« いよいよ今週末!韓国を撃破して、北京への道を切り拓け!女子サッカー日本代表 | トップページ | 予想以上の快勝も、後半に課題は残った女子サッカー日本代表 »

2007/06/03

京都・木屋町の、『Brasserie Cafe ONZE』

京都の木屋町は、一筋違いの先斗町とは異なる、風俗系のお店が並ぶちょっと下世話な感じのストリート。
Dsc02497

さて、そんな木屋町通りを四条から下がったところに、木屋町を知っていればいるほど、こんなところにあるとは想像がつかないタイプのお店があります。

あまりキレイに撮れていないのですが、
↓木屋町側の入り口はこんな感じです。
Dsc03724

『Brasserie Cafe ONZE』

店内の雰囲気はこんな感じ。8名程度座れるカウンターと、テーブル席は4つくらい。
Dsc03706 Dsc03705

いわゆるバルタイプのお店なのですが、メニューはフレンチスタイルを中心としたもの。
京都には、四条新町の『パリの食堂』やら三条の『BCP』(今は移転してしまっています)などのパリのビストロやブラッスリーの京都風解釈のお店があるのですが、それの最新バージョンと言えましょうか。
きどったパリではなく、地元の人しか知らない、行かないようなパリの下町の雰囲気です。
Dsc03707
↑とは言いつつ、スペインの生ハム=ハモン・セラーノなんぞが、どかんとカウンターに鎮座しているのですが…。

“おひとりさま”である私に嬉しいことには、おひとりさま限定のお惣菜セット(1500円)から、頼みます。
Dsc03708

Dsc03709
ワインは、400円のグラスワインもありますが、お求めやすい価格帯のボトルもありますので、今回はボトルを頼みます。
さて、ボトルを開けてくれている店主の山崎さんは、御蔭通りの『ベルクール(Le Bellecour)』出身とのこと。

Dsc03711
先ほどカウンター上にあったハモン・セラーノを切ってもらう。
パルマ産のイタリアの生ハムよりも、豚の味そのものが濃いんですよね。

Dsc03720
最後に、オンゼ風サラダを。

ボトルで頼みましたワインを飲み残した場合は、持ち帰りもできますよ(^^)v
Dsc03723 Dsc03704
こんな扉を出て、京都の夜の街にふたたびふら~りと…。

さて、このお店、昼過ぎ15時から開店しておりまして、一品300円からのつまみに、のんびりワインなんぞをいただけますので、

Brasserie Cafe ONZE  
住所】京都市下京区木屋町通四条下ル
   斎藤町125
TEL】075-351-0733
営業時間】15:00~25:00 
定休日】火曜日 

<本エントリーのTB先>
as usualさんは、3月ごろから、このお店にいらっしゃっているとのこと。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

|

« いよいよ今週末!韓国を撃破して、北京への道を切り拓け!女子サッカー日本代表 | トップページ | 予想以上の快勝も、後半に課題は残った女子サッカー日本代表 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都・木屋町の、『Brasserie Cafe ONZE』:

» 惣菜セット といえば [cacchao.net]
こんなものもありますよ。ぜひお越しください! [続きを読む]

受信: 2007/06/16 05:39

« いよいよ今週末!韓国を撃破して、北京への道を切り拓け!女子サッカー日本代表 | トップページ | 予想以上の快勝も、後半に課題は残った女子サッカー日本代表 »