり最後は、カーリングファンの間では一番有名なスポーツ店(^^)、青森のイシダスポーツさんの青い森からこんにちはサンにもTBを送っておきます。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/02/01

今夜は、こちら2

今夜は、こちら2
かわり串が、いいんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜は、こちら

今夜は、こちら
ま、いつもの博多串焼きの、バッテンよかとお。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »