« 野球の人気は、本当に洗脳だったのか? | トップページ | 今日は堀江の隠れ家バー »

2007/02/22

大徳寺・聚光院、今年の特別公開は見逃すな

恒例となっている、冬の閑散期に行われる、京都の非公開文化財特別公開

その中でも、大徳寺の非公開塔頭寺院は、特別公開の定番となっています。

大徳寺は、その境内のたたずまいから、私が最も好きな寺院の三本の指に入るお寺。

Dsc00782 Dsc00784 Dsc00802 Dsc00809 Dsc00812 Dsc00810

中学生の行き始めの頃は、塔頭の常時公開は8寺院くらいあったように記憶しているが、いつの頃からか4寺院(大仙院、龍源院、瑞峯院、高桐院)しか公開しないようになり、そのほかの塔頭は、特別公開の時期に2寺院ずつくらい、順繰りに公開されるようになりました。

さて、で、今回の特別公開寺院は、真珠庵と聚光院。

特に、今回重要なのは、聚光院の方。

Dsc00813聚光院山門

Dsc00814_1 Dsc00822
↑聚光院玄関への路地

と言うのも、聚光院にある至宝と言っても良い襖画を、実地に見ることができる最後の機会なので。

聚光院の襖絵は、そのすべてが、日本最大の絵画集団である狩野派の初期、その名声を不動のものにした天才・狩野永徳、そしてその親の狩野松栄の手になるもので、全46面すべてが国宝に指定されている。

日本の絵画の場合、国宝だから必ず美しいという訳ではないのですが、聚光院の襖絵に関しては、室中の「花鳥図」と檀那の間の「琴棋書画図」は、24歳という青年期の天才・永徳ならでは、力強い筆致と鋭い描写力、颯爽とした画風で、やはり納得させられるものがあります。

今回の特別公開を最後に、本物の襖絵は保存修復のために、京都国立博物館に寄託され、現地のものはレプリカに取って代わってしまいます。

以前、応挙寺として有名な兵庫県・香住の大乗寺でも、円山応挙の襖絵が、収蔵庫に収められる前に訪ねたことがあったが、今回も、良いタイミングで行くことができた。

みなさんも、ぜひ、博物館に収蔵される前に、現地のたたずまいの中で、その筆致に触れてください。

<本エントリーのTB先>
関西おいしいもの♪さんも、この襖絵を「みなさんも、是非、ご覧になってください!! 」とのこと!

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
クリックお願いします。

|

« 野球の人気は、本当に洗脳だったのか? | トップページ | 今日は堀江の隠れ家バー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44021/14002408

この記事へのトラックバック一覧です: 大徳寺・聚光院、今年の特別公開は見逃すな:

« 野球の人気は、本当に洗脳だったのか? | トップページ | 今日は堀江の隠れ家バー »