« 祇園の夜桜 | トップページ | 京都 シャンパンバーめぐり »

2013/04/10

春の嵐の京都の桜

爆弾低気圧の影響で、台風並みの風と雨になるという予報があったが、春だし、まさそんなことはないだろうとたかをくくっていた翌日。

しかし、朝から、ほんとに強い雨風。

まさに、春の嵐。

そんな中、東山や嵯峨野の喧騒を避けて、山科の門跡寺院、勧修寺へ。

醍醐天皇が母の菩提を弔うため、母の生家・宇治郡の大領宮道弥益の邸宅を寺に改めたと伝えられている、由緒ある寺院。

境内の氷室池に冬に張った氷の暑さで、宮中の吉兆を占ったというほど、皇室・朝廷とも関係は深い。

Imag0157

境内への入り口の、このたたずまいも、門跡寺院らしい由緒を感じさせます。

塀に刻まれた五本線は、門跡寺院の証し。

Imag0158

玄関横のしだれ桜は、強風と雨に耐え、美しく花を咲かせてくれていました。

続いて、山科は小野の里の隨心院。

Imag0159

本来は、梅の名所なのですが、桜も境内のそこここに数本あり、しかも、一本一本がかなり立派な大木なので、見ごたえがあります。

人気ブログランキングへ

Img_01

数年前の春にも訪れたが、その際は、こんな青空のもと、美しい桜が参道をいろどっているにもかかわらず、あまり人もおらず、ゆっくりと愛でることができました。

有名な寺院だとは思うのですが、桜の季節は、みんな醍醐に一直線なのか、意外な穴場とも言えるかな。

それだけに、やはり今回の雨風は残念でした。

さて、トリは当然醍醐寺。

Imag0160_2

秀吉の花見でも有名な、京都を代表する桜の名所ですね。

ただ、今年は満開時期が早く、やや盛りの過ぎていたところに、この春の嵐で、一気に散ってしまったもようでした。

Imag0165

かろうじて残っていた桜と、創建当初の唯一の遺構である名建築、国宝・五重塔。

Imag0163

霊宝館の敷地内にも、2本、満開の桜の花が、風雨に耐えて残っていました。

しかし、今回の春の嵐はタイミング悪すぎてしょう・・・

人気ブログランキングへ

|

« 祇園の夜桜 | トップページ | 京都 シャンパンバーめぐり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44021/57090636

この記事へのトラックバック一覧です: 春の嵐の京都の桜:

« 祇園の夜桜 | トップページ | 京都 シャンパンバーめぐり »