« ほんま、頼むで | トップページ | 北新地G'dayサンのワイン会 (その2) »

2013/02/15

北新地G'dayサンの、ワイン会 (その1)

私が、大好きだった北新地のワインダイニング
「クロ・ド・ミャン」のスタッフの方が、独立して、
私の好きだったころのお店の雰囲気をもっとも楽しめるお店、
G'dayさん。

そのG'dayさんで、だいたい2ヶ月ごとに、ワイン会があります。

毎年、年末年始に、店のスタッフさん全員(今年は、お店の常連のお客さんもご一緒されたとか)で、新しいワインの作り手を見つけるために、オーストラリアのワイナリーを研修として、旅行をされております。

ワイナリー巡りの記事

先月1月末、27日(日)に開催されたワイン会は、その成果を、さっそく楽しめる会となりました。

Dsc_2831

店内には、常連のお客さんが、集っています。

Dsc_2836

料理素材の、脱皮したばかりのカニ、ソフトシェルクラブです。

Dsc_2832

これは、取り置きのきかない、珍しい素材ですね。

一品目は、瞬間薫製した兵庫・赤穂産のフレッシュオイスター、焼き茄子の冷製添え。

牡蠣はもちろん美味しいのですが、その下に敷かれた、焼き茄子は香ばしさと、冷製したことによって、とろっとなった感じが、素晴らしい。

茄子を焼いてから、冷やすとこんな感じになるのか。

家でもトライしてみよう。

Dsc_2833

あわせるワインは、スパークリング。

Penley Estate  PinoNoir・Chardonnay 2007  Sparkling

Dsc_2834_2

Dsc_2837_2

2本目のワインは、

Jester Vermentino 2010  Mitolo

南オーストラリアのマクラーレン・ヴェイルという産地で、ヴェルメンティーノというコルシカ島などでよく栽培されている品種の白ワイン。

酸味がほどよくきいた、すっきりした味わい。

Dsc_2838_2

あわせる2皿目は、

インカの目覚めと“のれそれ”のガレット 自家製カラスミ風味。

人気ブログランキングへ

Dsc_2835

3種類目のワインは、ロゼ。

Over the MOON  2012

これは、一本目のスパークリングと同じ作り手、ペンリー・エステート。

南オーストラリアのクナワラという産地。

Dsc_2839

あわせるフードは、

さきほどのソフトシェルクラブのフリット、エスニック風味のバターソース。

Dsc_2840_2

Dsc_2841_2

かたい殻がないので、ナイフで、そのまんまばっつりと切れ、全部、平らげることができます。

お店の方のブログでの記事は、

北新地 G´day ワイン 食堂
*日々、造り上げるおいしいお料理と、オーストラリアワインを北新地から *
サン

人気ブログランキングへ

|

« ほんま、頼むで | トップページ | 北新地G'dayサンのワイン会 (その2) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北新地G'dayサンの、ワイン会 (その1):

« ほんま、頼むで | トップページ | 北新地G'dayサンのワイン会 (その2) »