« 神戸のサポソン、『神戸讃歌』動画です | トップページ | 阪神間屈指の桜の名所、夙川が危機!? »

2007/03/20

最近、意外に蕎麦激戦地である、夙川・苦楽園の一軒『あんばい』さん【お気に入りの食事処 関西篇その15】

阪急夙川駅の近辺は、阪神間の高級住宅街の中でも、比較的緩やかな傾斜で大きく開けた明るい街で、六甲近辺に住んでいる私から見ても、ちょっと違った感じで、うらやましい土地。

Dsc01250
夙川沿いの公園をゆったりと散歩する光景なんぞも、ゆったりと大人な街といった感じ。

さて、 そんな夙川から苦楽園にかけての地域は、もともとは地元住民をお客としたカフェ、ケーキ屋さん、ベーカリー、フレンチなどのお店が多かったのですが、最近は、意外や意外、蕎麦屋さんの激戦地域にもなり始めています。

さて、先日、そんな中の一軒に行ってきました。

Dsc01226

夙川駅の裏手、越木岩筋を北へ上がり、すぐの路地を左(西)へ曲がったところ。住宅街に向かう小道ゆえに、お店があるとは思えないのではないかな。
そこにあるのが、こちら「あんばい」。

あんばい
住所】西宮市相生町6-7
Tel】0798-72-4157
定休日】無休
営業時間】11:00~14:30、17:30~20:00
    (月火曜は夜の営業なし、祝日は営業あり)
アクセス】阪急夙川駅徒歩2分

上の写真にもあるように、ガラス張りの明るい構えのお店。

Dsc01228
さらに店内は、全体的にちょっとカフェっぽいたたずまい。
たぶんポプラ材だと思いますが、少し重めの茶色のテーブルなどもあり、ある意味、夙川・苦楽園っぽいデザイン。

Dsc01229
さて、お昼ですけど、ちょっとエビスビールなんぞ(^^)
で、ビール(お酒)の突き出しとして、スモークハムが出てきました。

ちょっと、ゆったりと時間をすごしましょうか・・・。

で、私がオーダーしたのは、あなご天せいろ。

Dsc01230
まずは、先に穴子の一本てんぷらに、野菜の天ぷらを添えたものが、出てきました。
天ぷらが、ビールにあいますね(^^)

そばの方は、「せいろ」と「田舎」を選べます。
「せいろ」は、外殻を剥いてからそば粉を挽くので、白い蕎麦。
「田舎」の方は、外殻ごとそば粉を挽きますので、黒い粒々もはっきり見え、蕎麦全体も黒い感じ。

Dsc01231
私は、今回は、「せいろ」選びました。
量的にはちょっと小盛り、関西の蕎麦屋さんとしては上品な感じですかね。

味の方は、噛むとしっかりとコシがありまして、ふつう10割蕎麦はわりとボソボソッとしたものも多い中、なかなかですね
美味いっ!

最後に出される蕎麦湯は、ねっとりと濃厚などろっとしたもん。
これも、イイ感じ。

いま、ちょっと夙川・苦楽園方面で、住居を探しているので、もしこちら方面に引越ししたら、行きつけになるかもな。

<本エントリーのTB先>
「あんばい」を訪ねられた方々のブログにTBを送っておきます。こちらも内容も参考にしていただければ。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら 
クリックお願いします。

|

« 神戸のサポソン、『神戸讃歌』動画です | トップページ | 阪神間屈指の桜の名所、夙川が危機!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44021/14317983

この記事へのトラックバック一覧です: 最近、意外に蕎麦激戦地である、夙川・苦楽園の一軒『あんばい』さん【お気に入りの食事処 関西篇その15】:

« 神戸のサポソン、『神戸讃歌』動画です | トップページ | 阪神間屈指の桜の名所、夙川が危機!? »