« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013/04/28

SKE48 武道館単独公演!! 熱い、熱いぜ!! これだから、SKEファンになって良かった!

Imag0286_2

AKBグループが4日間にわたり、日本武道館で繰り広げる
各グループごとの単独公演+合同公演。

その初日を、SKE48が務めた。

GW前のミッドウィークの木曜日という、もっとも苦しいスケジュールに追いやられた、
扱いが悪いんじゃねえかと言う見方もできるかもしれないが、

逆に、AKB本体以外で、この苦しいスケジュール、
しかも、
初日の幕開けを任せられるのは、SKE48しかないという評価とも言える。

ガイシホールで、大量の卒業生を送り出し、
かつ組閣と言う、メンバーの心を苦しめるイベントもあっただけに、

この短い準備期間で、どんなステージを見せてくれるのか、

期待と不安が半々であったのだが、

結論から言って、
遅ればせながらも、SKE48のファンになって良かった!と
思わされる圧巻の内容だった。

中日スポーツ:「単独で初 SKE武道館 「AKB48グループ臨時総会」初日飾った」

ナタリー:「SKE48初単独武道館で31曲連続披露、新チームお披露目も」

こちらでも、紹介のあるように、

一曲目、通常は最後に歌われることの多い「仲間の歌♪」を披露し、
いつもと違うなという感じがあったのだが、

そのあとすぐMCが入り、
珠理奈のダジャレや、ゆりあちゃんの「365度」発言、ちゅりの熱い煽りなど、
定番な感じもあり、穏やかにスタートしたかに見えたのだが、

そこからが圧巻。

いきなりのシングル立て続けで、盛り上げた後、

卒業生がたくさん出たため、メンバーを再構成したユニット曲が続き、

さらに、いきなり“組閣”後のメンバーで、チーム公演曲をおこなう。

気づくと、MCを一切はさまず、

アリーナ全体を使ったステージをいっぱいに使ったフォーメーションを

SKE48らいし迫力と疾走感で演じきる。

そして、再びシングル曲を、全メンバーで、センターステージ、4か所のミニステージ、

外周通路を使いきってのパフォーマンス。

「片想いFinally♪」「キスだって左利き♪」「アイシテラブル!♪」「チョコの奴隷♪」「1!2!3!4! ヨロシク!♪」「オキドキ♪」は

高まりすぎて、見ているこちらも、ランナーズハイ状態。

結局、31曲ノンストップで走り切った。

別に31曲という曲数や、
それがAKBグループの中で最長のノンストップとかいう記録に意味がある訳ではない。

しかし、「白黒つけようじゃないか!」というタイトルと、
全グループが単独公演を連日行なうという今回のイベントのあり方から見て、
絶対に、各グループの単独公演は比較されざるを得ない。

(とは言っても、本当に比較できるのは、全公演を見れる人だけなのだが
 お客さん側に、そんな人いるのかな?)

ということで、
おそらくスタッフと考え抜いて、
自分たちの強み、特徴を徹底的に前面に打ち出すことを意図した訳で、

不器用だけど、生真面目で、汗の量だけは誰にも負けないよ、、

SKEはSKEらしさを徹底して追求するしかないんだという開き直りとも言える覚悟が

このようなセットリスト&演出となった訳だ。

他グループとの明確な差別化を、本人たちも含めて考え抜いて、

それを、このスケジュールの中、具現化したこと。

そこにこそ意味があったのだと思う。

しかし、だーすー、いやあかりんこと須田亜香里の

「孤独なバレリーナ♪」でのパフォーマンスは、

2階席から見ても、すごかったよ。

なお、セットリストや公式の写真等の詳細は、
こちら ⇒ SKE48まとめエンクラさん

その後、NMB48も、HKT48も、それぞれの特徴をうまく駆使して、

差別化したステージをおこなったらしい。

単独公演としては、AKB48本店が一番あかんかったんじゃないの?

と言う声も出ているらしい。

本店は、シングル曲に、ずっと支店メンバーを起用し続けているから、

割り切りが難しいんだろうね。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/23

SKEの映像を集めてみる ファーストツアー「汗の量はハンパじゃない!」メイキング

神戸でのコンサートの翌日まで、開催していたことすら知らなかった

「汗の量はハンパじゃない」ツアーのメイキング映像がありました。

今回のガイシホール2Days、

さらに、武道館単独公演も、

ぜひ、メイキングの裏側映像を見たいものです!!

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/18

SKE48 春のガイシコン、組閣を考える

さて、ライブの中身としては、卒業生送り出しの涙や寂しさをあまり感じさせない、最高に楽しいお祭り的なセットリスト&演出であった、土曜日の公演であったが、その中で、賛否両論かまびすしい組閣の発表があった。

当日、twitterの方で、私の感想はちょっと書いたのだが、改めて、遅ればせながら考えをまとめてみる。

SKE関連の2chの反応をまとめている代表的なまとめサイトである、まとめエンクラさんのところのコメント欄はじめ、組閣に対して、運営のチーム分けのセンスが相変わらず悪く無能だとか、芝支配人が本店のまわしものでAKB本体を抜きそうなSKEをつぶしにきたとか、なんで○○が昇格なんだ?△△が昇格じゃないんだ? □□がチーム○なのはおかしい、チームの特徴が消えているといったような、否定的コメントもかなり多いようだ。

現場歴は今年に入ってから、在宅としても本格的に追い始めたのは一昨年の後半くらいからの新参者のおっさんにとっても、いまのチームがそれぞれ魅力的な特徴があり、メンバー間の関係性も見なれているし、特にチームEについてはその成長具合への思い入れから、なぜ、今?という感覚、そして新しいメンバーに対しての違和感があるのはわかる。

しかし、各チームから合計9名、あと研究生1名の大量卒業が出たので、抜本的に、再構成せざるをえないのは、否定しようのない事実だった。

また、現在、AKBグループ全体の中でもメンバー的に最強チームと言っても良かったチームSだが、メインのW松井+兼任きたりえが、恒常的に劇場公演を休むという状況をなんとかしなければならなかったのも事実。

ましてや、チームSは、4名の卒業生がいる訳で、最大7名(須田あかりんや木崎ゆりああたりの外仕事が増えることも想像できるので、8~9名)分の枠が、ぽっかり空く状況が頻発することが容易に想像できる。

ここに研究生を昇格+非昇格組のアンダー起用だけで穴を埋めますってのは、かなり無理があるだろう。

K2の方も、高柳明音、向田茉夏の次ぐエース格、ごまちゃん、しゃわこが卒業したあと、ここに昇格組をあてはめるだけで、なんとかなったかと言われると、疑問だ。

よって、「組閣」そのものは避けられなかったのではないだろうか。

また、「組閣」自体の是非は置いておいて、今回の春コンは、SKE48にとっての年に1回のお祭り的イベントであり、しかも、今年は、功労者であった1期4名を含む卒業生を送り出すという大切なイベントだっただけに、タイミングを考えろという意見もあったようだ。

ましてや、かのんこと木本花音はじめ、泣き崩れているメンバーが多いのを見て、コンサートは、楽しく終わって欲しい。

AKB本体的な、余計なサプライズは不要だという意見もあり、

かつ、「今までSKEは、昇格など大事な発表は、公演でしてきた。公演重視のSKE48とは、そう言う意味も含んでのことだと言う訳だ」という意見もあるようだ。

しかし、「組閣」に関しては、全てのチームに関係する訳で、一チームしか関われないシアター公演では、発表する訳にはいかない。
例えば、SKEを代表するチームということで、チームS公演で発表したら、他チーム軽視と批判されてしまう。

人気ブログランキングへ

続きを読む "SKE48 春のガイシコン、組閣を考える"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/16

SKE48 春コン ガイシホールに行ってきた その2

Imag0197_2

グッズ売り場は、日曜日分の商品を確保しなければならないので、すでに品切れのものも多数出ていた。

シアター公演や握手会、名古屋に行ったときに立ち寄ったショップでも購入できなかった、サイリウム=ペンライト、スティックライトは、無事、購入できた。

私は、スタンド席で、確度的にメインステージをななめに見る位置、しかも、吊りスピーカーが、ステージ後ろのモニターを隠してしまうという、少し残念な席。

しかし、にししこと中西優香の影アナと、「Overture♪」がかかると、もう、そんなことは気にならない高まり具合!!

メインのステージと逆側にステージがあり、卒業組の9名がそこに登場し、デビュー曲「強き者よ♪」がスタート。
距離的角度的に、私の席からの視界もバッチリで、バックステージでのパフォーマンスを見るにはお得!!でした。

しかも、このバックステージは、曲中にメインステージの方へステージごと移動する、ムービングステージ。
昨年のガイシコンは、DVDで暗記できるほど見て、360度のステージ通路で、スタンド席最前では、手に触れられそうな距離までメンバーが来るという演出であったが、今回のムービングステージは、それを上回る大掛かりなステージ演出であった。

そして、「ピノキオ軍♪」「仲間の歌♪」など、チームSの公演の代表曲を、メンバー全員が、ステージ全体を使ってパフォーマンス。
シングル曲「オキドキ♪」が続く!

MCをはさんで、各チームごとに代表曲を1曲ずつ。

その後、「その時SKEは動いた」という、お口直しコーナーだったが、にししこと中西優香とくーみんこと矢神久美のリアルKISSに、周りにも何名かいた腐女子オタが、キャーギャー湧く涌く(^^)

各公演から、ユニット曲がシャッフルなく、ほぼ現状のオリジナルメンバーのパフォーマンスで続き、
なかでも、松井玲奈ちゃん好きの私にとっては、初の生「枯葉のステーション♪」は最高!!

「クロス♪」や「嘆きのフィギア♪」のスタート時は、背中席前の通路からスタートし、モニターには、背中席のオタさんたちが晒されまくり(^^;

これが、大イベントでは最後となるくーゆりこと矢神久美&木崎ゆりあによる「狼とプライド♪」も、本当にかわいらしい歌声&ダンスで、おもわず、にやにやと頬がゆるんでしまいます。

チーム対抗異種格闘技戦では、昨年のガイシコン、そして紅白でもがんばった藤本美月の研究生チームの新技に対抗し、チームSが圧巻のだーすーこと須田亜香里のリンボーダンス35cm。
会場は大盛り上がり。

そして、圧巻のシングルの連続、

ここのシークエンスは、ほんま、高まりすぎて、やばいくらいです。

「パレオはエメラルド♪」は、フルサイズで、しかも紅白の演出をそのまま。須田のグランフェッテに、藤本のタンブリング。

生でみられて、良かった(^^)

アンコールは、これもチーム曲から、「SKE48♪」、そして最後が「手をつなぎながら♪」という流れでした。

セットリスト的には、全シングルに、チーム曲、ユニット曲、すべてがメジャーな代表曲がほとんどという、ベストヒット的なコンサートになっていたように思います。

卒業組のことを考えた、オタ諸先輩、玄人好みの演目については、日曜日なんだろうなと、最初から想像していました。

DNNとかで学習はしているものの、過去公演の知識は限界のある、新規のおっさんとしては、一発目のライブイベントとしては、ありがたい構成で、ほんま、楽しめました。

なお、発表時にも、その後しばらくたっても、賛否両論ある「組閣」については、項を改めて、また感想を書きます。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/15

SKE48 春コン ガイシホールに行ってきた その1

201304141535_19880

2013年4月13、14日、名古屋の日本ガイシホールで、SKE48の春のコンサート、「春コン2013 変わらないこと。ずっと仲間なこと」が開催された。

当日、朝、淡路島を震源として、震度6の地震が起こったため、阪神間の交通ダイヤが乱れ、新大阪までの移動に手間取って、あせったが、阪急⇒地下鉄を乗り継ぎ、新大阪に到着。

名古屋まで移動する。

733864_507806482616598_1421176013_n

名古屋駅の新幹線のホームの名物、きしめんで腹ごしらえ。

JR在来線に乗り継ぎ、日本ガイシホール目の前の最寄駅笠寺に到着。

558503_507810592616187_2025373226_n

シアター公演や握手会で知り合った人たちや、、松井玲奈ちゃんの総選挙対策委員の方々と交流しながら、開場、開演を待つ。

今までは、チームK2の公演2回と、握手会のミニライブしか見たことがなかっただけに、歌って踊る生の姿を初めて見るメンバーも多数なので、

だんだん気持ちが高まってくる。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/12

京都 シャンパンバーめぐり

春の嵐の京都の花見と絡めて、夜はシャンパンバー巡り。

Imag0147

祇園のイタリアン、リストランテ t.v.b.のシニアソムリエ太田朗さん。

京都、いや関西のシャンパン界隈では有名人。

私も、t.v.b.でのサービスに、ファンになっておりましたが、このたび、祇園にシャンパンバーCoupe de Champagne(クープ ド シャンパーニュ)をオープンされました。

こちらも京都では有名なワインショップ、ワイングロッサリーのお店、クープ・ド・ワイングロッサリーが2月に閉店したのを受け、同じ場所で、3月下旬からスタートされました。

Imag0146

ソムリエーヌの山瀬さん。お美しい方からのサービスも嬉しいですね。

Imag0148

ジャクソンは、ナポレオンの寵愛を受け、結婚式の際のシャンパーニュにも選ばれたという逸話を持つ、シャンパン。

ん~、味が美しい!!

人気ブログランキングへ

続きを読む "京都 シャンパンバーめぐり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/10

春の嵐の京都の桜

爆弾低気圧の影響で、台風並みの風と雨になるという予報があったが、春だし、まさそんなことはないだろうとたかをくくっていた翌日。

しかし、朝から、ほんとに強い雨風。

まさに、春の嵐。

そんな中、東山や嵯峨野の喧騒を避けて、山科の門跡寺院、勧修寺へ。

醍醐天皇が母の菩提を弔うため、母の生家・宇治郡の大領宮道弥益の邸宅を寺に改めたと伝えられている、由緒ある寺院。

境内の氷室池に冬に張った氷の暑さで、宮中の吉兆を占ったというほど、皇室・朝廷とも関係は深い。

Imag0157

境内への入り口の、このたたずまいも、門跡寺院らしい由緒を感じさせます。

塀に刻まれた五本線は、門跡寺院の証し。

Imag0158

玄関横のしだれ桜は、強風と雨に耐え、美しく花を咲かせてくれていました。

続いて、山科は小野の里の隨心院。

Imag0159

本来は、梅の名所なのですが、桜も境内のそこここに数本あり、しかも、一本一本がかなり立派な大木なので、見ごたえがあります。

人気ブログランキングへ

続きを読む "春の嵐の京都の桜"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/08

祇園の夜桜

先週末、見ごろの桜を愛でに、ふらっと京都へ。

Imag0135

京阪の祇園四条駅から、祇園花見小路をぶらつきながら、

祇園新橋へ。

Imag0152

祇園新場のシンボルでもある、三叉路に立つ辰巳神社の境内の桜は、夜に見ると、怪しげな妖艶さすら感じますね。

Imag0153

お昼まに見ると、このあたりは、こんな感じです。

Imag0155

この翌日には、あんな春の嵐になろうとは、思いもよらなかった・・・

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/07

ガイシホールのチケット、受け取り!!

ついに、

SKE48の春のコンサート@ガイシホール 2013のチケットが、到着!!

不在で、ようやく受け取れましたぁhappy02

Imag0182

Imag0183

秦さんをのぞく、9名の卒業生の手形の組合せが、今回のコンサートのシンボルイメージのようだ。

チケットは、もちろん、玲奈ちゃんの絵柄のものを選択!

Imag0184

あかん、

いまから、めっちゃ高まってきた!!!

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/03

ポポ、2発!!で逆転。 3月のノルマ5勝、なんとか達成

先日のアウェイ、松本山雅対ヴィッセル神戸戦は、 苦しみながらも、ポポのミドル2発という飛び道具で、勝利!!

3月の6試合は、松本以外は、アウェイも徳島、京都という絶好のスケジュールで、サポ仲間の間で、5勝はノルマ(個人的には、5勝1分け=京都相手)と考えていたが、なんとか到達。

内容的に、満足いくものばかりか、というと、けっしてそうではないが、昇格のためには、内容が悪いながらも、個の力で勝利を手にするという試合が必要なことも、たしか。

特に、京都戦の敗戦以降、ザスパクサツ群馬戦、今回の松本山雅戦と、前半早い時間帯に先制を許しながらも、その直後に、個の力(田代の圧倒的高さ、ポポのパンチ力)で同点に追いつくというのは、本当に大きかった。

ここを、ずるずる行っていたら、下手したら連敗、うまく転んでも必死に追いついての同点どまりということも考えられたかもしれない。

この個の力の差で、劣勢を跳ね返し、勝利につなげる余力のあるうちに、その個の力の有機的な活かし方(おとりとしての使い方も含む)を、さらに熟成していってほしい。

例えば、ポポのミドルに関しては、むやみに打たせるのではなく、前半からポポがミドル打つぞ打つぞと、蒔き餌としておとりに使って、そこへの寄せをから回りさせておいて、勝負どころでいかにしてフリーにしてあげるか、プレーのデザインを、徹底してほしい。

しかし、ポポに関しては、

FC岐阜戦の、幻のゴールのミドルキャノン砲(今年から、ロングシュートの際に、オフサイドポジションに残っていた味方選手のアクションが厳しく取られるという運用改正は理解するが)があっただけに、

前回のザスパクサツ群馬戦のミドルといい、

今回のミドルと言い、よかった、よかった、取り返したという感じ。

「また、ポポ」という、撮影されていた山雅サポの声が、 相手側の本音でしょうね。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/01

朗報】松井玲奈、日本クレジット協会の啓発キャラクターにソロ起用!

クレジットカード啓発広報キャンペーン

今日から、東阪名札博の全国5地区で、駅貼り等で展開されているらしい!

Poster01

「クレジットカードから始まる、未来。 なんだか素敵だね。」 って、

ちょっと、ひどいコピーだなぁ・・・coldsweats01

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »