« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008/03/23

消えゆく、日本の原風景のコミュニティを考えさせられる写真集『限界集落』

新潟・佐渡島の海岸で、デジタル・カメラを片手に波を撮り続けた写真作品(『NAMI』)で、ヴィジュアル誌『FOIL(フォイル)』がおこなった公募「FOIL AWARD(フォイル・アワード)のグランプリを獲得した梶井照陰氏

梶井照陰氏は、8年前に真言宗の祖父の僧職を継ぐために佐渡島へ移住したのち、佐渡沖の波の特性を綿密に調べて、レンズを向け続けたという写真は、あたかも生命力を帯びているような波の姿をダイナミックに捉えており、地球のパワーを感じます。

そんな梶井氏が、今度は、まったく異なるタイプの写真集(フォト・エッセイ?)を出版されました。

“限界集落”とは、長野大学の大野晃教授が提唱された概念で、

「65歳以上の高齢者が半数を超えて一人暮らし老人が滞留し、冠婚葬祭など社会的な共同生活が困難になった集落」のこと。

である。国の調査では、共同体機能が著しく低下した“限界集落”は、約8千ヶ所近くあり、そのうち423ヶ所は10年以内に消滅するとも言われている。

もちろん、限界集落は、佐渡島にも多く存在する。
梶井氏の住む佐渡島北部の鷲崎集落も、海沿いの段丘に260名ほどの住民が住むが、高齢化率39%と、“限界”が近づいてきている。
そこで、梶井氏は、限界集落の迎える集落消滅で失われていくものの大きさを感じ、「このまま、こういう集落がなくなり、都市に一極集中して良いのか、という危機意識から取材をやり始めた」という。
北海道から九州まで各地の集落の風景や、そこで出会ったお年寄りの暮らしを、撮影するとともに、インタビューもおこない、集落に生きるお年寄りたちの築いてきた地に足ついた生活の知恵が、“都市の知識”の薄っぺらさに比して、あまりにも軽んじられている現状に対する、静かな憤りを綴っている。

梶井氏の文章も考えさせられるが、やはり、地域の人々の味わいのある表情を深みをもって捉えた写真が絶品です。

もちろん、“限界集落”すべてを維持し続ける社会的コストやリスクというものも考えなければならない。単純なノスタルジーだけで、なんとかなるものでもない。社会経済性という点から考えると、ある程度のコミュニティの集約化も仕方がないとも言える。

しかし、一方で、農山漁村の田舎は、時代の流れに乗って消えていくのは仕方が無い、いや消えても良い(さらには、都市部の生活インフラの整ったところへ強制移住させてしまうという案すらある)というのは、やはり、違うのではないか。
日本という国や文化を、縁の下で支えてきた周縁の農山漁村の各地域に、その土地の環境に適したカタチで根付いている多様な知恵や技術、価値観、伝統などを、すべてを守れないにしても、どこまで、どのようにして継承し守れるのかということは、やはり大切な視点であると思う。

特に、高齢化でしゃあない、時代の流れだとか簡単に言っちゃう人には、「誰だって年を取るんだ」ということだけは、心に刻んでおいてほしいもんだ。


現在、東京のFOIL GALLERYで、写真展も開催中とのこと(3月16日(日)まで)。

<本エントリーのTB先>
梶井氏の写真展についてエントリーされている写真の由無し事さん。

あと、“限界集落”について、地域の議員さんや首長さんなどが考察されているエントリーにTBをお送りいたします。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/03/22

う~ん、重いテーマだ「サッカー奴隷貿易」

ニューズウィーク日本版には、フォトジャーナリストの作品を中心に、ビジュアルに世界の現在の問題を、リアルに感じ取らせるコーナー=“Picture Power”がある。

その3/5週号のPicture Powerのテーマが“Football Nightmares”。

ガーナに巣くうサッカー奴隷貿易

夕方前、西アフリカの息苦しいほどの暑さが収まると、ガーナの首都アクラでは、ほこりっぽい線路の脇から閉鎖された採石場まで、そこかしこにサッカー少年が現れる。
ここでは、何千人もの子供たちが無認可のサッカースクールに通う。
イングランドのクラブチーム、チェルシーで活躍するマイケル・エッシェンなどのガーナ人選手の活躍のおかげで、アクラは欧州チームのスカウト場と化した。
だが、夢を実現するのは、ほんのひと握りだ。ギニアビサウ出身のバーナードの家族は4年前、家を売り払った。彼がフランスのチーム、メッツでトライアル(選考会)を受けられるよう仲介したエージェントへの報酬を工面するためだ。しかし小船でスペインに渡り、なんとかフランスに着いたものの、話は通っておらず、パリの街にほうり出された。
彼は今、路上で安物の時計を売っている。
トライアルのためにアフリカの少年たちが欧州のチームに売られ、見捨てられてホームレスに-まさに現代の奴隷制だ。
パリでその日暮らしをするサイモンのように、現実を家族に打ち明けられない子もいる。「母親にはすぐ送金すると言ってある。でも俺が生きているのは、麻薬中毒者がゴロゴロいるこの場所だ」

という記事と写真だ。

もちろん、記事内にあるチェルシーのエッシェンにドログバはもちろん、バルサのエトゥーやトゥーレ・ヤヤ、ムンタリ(ポーツマス)、アーセナルのコロ・トゥレやエブエ、ソング、エバートンのヨボ。フランスでもマルセイユのカボレとか、(過去には)アヤックスのババンギタやピナールなどもいたな)アフリカ出身でありながら、青田買いされて、ほぼヨーロッパ育ちで、成功をしている選手たちも大勢いる。
アヤックスやフェイエノールトなどはアフリカに正式なアカデミーを設置しているし、コート・ジボワールには、ジャン・マルク・ギユーが設立した有名なサッカーアカデミーがあった。
そこを経由したのであれば、金銭負担にしろ、その後の経歴にしろ、それなりに適正な扱いを受けられるだろうし、トップチームに到着することができれば、それは“アフリカン・ドリーム”というか“フットボール・ドリーム”として、すばらしいことだ。

しかし、そこに似非代理人がからんでくると、話は違ってくる。
一時期の蛇頭のような違法移民の斡旋組織みたいなものがからんできて、この記事にあるように、だまされて、ビザすら不法のもので、パスポートすら偽造で、その後の適切なフットボール世界へのルートが無く、ヨーロッパのストリートに投げ出され、その日暮らしや、ホームレス。下手すれば、犯罪予備軍に陥ってしまうこともあるだろう。

さらに、
「フランスサッカー、そのシビアな育成システム」(『ル・モンド・ディプロマティーク日本版』記事)

FIFAの公認を受けていない専門エージェントが、未成年の身分証に年齢を2つ3つ上乗せして、合法的な移籍に見せかける。後には逆のことも行われるようになった。22、23歳の選手を18歳の期待の星だということにすれば、残りの選手生命(投資の償却期間)が伸びるため、高値で売れることになる。移籍時に育成クラブに金を払わずに済むよう、エージェントが(本人の合意のもとで)選手の身分を偽ることもある。

こんな不正も起こっているそうで。

FIFA、UEFA、そしてアフリカ各国FAの適正なルール・管理・コントロールが必要なのだろうが、“卓越した身体能力”と“規格外のプレー頭脳”があるアフリカ系選手が生み出され続ける限り、そしてヨーロッパでの成功例(その成功確率が、かなり低いものであっても)が続く限り、常に隙をついてアフリカ系選手を食い物にしようとする奴らは絶滅はさせられず、いかんともしがたいのであろう。

もちろん、だからと言ってそういった不正を締め出すために、アフリカからヨーロッパへの移籍を禁止・規制するなんてことは、差別的で、もうできないし・・・。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/20

ドラマ『鹿男あをによし』、多部未華子は良い味出してる

CX系でドラマ化されて、本日最終回を迎える『鹿男あをによし』(原作は『鴨川ホルモー』の万城目学)。

文章及びストーリーの荒唐無稽具合は読んでいる分には良いのですが、実写ドラマとなると、いかがなもんかと思っていたのですが、絵になってしまうと、意外とそれはそれで見られるなあと。
玉木宏の少しとぼけた感じと、良く見れば鹿っぽい顔が、小川先生のキャラクターにけっこうマッチしていたりして。

Dsc06903 Dsc06924 Dsc06919b
↑ちょっと“使いの鹿”っぽい角度で、奈良公園(興福寺境内)で、  写真が撮れました。

ところで、本の中で、多部未華子演じる堀田イトのことを

堀田の顔が少し魚に似ていることに気がついた。目と目の間がわずかばかり離れている。もっとも何の魚かは分からない。涼しげな眼差しを正面に送るその表情は、高一にしてはずいぶん大人びている。

きりりと引かれた濃い眉の下で、二つの瞳は、少々離れ離れになりながら、野生的な香りをそれぞれの色合いに添えている。まさに野性的魚顔である。

と表現しているところ(P30)があるのだが、なんか、まさしく多部ちゃんの顔の造形、及び表情←このサイトの方のイラスト、ほんとに似ていますね。写真をレタッチしているのかなぁ?オリジナルから書き上げたとしたら、凄いっすね。)を的確に表現しているようで、みごとなキャスティングじゃ。

Dsc06944_2
本の中では、玉木宏演じる小川と堀田が交錯する重要なシーンとなる、近鉄奈良駅前の行基像。

Dsc06943_2
こんな名前の銘菓がありましたよ。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/03/19

塩屋のシンボル、旧グッゲンハイム邸は、公開されています

以前、神戸・塩屋のシンボル的な異人館のひとつである旧竹内油業寮・グッゲンハイム邸の危機に際して、個人の方が購入することによって救ったというすばらしい記事をエントリーしたことがあります。

その後、このお屋敷を購入された方が、維持管理しつつ、一般の人にさまざまな形で利用公開をされております。

JRあるいは山陽電鉄の塩屋駅から線路沿いに東に少し行って、小さな踏切を渡ると、すぐに旧グッゲンハイム邸の入り口があります。
Dsc07945Dsc07898Dsc07902Dsc07909Dsc07914

続きを読む "塩屋のシンボル、旧グッゲンハイム邸は、公開されています"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/03/17

これは、見逃すな!名作中の名作、「ウルビーノのヴィーナス」が上野で日本初公開です!

昨年もフェルメールの『牛乳を注ぐ女』にダ・ヴィンチの『受胎告知』と、いろいろとすんごいhappy02西洋美術作品が来日してきましたが、今回も凄いannoyです!

なんと、なんと、ルネサンス期の美術の中心としてダ・ヴィンチやミケランジェロ、ラッファエッロの3大巨人を代表とするフィレンツェと拮抗対抗していたヴェネティア派の代表的な作家であるティツィアーノ・ヴェチェッリオの代表作にして、西洋美術史上最高の裸婦像のひとつとも言える『ウルビーノのヴィーナス』が、ただいま日本に来ています!

Dsc09740_2
これは、すごい、凄すぎますよ。

ローマ神話中の神であるヴィーナスは、ギリシャ神話のアフロディーテと同一視されることによって、愛と美の女神、キリスト教の神や聖人では無いのにもかかわらず、古代ローマやギリシャ時代から古典主義、アカデミズムの時代に至るまで、描き続けられてきました。
それは、愛と美の寓意表現としてだけではなく、文脈から切り離した官能的なピンナップとしての裸婦を描くための画題としても選ばれてきたという理由もあります。
そういったヴィーナス画像のひとつの標準作、基本作として(ジョルジョーネとティツィアーノの『眠れるヴィーナス』と並んで)、『ウルビーノのヴィーナス』は位置づけられました。

また、その後、近代絵画になって、裸婦像が画題として独立すると、マネの『オランピア』に翻案されるかたちで、横たわる裸婦像の手本としての地位をさらに高めました。

今回の展覧会は、古代からバロック前期に至るまで、ポントルモの『ヴィーナスとキューピッド』(フィレンツェ美術館蔵)などの作品で、そういったヴィーナス像の歴史を、彫刻、絵画、工芸品等によって、概観するものだそうです。

ただ、これは、『ウルビーノのヴィーナス』を見られるだけでも、もう、幸せheart04というもの!

続きを読む "これは、見逃すな!名作中の名作、「ウルビーノのヴィーナス」が上野で日本初公開です!"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008/03/16

Jリーグ開幕に続いて、さあ、女子サッカーもスケジュールが発表です!

女子サッカーのなでしこリーグ(旧Lリーグ)の日程が発表されました。
北京オリンピックのために、7月後半から8月一杯にウインドウマンスがありますね。

在神戸の2チーム、TASAKIペルーレFCINACレオネッサの試合について、まとめてみました。

■第1節:4月13日(日)
TASAKI - 伊賀FC 11:30 兵庫県三木総合防災公園陸上競技場
INAC - 湯郷ベル 14:00 兵庫県三木総合防災公園陸上競技場

■第2節:4月19日(土)
INAC - マリーゼ 13:00 兵庫・神戸総合運動公園競技場
■第2節:4月20日(日)
新潟L - TASAKI 12:00 新潟・東北電力ビッグスワンスタジアム

■第3節:4月26日(土)
ベレーザ - INAC 13:00 東京・駒沢オリンピック公園陸上競技場
TASAKI - 浦和 13:00 兵庫・アスパ五色(五色台運動公園)

■第4節:4月29日(火・祝)
INAC - TASAKI 13:00 兵庫・神戸総合運動公園競技場

■第5節:5月3日(土・祝)
TASAKI - 湯郷ベル 13:00 兵庫・神戸総合運動公園競技場
■第5節:5月4日(日)
浦和 - INAC 13:00 埼玉・駒場スタジアム

■第6節:5月11日(日)
伊賀FC - INAC 13:00 三重・上野運動公園競技場
マリーゼ - TASAKI 13:00 福島・J‐ヴィレッジスタジアム

■第7節:6月15日(日)
TASAKI - ベレーザ 11:30 兵庫・ホームズスタジアム神戸
INAC - 新潟L 14:00 兵庫・ホームズスタジアム神戸

続きを読む "Jリーグ開幕に続いて、さあ、女子サッカーもスケジュールが発表です!"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/03/14

ヴィッセル神戸、開幕戦は引き分け、さらにアジアチャンプとなった女子フットサル選手と驚く出会い

前回、エントリーしたヴィッセル神戸の開幕戦(アウェイでのFC東京戦)のパブリックビューイング

心身の調子がなんとか戻ったので、せっかくなので、パンダくんと共に出向いてみました。
Dsc09744 Dsc09755Dsc09751
けっこう大勢の人が来てますよ~ンダ。

Dsc09776 Dsc09777
先発は以上のとおり。昨日の私の予想とは、左サイドバックが鈴木規ではなく内山。2TOPの一角が吉田ではなく松橋でした。

Dsc09756
大久保が怪我のため、金男一は“念願の”キャプテンマークをつけ、選手入場も先頭。前半15分当たりまでの攻勢を中盤で支えると共に、FC東京がペースをつかんだ前半20分以降も、中盤からDFラインへのカバーまで、さすがの存在感を見せてくれました。

Dsc09765
ペースを失ってしまった前半の終盤に、セットプレーからまたまた今野に点を取られてしまった。
そこで、ペースを取り戻すために、ボッティ(朴カンジョから)と須藤(松橋)を投入。
前半の立ち上がりこそ、修正が完璧ではなく、大ピンチを2度むかえるが、ボッティ、金、栗原のバランスが取れ始めてからは、中盤を制圧し、アタッキングサードのサイドへの展開が効き始める。
Dsc09770
古賀の強烈なFKを交替で入った須藤がFC東京のGKの前で擦らし(触れていないかもしれないが、ブラインドにはなった)、GKがファンブルしたところに栗原が飛び込み、押し込む。
ナイスゴール!
その後も、全般的に神戸が押し込みチャンスをつくるが、ロスタイムにFC東京の新戦力カボレがカウンターから神戸ゴールに迫る。だが、逆サイドからカバーに入った内山がタックルでなんとか掻き出した。そして、逆に神戸が一気にロングパスでレアンドロにボールをつなぎ、FC東京DF(多分茂庭)をかわして、GKと一対一。しかし、狙いすましたシュートは右ポストを叩く。その跳ね返りを後半途中投入の神戸の新戦力、吉田が低くおさえた鋭いシュートを蹴り込むがGK正面。ファンブルしたところを須藤が詰めるが、辛うじてGKがボールを押さえる。

続きを読む "ヴィッセル神戸、開幕戦は引き分け、さらにアジアチャンプとなった女子フットサル選手と驚く出会い"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/12

阪急百貨店梅田本店の建て替えが…

Dsc09974 Dsc09973

久しぶりに見上げてみたら、阪急百貨店梅田本店の建て替え部分が、以前の建物と同じ高さにまで建ち上がっていた。
取り壊された時はけっこうショックを受けていたのだが、建て替えプロセス全体を見た時には、こうやってなんとなく気づかないうちに風景が刷新されていってしまうんだろうなぁ…despair

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/08

さあ、いよいよJリーグ開幕ですよ ヴィッセル神戸はどうでしょうか

さあ、いよいよ今日、待ちに待ったJリーグの開幕ですよ。

わがヴィッセル神戸も、J1復帰後、無事coldsweats012年目を迎え、今年は、「5位以内」を、リアルな目標として掲げています。

さて、そんな目標を実現するためには、ライバルチームたちの動向も気になるところです。
ということで、今年のライバルチームたちについてもチェックをしなければならないのですが、移籍のin/out情報をまとめてくださっている方がいるので、便利ですね。

鹿島ブログエトセトラさん
GO'S Heaven's Door'sさん

さて、この移籍のin/outを見ると、一般的には、浦和の突出した補強でプロ野球の巨人的な巨大な存在になり、その一方、ジェフ千葉がオシム・チルドレンの多くがoutし、草刈場となりチーム崩壊、降格候補と言われてもいます。

また、大分も、元々薄い選手層が、梅崎や松橋(すまん、獲得したのはウチです)らがoutで、資金面での問題も含め、かなり危ないのでは?とも言われているようです。

しかし、千葉のinは、坂本“隊長”の復帰(サポの間でも、いろいろと議論があったようですが)に加え、柏のファンタジスタ・谷澤、さらにC大阪からスピードスター苔口、FC東京サポにとっては“王様候補”としてかけがえの無い存在だった馬場憂太も獲得し、少なくとも選手の個のレベルとしてはイコールに近いのではないでしょうか。
もちろん、いったん崩れたチームを、新しいチームに構成しなおすのには時間はかかるでしょうが。

また、大分は、、昨年終盤の降格のピンチに加入し、復調に寄与したホベルト、エジミウソン、鈴木慎吾が残っている訳で、さらにFWとして計算できるウェズレイがinし、シャムスカ監督の手腕と継続性を考えると、そこまで崩壊はしないように思います。ただ、梅崎の替わりにG大阪からinした家長が怪我で半年離脱と言うのは、あまりに痛いか。

それに対して、昇格組の札幌、京都、V東京(フッキがいなくなったのは、やはり痛すぎるでしょう)はもちろん、昨年も苦戦していた大宮にFC東京も、in/outの関係では、outの方が大きく、実は危ないのではないかと思ってしまいます。
もちろん、FC東京の最大の補強は城福監督とも言えるので、個の選手のin/outは、あまり関係ないのかもしれませんが…。
あと、新潟も、地味ながら失った戦力(特に、外国籍選手)が大きく、新加入の選手(特に、外国籍選手)の計算違いが起こった場合には、チームが大きく崩れそうな気もします。

一方、上位争いは、やはり高原、梅崎、さらにエジミウソンという大駒のinの印象が強い浦和が一強という声もあるが、私としては、フッキが復帰した川崎がACLも無いというスケジュール上のメリットも含めて、本命ではないかと思う。ただ、佐原がoutして、DFの層がやや薄くなっているのは、元々の弱点部分だけにどうか?
あと、もちろんガンバ大阪は、相変わらずの攻撃力にルーカスが加わり、水本、福元のDF陣の補強もうまくなされ、また山形から佐々木inというのもショートパサータイプの多いガンバの中でロングクロスという新しい武器が追加されることになり、ACLのスケジュールも、一度経験したこと(と昨年からの協会/リーグのサポート)によって、うまくローテーションで、なんとかできるのではないかと思う。

優勝;川崎orガンバ
続いて、浦和かなぁ、という気がします。

さて、そんな中、わがヴィッセル神戸はどうでしょうか?

続きを読む "さあ、いよいよJリーグ開幕ですよ ヴィッセル神戸はどうでしょうか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/06

藤吉さんの名前の由来に気づいていなかった自分に絶望した


第一期が1クール(3ヶ月)で終了したのに気づいていなかった、『さよなら絶望先生』のアニメ。3ヶ月のブランクをおいて、この1月から、アニメ第2シリーズ(『俗・さよなら絶望先生』)が始まっているのだが、その原作漫画「さよなら絶望先生」の最新刊12巻が出ていた。

で、読む。

この巻の最初の話、それが第百十一話「一見の条件」。

連載が長くなって作者と読者との間に約束ごとが増えてしまい、初めて、絶望先生を読む読者に、ハードルが高いのではないかと言うことで、「初めての方にもわかるやさしい『絶望先生』」にしなければ。
ということで、一見さんがやってきて、登場人物の名前の由来から丁寧に説明するも、突っ込まれすぎて、逆切れした絶望先生。
で、今度は百見さま(=常連)がやってきて、詳しすぎて、また突っ込まれるという話。

ま、こうやって、「絶望先生」をストーリーで説明しても、何も面白く無いんですが…bearing

で、この話を読んで、まあ、個人的に何がショックだったかって、登場人物で所謂BLのカップリング中毒で同人誌制作、コミケ常連の藤吉晴美ってキャラクターがいるのだが、「晴美」という名前は、コミケの聖地「晴海」から来ているってのは分かっていたんだが、「藤吉」という苗字が、腐女子⇒ふじょし⇒ふじよし⇒藤吉だったってのは、この話で説明されるまで全く気づいていなかったこと。
不覚と言えば、あまりに不覚であります。

続きを読む "藤吉さんの名前の由来に気づいていなかった自分に絶望した"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »