« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009/05/24

内弁慶にもほどがある、ヴィッセル神戸

サッカー日本代表の、ワールドカップアジア最終予選に向けて、シーズン約3分の一の13節で、Jリーグも中断期間(ヤマザキナビスコカップは開催されます)に入ります。

その中断期間前の試合、ヴィッセル神戸は、ホームで柏に快勝で、一息ついたという感じ。

ところで、今シーズンのヴィッセル神戸ですが、今まで、ホーム7試合5勝1分け1敗、アウェイ6試合1分け5敗と、あんまりにも対照的な成績。内弁慶にもほどがある結果となっています。

大黒柱ボッティの怪我やキムナミルの不調、新加入のアラン・バイーアとマルセウのフィット不足などありつつも、シーズン前は思いもよらなかったFW茂木のブレーク、松岡や田中のさらなる成長、吉田の献身、パクカンジョの復帰などのプラス側面もあり、またカイオ・ジュニオール監督の各選手へのニュートラルな視線とさまざまなシステム変更を駆使する采配は、多分なかなかなもの。

まだ可能性のあるヤマザキナビスコカップでの初の予選グループ突破、さらにリーグでのアウェイでの戦い方の再構築など、期待したいもんです。

Dsc05605

Dsc05604

Dsc05560

続きを読む "内弁慶にもほどがある、ヴィッセル神戸"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/10

Jリーグ、スケジュールがきついなんて言ってたら・・・

「ゴールデンウィークは卓球だ」coldsweats01だけではなく、サッカーでも、気候が良く休日の続くこの時期に、JリーグとしてファミリーJoinデイズとして、親子での集客をはかるべく、集中的に試合を組んでいます。

ということで、我がヴィッセル神戸も、ちょっとタイトめなスケジュール。
そんな中、高い運動量shoedashで、うちのミッドフィールドでフィルター役として活躍している松岡選手が、鹿島、磐田との連戦、アウェイまで参戦しているサポ仲間の方によると、その運動量による負荷が逆にたたってか、ヘロヘロになっていたとのこと。

この間のスケジュールですが、4月26日(日)G大阪戦(3-1)、4月29日 (水) 鹿島戦(0-1)、5月2日(土)磐田戦(0-1)、5月5日(火)山形戦(3-1)、5月10日(日)名古屋戦(2-2)。
たしかに、15日間で5試合ということで、結構きついといえばきつい。
また、今節は昨日に試合をやっているチームもあったり、ガンバや川崎などはこの間にアウェイでACLを戦ったりしています。
また、5月末からは、代表のスケジュールが入り、6月頭のFIFAワールドカップ南アフリカ大会・アジア最終予選3連戦などもあり、よく、日本のサッカーのスケジュールは破綻しているなどと、批判されたりもします。

しかし、よく見てみると、世界で見れば、ほぼ同じ期間に、もっととんでもないレベルの相手と同様のスケジュールでやっているチームもある訳で・・・

例えば、FCバルセロナなんかは、4月22日(水)リーグ戦・セビージャ戦(4-0)、4月25日(土)リーグ戦・バレンシア戦(2-2)、4月28日(火)欧州CL・チェルシー戦(0-0)、5月2日(土)リーグ戦・レアルマドリー戦(6-2)、5月6日(水)欧州CL・チェルシー戦(1-1)、5月10日(日)リーグ戦・ビジャレアル戦。

19日で6試合ですよ。

しかも、この相手と・・・

ちょっと・・・ぉcoldsweats02

もちろん、バルサと神戸。
資金力、選手層が、比較するのも失礼なくらい違うのは当然と言えば当然なのですが、逆に言えば、たたかう相手もチェルシーとかレアルマドリーといったバルサと同等の資金力、選手層のチームであり、一方神戸の相手は緒戦日本国内レベルの山形や(今の)磐田だったりする訳で、それはそれで≒コンディションであります。

よって、(その多くがJリーグに所属している)日本代表がもっと上を目指すためには、Jリーグのこの程度のスケジュールを、あまりタイト、タイトと言い過ぎるのは、過保護なんじゃないかという気もするのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »