2011/07/24

7月24日のつぶやき なでしこジャパン凱旋

神戸市営地下鉄、めっちゃ混んでる( ̄▽ ̄)

ヴィッセル戦より客多くね? 女子サッカーでゴール裏はもちろん、バクスタまで開放される日がくるとは。感涙(ToT)

甲斐選手と田中明日菜選手がINACのセンターバックなんねぇ(・∀・)

千葉レディースは、いったん引いたFWがDF裏に走り込んだところにロブで合わせることを徹底しているな。

カリナ交代出場キターッo(><)o

INAC対JEF千葉戦、衝撃の17812人!

Mr.なでしこは澤選手だが、 Mr.INACは米津選手である。

丸山選手がボール持つと、3人4人で行く手を阻む。さすがにこれでは切れ込めないな。

川澄選手のお父さんと写真撮ってもらっている方がいる(^-^;

石井和裕
rokkobitoがリツイート

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/19

7月19日のつぶやき 余韻にひたる日

昨日の女子サッカーワールドカップ決勝、フジテレビでの中継の視聴率は、午前5時以降は、20%超えていたらしい!午前3時台の前半でも、10%超えとか!    

永里優季(Yuki Nagasato)
rokkobitoがリツイート

ムトウさん
rokkobitoがリツイート

ただ、さすがにあれはしんどかった。最後のヴィッセル戦では集中力なかった  去年8月の神戸ユニバーでのJ1・なでしこ・Fリーグ集中開催、あれはよかった。(略)意識的に試合時間をずらすことで、普段なでしこやチャレンジ見る機会ない人に見てもらえるわけだし。

吉岡綾乃
rokkobitoがリツイート

冷静で空気に流されないオレカッコイイな人達が、「今まで注目してこなかった癖に」とか言っているが、悪いがこちらはホンマに客が数えられる時代のLリーグ、真夏の真昼のアウェー戦まで行っとるんや(`Δ´) わかったような口叩くな!

東スポ芸能
rokkobitoがリツイート

蹴球日報
rokkobitoがリツイート

スポーツナビ サッカー編集部
rokkobitoがリツイート

けいのすけ(あすあすの父)
rokkobitoがリツイート

TASAKIサポだった方、INACと言うチームにも、そこに「にっくき」澤、大野らがいるってことにも、じくちたる思いがあるかもしれませんが、今週末はホムスタに!

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/17

女子サッカーワールドカップ決勝戦に向けてのつぶやき(7/15~7/17)

「後半の平均視聴率10・2% 女子W杯、スウェーデン戦」   NHKBS1と合わせると、15.5%だって! アテネ五輪予選北朝鮮戦の時がゴールデンタイムで13%やったかなぁ。 

鮫島選手の「時代劇の町娘」みたいな(^^;)走りが話題になっているようだが、女子サッカーではあの系統の走り方する選手は意外と多いです。田崎真珠⇒INACで右サイドやっている甲斐選手なんかもあんな感じだな。 

なでしこジャパン
rokkobitoがリツイート

ここまで来たら、ハワイさんや大竹さん、野田さんだけではなく、本田、木岡、高倉、小野寺、酒井(五味)、宮本(三井)、大谷、磯崎(池田)らOGに、柳田選手、荒川選手、小林弥生選手、さらに仲田選手らまで総動員どうすか、NHKBSよ!

カナタ1号
rokkobitoがリツイート

アシシ
rokkobitoがリツイート

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/01

サッカーの写真を、いくつかアップします

Dsc02249 

Dsc02258

Dsc01947

Dsc02032

Dsc00920

新シーズンに向けてのキャンプに入ったヴィッセル神戸ですが、新加入の宮本ツネ様が新キャプテンになったそうです。

続きを読む "サッカーの写真を、いくつかアップします"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/27

神戸のサッカーについて、考えてみた

■昨シーズンのヴィッセル神戸
 サポーターとしても、一定の手応えのあったシーズン

<“浮き”沈みのあったシーズン>
昨シーズンのヴィッセル神戸をふりかえると、リーグ開幕時は、4試合2勝2分けとチーム史上屈指の好スタートでした。
途中、2度、6試合続けて勝ちきれない苦しい時期もありましたが、1-0での粘り強い3連勝や、シーズン終盤でのチーム史上初の5連勝を達成。
基本的には、シーズン最初から下位に沈みっぱなしのシーズンの多かったヴィッセル神戸としては、浮き沈みという表現が出来るような、“浮く”という時期を経験できた、初めてのシーズンだったと言っても良いのではなかったでしょうか。
しかし、やはり最後の最後で再び勝ち切れずに、目標だった5位以内に達せず、前シーズンと同じ勝ち点47、10位となってしまいました。
初の勝ち越しではあったが、11もの引き分け試合のうち、いくつかでも勝ちきっていればと、少し残念でもありました。

<一年を通して考えられたシーズン>
正直、ヴィッセルと言うチームは、ずっとカタチがありませんでした。
チームとしてのカタチができていない間に、負けが込んできて、降格のピンチになって、急遽その対応にバタバタと追われて、シーズン途中からツギハギの補強や対策に追われると言うことの繰り返しで、チームとしての成長、成熟をシーズン中に考えることなどできませんでした。
しかし、昨シーズンは、“浮く”という時期、つまり、チームとしてこのプレーをしておけば、良い試合ができる、負けない、勝てる、という自信を持つ時期がたしかにありました。
その結果、一シーズンを通じて、チームの構成やプレーの精度、個々の選手の成長などを考えるということができた一年だったと言えるでしょう。
チームとして、クラブとして、本当に良い経験だったと思います。

続きを読む "神戸のサッカーについて、考えてみた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/16

Jリーグ開幕に続いて、さあ、女子サッカーもスケジュールが発表です!

女子サッカーのなでしこリーグ(旧Lリーグ)の日程が発表されました。
北京オリンピックのために、7月後半から8月一杯にウインドウマンスがありますね。

在神戸の2チーム、TASAKIペルーレFCINACレオネッサの試合について、まとめてみました。

■第1節:4月13日(日)
TASAKI - 伊賀FC 11:30 兵庫県三木総合防災公園陸上競技場
INAC - 湯郷ベル 14:00 兵庫県三木総合防災公園陸上競技場

■第2節:4月19日(土)
INAC - マリーゼ 13:00 兵庫・神戸総合運動公園競技場
■第2節:4月20日(日)
新潟L - TASAKI 12:00 新潟・東北電力ビッグスワンスタジアム

■第3節:4月26日(土)
ベレーザ - INAC 13:00 東京・駒沢オリンピック公園陸上競技場
TASAKI - 浦和 13:00 兵庫・アスパ五色(五色台運動公園)

■第4節:4月29日(火・祝)
INAC - TASAKI 13:00 兵庫・神戸総合運動公園競技場

■第5節:5月3日(土・祝)
TASAKI - 湯郷ベル 13:00 兵庫・神戸総合運動公園競技場
■第5節:5月4日(日)
浦和 - INAC 13:00 埼玉・駒場スタジアム

■第6節:5月11日(日)
伊賀FC - INAC 13:00 三重・上野運動公園競技場
マリーゼ - TASAKI 13:00 福島・J‐ヴィレッジスタジアム

■第7節:6月15日(日)
TASAKI - ベレーザ 11:30 兵庫・ホームズスタジアム神戸
INAC - 新潟L 14:00 兵庫・ホームズスタジアム神戸

続きを読む "Jリーグ開幕に続いて、さあ、女子サッカーもスケジュールが発表です!"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/03/14

ヴィッセル神戸、開幕戦は引き分け、さらにアジアチャンプとなった女子フットサル選手と驚く出会い

前回、エントリーしたヴィッセル神戸の開幕戦(アウェイでのFC東京戦)のパブリックビューイング

心身の調子がなんとか戻ったので、せっかくなので、パンダくんと共に出向いてみました。
Dsc09744 Dsc09755Dsc09751
けっこう大勢の人が来てますよ~ンダ。

Dsc09776 Dsc09777
先発は以上のとおり。昨日の私の予想とは、左サイドバックが鈴木規ではなく内山。2TOPの一角が吉田ではなく松橋でした。

Dsc09756
大久保が怪我のため、金男一は“念願の”キャプテンマークをつけ、選手入場も先頭。前半15分当たりまでの攻勢を中盤で支えると共に、FC東京がペースをつかんだ前半20分以降も、中盤からDFラインへのカバーまで、さすがの存在感を見せてくれました。

Dsc09765
ペースを失ってしまった前半の終盤に、セットプレーからまたまた今野に点を取られてしまった。
そこで、ペースを取り戻すために、ボッティ(朴カンジョから)と須藤(松橋)を投入。
前半の立ち上がりこそ、修正が完璧ではなく、大ピンチを2度むかえるが、ボッティ、金、栗原のバランスが取れ始めてからは、中盤を制圧し、アタッキングサードのサイドへの展開が効き始める。
Dsc09770
古賀の強烈なFKを交替で入った須藤がFC東京のGKの前で擦らし(触れていないかもしれないが、ブラインドにはなった)、GKがファンブルしたところに栗原が飛び込み、押し込む。
ナイスゴール!
その後も、全般的に神戸が押し込みチャンスをつくるが、ロスタイムにFC東京の新戦力カボレがカウンターから神戸ゴールに迫る。だが、逆サイドからカバーに入った内山がタックルでなんとか掻き出した。そして、逆に神戸が一気にロングパスでレアンドロにボールをつなぎ、FC東京DF(多分茂庭)をかわして、GKと一対一。しかし、狙いすましたシュートは右ポストを叩く。その跳ね返りを後半途中投入の神戸の新戦力、吉田が低くおさえた鋭いシュートを蹴り込むがGK正面。ファンブルしたところを須藤が詰めるが、辛うじてGKがボールを押さえる。

続きを読む "ヴィッセル神戸、開幕戦は引き分け、さらにアジアチャンプとなった女子フットサル選手と驚く出会い"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/17

ぐわん、またレギュラーが…ストライカーが足りません!TASAKIペルーレ

Jリーグに加えて、女子サッカーLリーグ(なでしこリーグ)も、そろそろ、今シーズンに向けての体制が発表になり始める時期。

んが、いきなり、またショックsadなニュース。

TASAKIペルーレ公式
<TASAKIのFW鈴木智子選手が、INACレオネッサへ移籍>

鈴木選手は、TASAKIペルーレで、昨シーズンは、エースストライカー大谷選手と並んで、シーズン10得点と、得点源の役割を果たした。
昨年のオールスターの先制点とか、一昨年のなでしこスーパーカップの決勝点、昨年の全女決勝の2ゴールなど、ここ一発の試合での勝負強さがあっただけに、トモを欠くということになると、今シーズンのTASAKIの得点力が心配です(昨年もでしたが…)。

もちろん、FW/MF兼任で得点力もある阪口選手(代表)がいますし、大石選手も責任感を強く感じて成長してくれると思います。
しかし、ストライカータイプじゃないんだよな。

また、今シーズン加入する新人の佐伯彩選手も、U-19女子代表候補のFWで、「高校生離れした技術もさることながら、体の強さも十分」とのことだが、さすがに高卒ルーキーに過剰な期待はできないですし。

<本エントリーのTB先>
ショックを受けているペルーレサポ仲間にTBをお送りいたします。

女サカメモ(仮)さんは、加入/退団/移籍情報をまとめて下さっています。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/01/22

女子サッカー日本代表候補発表

さて、そんな女子サッカー。
Forza!TASAKIペルーレFCさんもエントリーされておいでのように、女子サッカー日本代表候補合宿のメンバーが発表されました。

今回は、来月に開催される東アジア選手権のメンバー選出のための候補メンバー及び合宿ということになっていますが、実質は既に佐々木新監督のもとでの北京五輪代表のレギュラーメンバー争いだろう(っつうか、大橋前監督のコーチだったんで、もう決まっているような気もしないではないが…)。

しかし、この青緑なメンバーは、少しなんとかならんもんかなぁ。
結局、昨シーズンも新設のリーグカップ含め3冠(スーパーカップ入れると4冠なのか)取った日テレベレーザのチーム力、個人の力は認めるけど、やっぱ悔しいぞ。
TASAKIはもちろん、3強である浦和、さらにINACや湯郷も、それぞれ個の力の強化に、チームとしてのさらなる強化で今シーズン序盤がんばってアピールして、北京のメンバーは、もう少し青緑色を薄めて欲しいものだぞい。

あと、これは別の意味で心配なのは、実は中核メンバーは、アテネの時とあんまり変わっていないのじゃないの?まんま4年分高齢化していないか?(宮間選手や大野選手も、アテネ前からメンバーに入っていた)ということ。
もちろん、澤選手、加藤(旧姓酒井)選手、池田(旧姓磯崎)選手、宮本選手、下小鶴選手、安藤選手、柳田選手、荒川選手、山郷選手ら、個々の選手たちは、苦しい時代を耐えてアテネの出場権を取り、本大会も戦い、その後、少しずつ改善されてきた環境のもとで、さらに経験値を重ねてきたメンバーなんだけど、次の世代=ロンドン五輪が、ちょっと心配でもある。

そういう意味では、TASAKIの阪口選手、アメリカ大学サッカー年間最優秀選手を獲得したフロリダ州立大学の山口選手なんかが、北京でのレギュラー取るくらいの活躍をこの東アジア選手権で期待したい。

<本エントリーのTB先>
ベレーザサポで長いこと女子サッカーをご覧になっておいでの女子サカサポ大先輩のRoyal Milk Tea blogさんにTBお送りします。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

俺たちのキャプテン“磯さん”が結婚式、そして“池田さん”に

女子サッカーなでしこリーグのTASAKIペルーレ
昨シーズンは、ホームゲームですら、試合会場から少し足が遠のいてしまい、自称サポーターとしては、ちょっと失格だった。

さて、北京五輪の出場権を獲得した、なでしこジャパンこと女子サッカー日本代表でキャプテンであるのが、TASAKIの精神的支柱でもある、DF磯崎浩美選手。
Dsc00035 Dsc00070

そんな“礒さん”こと磯崎選手は、昨年ご結婚=入籍をされました。
アテネ五輪時代から奥様選手だった宮本選手(今は、ママさん選手)に加え、磯さん。そして日テレベレーザの酒井選手と、ようやく日本女子サッカー界も結婚してもプレーを続けられる環境が整い始めてきたとのことか。

で、その磯さんが、先日、人前結婚式を、ウイングスタジアム神戸(どうしても、ホームズスタジアムとは書きにくい)で行なったとのことです。

TASAKI公式サイト

お、ヴィッセル神戸のマスコットキャラ、モーヴィくんもお祝いに駆けつけていますよ。

さて、礒さんは、今シーズンから、登録名を池田浩美選手と変更されるとのこと。

ううむ、でも、コールとか声援で、やっぱり「イ・ソ・ザ・キッ!」「礒さん、ナイス~ッ!」とか、つい言ってしまいそうだなぁ…。

<本エントリーのTB先>
TASAKIサポ仲間に、TBを送ります。

banner
↑もし、このBlogを気に入っていただけたら
 クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧