« ラグビーワールドカップ さすがのベスト8同士の熱戦!(その1) | トップページ | ジャパンラグビートップリーグで、世界のラグビーを見よう! »

2015/10/19

ラグビーワールドカップ さすがのベスト8同士の熱戦!(その2)

いやあ、準々決勝の2日目も、すごかったぜ!

 

今大会、北半球では最強力といわれ、フランスを退けグループリーグ1位で突破したアイルランド代表対アルゼンチン代表。

しかし、グループリーグ最終戦で、キャプテンでロックのオコンネル選手を怪我で欠き、さらに北半球No.1SOの司令塔ジョナサン・セクストン選手も怪我で欠場と、万全ではない。

しかも、過去のワールドカップでも、1999年大会のプレーオフ(その結果、アイルランドは初の8強落ち)、2007年のグループリーグ(アルゼンチンに敗れたアイルランドは2度目の8強落ち)など、相性の悪い相手。

今大会も、その悪いジンクスが当たってしまった。

アルゼンチンのCTBファン・マルティン・エルナンデス選手が縦横無尽のゲームメークと、キックで、完勝。2大会ぶりのベスト4へ進出した。

 

つづいて、準々決勝最終戦は、開催国イングランドをグループリーグ敗退に追いやったオーストラリア代表と、日本代表に唯一の土をつけたスコットランド代表の一戦。

これは、戦前の予想と異なり、スコットランド代表が大健闘の大熱戦。

前半スコットランドが1点差でリードして折り返すと、オーストラリアが逆転するも、34分にまさかのインターセプトからスコットランドが逆転のトライ。

スコットランドが1991年大会以来のベスト4を引き寄せたかと思われたが、微妙な判定でのPGで、オーストラリアが35-34と再逆転!

 

なんと、これで、ベスト4を、南半球が独占するという結果になりました。

 

 

  

 

人気ブログランキングへ

|

« ラグビーワールドカップ さすがのベスト8同士の熱戦!(その1) | トップページ | ジャパンラグビートップリーグで、世界のラグビーを見よう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44021/62528506

この記事へのトラックバック一覧です: ラグビーワールドカップ さすがのベスト8同士の熱戦!(その2):

« ラグビーワールドカップ さすがのベスト8同士の熱戦!(その1) | トップページ | ジャパンラグビートップリーグで、世界のラグビーを見よう! »