« 毎月 「#07日は松井玲奈の日」! 玲奈ちゃん、画像祭り! | トップページ | 来週発売! 純正SKE48のラストシングル、「未来とは?」で、過去最高売り上げを目指そう! »

2014/03/10

ホーム開幕は、悔しいドロー

待ちに待ったわがヴィッセル神戸のホーム開幕戦は、

柏レイソルとの一戦。

J2から復帰し、J1チャンピオンになった柏には、

ここ近年は、圧倒的な実力差、チーム力の違いを見せつけられていた。

Bilkrjcaaaulxn

しかし、

第1節のアウェーの川崎戦、昨年3位で、メンバーも上乗せこそあれ、

大幅な変動なく、監督も継続で、熟成の度合いを深めていたであろう相手に

悪コンディションの中でも、果敢に撃ちあって、引き分けに持ち込んだだけに

不安以上に、かなりやれるのではないかと期待がいっぱい。

特に、柏は大黒柱レアンドロ・ドミンゲス選手が、昨年後半から、あまりコンディションが

良くないのか、J1優勝時の圧倒的な存在感は感じられなくなっているし、

強烈な飛び道具を持つジョルジ・ワグネル選手もいない。

Imag3859

Imag3861

前半は、明らかにヴィッセルペースだったと思う。

前節、川崎戦で、圧倒的に押し込まれて、ピンチが頻出した左サイドの前に、

ペドロ ジュニオール選手にかわって、小川慶治朗選手を配することによって、

柏の右サイド前目のレアンドロ・ ドミンゲス選手に集まるボールを

運動量豊富な小川選手と茂木選手が挟み込み、プレッシャーをかけ、

ボランチのチョン ウヨン選手がボールを奪取するという仕掛けがうまくいき、

さらに、シンプリシオ選手、森岡選手、PJ選手、マルキーニョス選手が絡んで、

意図した攻撃を仕掛けられていたように思う。

しかし、柏GKの菅野選手の安定したゴールキーピングに、すばらしい

反応のセービングで、ゴールネットを揺らせず、

前半ロスタイムに、不可解な判定からのFKからゴールを許すという

悔しい展開。

だが、

前節同様、ここから跳ね返してくれる可能性を十分に感じた

前半だった。

ハーフタイムには、ヴィッセル神戸を支えてくれている兵庫県各地の

地方自治体から、ゆるキャラ総出演といった感じ。

Imag3868

Imag3869

今年の大河ドラマの「黒田官兵衛」にちなんだ、かんべえくんも登場!

各自治体のみなさん、今後ともよろしくお願いいたします!

人気ブログランキングへ

後半は、柏が、ダブルボランチの一角、ハン グギョン選手を下げ、栗澤選手を投入。

韓国代表として、ギリシャを往復したとのことで、そりゃ90分フル稼働は無理でしょう。

さて、

後半頭は、やや柏に流れかけた勢いも、徐々に神戸が奪い返す。

そして、

後半17分、PJの同点ゴール!!

この流れは、なかなかすばらしかった。

森岡選手やチョン ウヨン選手が、攻撃的な縦パスを繰り返し入れ、

柏が跳ね返したセカンドボールも神戸が確保する。

その流れの中から、下のような局面が。

1

特に鍵になったのが、柏のボランチ大谷選手が、前半から、ずっと森岡選手を

見ていたこと。

前線から、森岡選手がくさびの縦パスを受けに下がると、ほぼマンマーク的についていく。

大谷選手は、柏の心臓と言ってよいくらいの選手だが、その大谷選手が、森岡選手に

ついていくために、中盤のまん中にいなくなるシーンがここでも生まれていた。

しかも、チョン ウヨン選手と岩波選手のパス交換が、微妙なパススピードで、

そこに柏の工藤選手とレアンドロ選手が食いつくが、落ち着いて岩波選手が

左の増川選手にワンタッチで展開する。

工藤選手とレアンドロ選手は、これでボールサイドにプレッシャーに行けず、

取り残されることに。

また、ヴィッセルの左サイドで茂木選手が高い位置を取っていたこともあって、

それを気にしたレアンドロ・ドミンゲス選手がサイドのプレーに関与できない中途半端な

位置にいて、柏の中盤には栗澤選手のみが取り残される。

ノープレッシャーの増川選手が、余裕を持って、栗澤選手を背負った小川選手に

グラウンダーの縦パス。

そのタイミングで、小川選手が絶妙なポストプレーで、シンプリシオ選手に落とす。

柏の最終ラインの4人に対してヴィッセルFW2人だが、強力な選手だけに、柏DFは

気にして、攻撃的な守備が出来ない状況。

森岡選手のマークを離して、中央によせてきた大谷選手も、やはり気になるのか、

森岡選手に目をやったため、前を向いたシンプリシオ選手に厳しく寄せることができない。

2

すると、ポストプレーをした小川選手が、ターンをして、栗澤選手を置き去りにして、

バイタルエリアへフリーランニング。

また、PJ選手も、バイタルエリア右からDFライン裏にダイアゴナルラン。

柏左SBの橋本選手は、近藤選手にPJ選手のマークの受け渡しを指示したつもりだが、

近藤選手は、走り込んでくる小川選手を意識したため、フリーズし、裏へ走り込んだ

PJ選手はノーケアとなった。

あとは、

大谷選手が詰め切れず、栗澤選手は小川選手についていったため、プレッシャーの

ない余裕の状態から、シンプリシオ選手が、みごとなスルーパス。

DFライン裏に抜けたPJ選手が、パスを受け、柏GK菅野選手との一対一に勝って、

完全にかわしきってから、ゴールへ流し込んだ。

zeniyavkobeさん、いつも動画ありがとうございます!

小川選手のポストプレーでやや暴れたボールを、ワンタッチで前を向いたシンプリシオ選手の

テクニックが光りますね。

あと、この局面では、森岡選手と茂木選手が、相手の中盤守備陣の意識を外に向かせて

いたことで、まん中に栗澤選手しかおらず、シンプリシオ選手に時間的余裕とスペースが

うまれたことが、決定的なスルーパスにつながったと思います。

その後も、追いついた神戸の方が勢いを感じる流れで、さらに松村選手の投入で

これは完全に逆転でしょ、というところで、あり得ない(でしょ!という)判定で、

シンプリシオ選手が一発退場・・・orz

数的不利の状況で、柏に押し込まれた中、なんとか引き分けに逃げ切りました。

内容的にはよかったと思えただけに、悔しい引き分け。

3月8日(土) 2014 J1リーグ戦 第2節
神戸 1 - 1 柏 (15:05/ノエスタ/13,143人)

得点者:
45'+1 橋本和(柏)、

62' ペドロジュニオール(神戸)

人気ブログランキングへ

|

« 毎月 「#07日は松井玲奈の日」! 玲奈ちゃん、画像祭り! | トップページ | 来週発売! 純正SKE48のラストシングル、「未来とは?」で、過去最高売り上げを目指そう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44021/59125442

この記事へのトラックバック一覧です: ホーム開幕は、悔しいドロー:

« 毎月 「#07日は松井玲奈の日」! 玲奈ちゃん、画像祭り! | トップページ | 来週発売! 純正SKE48のラストシングル、「未来とは?」で、過去最高売り上げを目指そう! »