« 勝利で、前半90 分折り返し | トップページ | いよいよ今週末に迫った、世界女子カーリング選手権@青森に向けて、気持ちを高めていきますよ »

2007/03/11

昨年のOptaデータのレポートが、まとまっていた件

すでに開幕してしまったあとにエントリーするのもどうかと思いますが、Jリーグ公式サイトで発表になってたJ.League Stats Report 2006

昨年のJ1、J2の各チームのOptaのデータを総括したもの。
ただし、あくまでも2006年のレポートなので、ヴィッセル神戸含むJ1復帰の3チームは、昨年のJ2の結果だから、他のJ1のチームとの比較は難しいのではあるが…。

さて、うちのヴィッセル神戸のレポートはこちら(pdf)

曰く、
「サイドを起点に、前に早く」
「前線からのプレスでコンパクトな守備を形成」

とのこと。

この総括、けっこうおもしろくて、昨年ずっと試合を見ていた者として、納得いく部分と、まったく意外な部分があります。
また、総括の表現として、微妙に間違っている部分もあるような。

まず、アタックに関してなのですが、パスのレシーブ数がもっとも多いのが三浦アツと朴カンジョで、しかも受けている位置が両サイドの高めの位置。特に圧巻は、朴カンジョがペナエリア角のから外側にかけてのエリアで、401本ものパスを受けていること。アツのレシーブ数の最多のエリアでも265本だというのに。
左サイドのディフェンダーやMFの底からダイナゴラルなライナー性のパスを右足インサイドで受け止めるカンジョ、あるいは右サイドのディフェンダーやMFから縦の浮かし気味のパスを相手DFに競り勝ち前に持っていくカンジョというシーンは、ヴィッセルの試合を一定数ご覧になったファンなら、ぱっとイメージできると思う。
そして、そこからアーリークロス、内に切れ込んでのシュート、あるいはえぐりきってからのクロスなどが、昨年のヴィッセルのアタックの基本形であったのはたしか。

しかし、“サイドを起点”という表現は間違いでしょ。
「サイドを起点に⇒前に早く」の順番ではなく、起点はDFの両サイドやMFの底で、そこから「前に早く⇒サイドから決める」ってな表現の方が正しいと思うぞ。

それから、守備の方ですが、アタッキングエリアでのFWのタックル、さらにブロック数が1位。
しかも、DFのタックルラインの高さも1位で、さらにFWのタックルラインとの距離の短さも1位。
さらに、DFラインの空中戦勝率もトップ。
さすが、トーメ、北本や柳川。
つまり、DFラインを高めに設定し、前線からも強力なチェックをし、それを逃れるためにロングボールを入れられても、DFラインが跳ね返すということ。
バクスターの守備に関するコンセプトが、達成されていたということだろう。これは、納得いくな。

しかし、ちょっと違和感があるのがファウルについて。
ファウルが多いが、ディフェンスゾーンでのファウルは最少。

ううむ、ファウルが多いと言うのは、一部、神戸のプレーは荒いと相手チームから言われたことも含めて、思い当たる部分はある。
しかし、意外なのが、ディフェンスゾーンでのファウルが少ない、ということ。

さきほどあったコンパクトな中盤をかいくぐられて、ロングボールや二列目からの突破で高いディフェンスラインの裏を取られて、慌てて戻ったDFが相手のFWをひっかけるというシーンは、よく見た記憶があるのだが・・・。

実は、回数が少なかったから、逆に目立ったのかなぁ。

さて、そんなヴィッセル神戸のホーム緒戦は、いよいよ本日!

どんなプレー振りになるのか!

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

|

« 勝利で、前半90 分折り返し | トップページ | いよいよ今週末に迫った、世界女子カーリング選手権@青森に向けて、気持ちを高めていきますよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44021/14135705

この記事へのトラックバック一覧です: 昨年のOptaデータのレポートが、まとまっていた件:

« 勝利で、前半90 分折り返し | トップページ | いよいよ今週末に迫った、世界女子カーリング選手権@青森に向けて、気持ちを高めていきますよ »