« 夙川のお花見、楽しい(^^)風景 | トップページ | ナビスコカップ広島戦、シュート数圧倒するも敗戦で、グループリーグで敗退 »

2007/04/11

蕎麦激戦地夙川の『土山人・馳走侘助』【お気に入りの食事処 関西篇その17】

阪神間の桜の名所、夙川。

Dsc01708

以前にも紹介しましたが、阪神間の高級住宅街・夙川は、最近は、意外にも蕎麦屋さんの激戦地域です。

そんなお蕎麦屋さんを、また一軒ご紹介。

Dsc01734

土山人・馳走侘助
住所】西宮市羽衣町10-19
Tel】0798-35-5539
定休日】毎週水曜(祝日の場合は営業)
営業時間】11:00~14:30、17:30~22:30
アクセス】阪急夙川駅徒歩5分

土山人さんは、芦屋に本店のある、近年の阪神間の蕎麦ブームの火付け役と言ってもよいお店。
大阪市内の北浜や天満橋に支店を出したり、業績好調なのか、積極的な展開をみせています。

その土山人が、蕎麦懐石ということで、支店を出したのが、こちら、「馳走侘助」

Dsc01748

Dsc01747

Dsc01746

珪藻土の土壁や、民芸風のテーブルなど、町屋風のたたずまい。

Dsc01736

和室にテーブルで、ゆったりと落ち着きますね。

Dsc01735

メニューから、前菜とお蕎麦を選びますよ。

Dsc01737 Dsc01738

まずは、黒豆のくみ上げ湯葉とビールで。
湯葉も黒豆だと、甘みとかすかなコク?苦味が濃いですな。

Dsc01740 Dsc01741

今の季節ならではの春野菜の天ぷらから、タラの芽の天ぷら。しかも四万十産だそうです。春の新芽ならではの苦味もあり、これもビールにあう。

さ、いよいよお蕎麦です。こういう場合、ざる、せいろといった、シンプルなものも良いのですが、少し冷え込んだので、温かい汁蕎麦を選びました。

Dsc01744

焼き海苔をシンプルな汁蕎麦のセットである、花巻蕎麦。
温かい出汁に海苔を乗せると、海苔の香りが、ふわ~っと鼻腔にひろがります。海苔が徐々に出汁に溶け出していき、風味が増していくのが、また良いですね。
また、薄味の出汁にワサビを溶き込むと、味にピリッとポイントが利く感じです。

これは、なかなかですな。

なお、蕎麦懐石という名の通り、前菜や椀物などからメインの蕎麦まである、3,000円台とか4,000円台のコースがあり、こちらは要予約だそうです。

<本エントリーのTB先>
GO”GO”まころんのグルメ?&お出かけリポートさんも、お気に入りのごようす。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

|

« 夙川のお花見、楽しい(^^)風景 | トップページ | ナビスコカップ広島戦、シュート数圧倒するも敗戦で、グループリーグで敗退 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44021/14605769

この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦激戦地夙川の『土山人・馳走侘助』【お気に入りの食事処 関西篇その17】:

« 夙川のお花見、楽しい(^^)風景 | トップページ | ナビスコカップ広島戦、シュート数圧倒するも敗戦で、グループリーグで敗退 »