« SKE48卒業ソング | トップページ | 握手会、初体験 »

2013/01/19

雑誌『GIRL POP』が、こんなんに!!

久しぶりに、雑誌『GIRL POP(ガールポップ)』のサイトをのぞいたら、

最新号の表紙がこんなことになっていた!!!

ガールズPOPミュージックマガジン for BOYS and GIRLS GiRLPOP 表紙&巻頭特集 AKB48/2ndCover&巻末特集 SK

乃木坂46
に、
まゆゆ!

その昔、創刊当初は、
アイドル冬の時代どころか、アイドル氷河期sad

アイドル的要素を含んだシンガーソングライター系女性シンガーが当時、その代替物として機能しており、

その流れを、ソニーが“ガールポップ”と名付け、同タイトルをつけた雑誌を、ソニーマガジンから創刊。

森高千里(ソニー所属ではなかったが)を筆頭に、谷村有美、永井真理子、相馬裕子、遊佐未森、森川美穂ら、ソニー軍団などを、大プッシュしていた。

他にもプリプリやリンドバーグ、さらには、渡辺美里や今井美樹等も特集的に取り扱い、扱うアーチスト層に、厚みを増していましたね。

今から見ると、少し恥ずかしい、グラビアっぽい大判の写真など、“ガールポップ”シンガーたちのビジュアル面もかなり訴求していたなぁ。

さて、そんな『GIRL POP』誌だが、ガールポップジャンルの勢いにかげりが出始めた頃、

ガールポップの両巨頭とも言うべき、森高千里と谷村有美所属する、アップフロントエージェンシーから、モーニング娘。が活躍するようになり、

旧来の“ガールポップ”ではなく、取り扱う対象も、完全にアイドルの方向に振るようになってしまいました。

同時期に声優系として、国府田マリ子なんかも、登場していたなぁ。

ということで、そのころから、私は離れてしまいましたが、モーニング娘。の低迷期とともに、迷走は続いたらしく、いつの間にか休刊に。

で、ふと思い出して、ガールPOPとググってみたら、

GiRLPOP(ガールポップ) ビジュアルを重視した新時代のガールズ・ミュージックマガジン、新生“GiRLPOP”誕生!

というコピーとともに、TOPに上がっていた。

久しぶりにサイトをのぞいてみたら、これだ…(^^;

2011年に復刊したらしいが、完全に、アイドル誌やないですかぁ。

まぁ、今の時代、仕方がないなぁ。

昔日のガールポップよ、いずこに・・・sad

人気ブログランキングへ

|

« SKE48卒業ソング | トップページ | 握手会、初体験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44021/56503617

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌『GIRL POP』が、こんなんに!!:

« SKE48卒業ソング | トップページ | 握手会、初体験 »